宇治拾遺物語 11-7 清水寺御帳(きよみずでらみちやう)賜る女の事

≫音声つき【古典・歴史】無料メールマガジンのご案内

スポンサーリンク

原文

今は昔、便りなかりける女の、清水(きよみず)にあながちに参るありけり。年月積りけれども、露(つゆ)ばかりその験(しるし)と覚えたる事もなく、いとど便りなくなりまさりて、果ては年比(としごろ)ありける所をも、その事となくあくがれて、寄りつく所もなかりけるままに、泣く泣く観音を恨み申して、「いかなる先世(せんぜ)の報ひなりとも、ただ少しの便(たよ)り賜(たまは)り候(さぶら)はん」と、いりもみ申して、御前にうつぶし臥(ふ)したりける夜(よ)の夢に、「御前より」とて、「かくあながちに申せば、いとほしく思(おぼ)し召せど、少しにてもあるべき便(たよ)りのなければ、その事を思し召し嘆(なげ)くなり。これを賜れ」とて、御帳(みちゃう)の帷(かたびら)をいとよく畳みて、前にうち置かると見て、夢覚(さ)めて、御あかしの光に見れば、夢のごとく、御帳(みちゃう)の帷(かたびら)、畳まれて前にあるを見るに、「さは、これより外(ほか)に賜(た)ぶべき物のなきにこそあんなれ」と思ふに、身の程の思ひ知られて、悲しくて申すやう、「これさらに賜(たまは)らじ。少しの便(たよ)りも候(さぶら)はば、錦(にしき)をも御帳には縫ひて参らせんとこそ思ひ候ふに、この御帳ばかりを賜りて、まかり出づべきやうも候はず。返し参らせ候ひなん」と申して、犬防(いぬふせぎ)の内にさし入れて置きぬ。

またまどろみ入りたる夢に、「などさかしくはあるぞ。ただ賜ばん物をば賜らで、かく返し参らする、あやしき事なり」とて、また賜ると見る。さて覚(さ)めたるに、また同じやうに前にあれば、泣く泣く返し参らせつ。かやうにしつつ、三度(みたび)返し奉るに、なほまた返し給(た)びて、果(は)ての度(たび)は、この度(たび)返し奉らんは無礼(むらい)なるべき由(よし)を戒められければ、「かかるとも知らざらん寺僧は、御帳の帷を盗みたるとや疑はんずらん」と思ふも苦しければ、また夜深く、懐(ふところ)に入れてまかり出(い)でにけり。

「これをいかにとすべきならん」と思ひて、引き広げて見て、着るべき衣(きぬ)もなきに、「さは、これを衣にして着ん」と思ふ心つきぬ。これを衣にして着て後(のち)、見と見る、男にもあれ、女にもあれ、あはれにいとほしきものに思はれて、そぞろなる人の手より、物を多く得てけり。大事なる人の愁(うれ)へをも、その衣(きぬ)を着て、知らぬやんごとなき所にも参りて申させければ、必ず成りけり。かやうにしつつ、人の手より物を得、よき男にも思はれて、たのしくてぞありける。

されば、その衣をば納めて、必ず先途(せんど)と思ふ事の折(をり)にぞ取り出でて着ける。必ずかなひけり。
                              

現代語訳

今は昔、生活の基盤を持たない貧乏な女で、ひたすら清水寺へ詣でる者がいた。長い間、詣でているが、まったくその効果を感じた事もなく、返ってますます貧乏になっていった。最後には長年住んでいた所をも、これといって確かな当てもないままに、離れてさすらい、身の寄せどころもなくなってしまったので、泣く泣く観音を恨み、「どんな、前世の報いでこうなったにしても、ただ少しのお恵みでもお与えください」と、食いすがるように嘆願して、観音の御前にうつ伏せになって寝た。その夜の夢に「御前より」と言って、「そのように熱心に嘆願するので、気の毒にお思いだが、少しもお前に恵み与える物がないので、その事を嘆かわしくお思いなのだ。これを授けよう」と言って、御帳の布地を丁寧に畳んで、前に置かれるのを見て、夢から覚めた。お灯明のひかりで見ると、夢で見たように、御帳の布地が畳まれて前に置いてある。それを見て、「さては、これ以外に与える物がないのであろうか」と思うが、わが身の不幸せのほどが思い知らされて悲しくなった。それから、「これは絶対にいただきません。わずかのお恵みでもございましたら、錦で御帳を縫ってさしあげようと思っておりましたが、この御帳ばかりをいただいて帰るわけにもまいりません。お返しいたします」と申し上げて、犬防ぎの中にさし入れて置いた。

またうとうとと眠り込んだ夢に、「どうしてこざかしい真似をするのか。ただ授けようとする物をいただかないで、こうして返そうとする。けしからん事だ」と言って、また下さると見た。さて、目が覚めた後で、また同じように前にあるので、泣く泣くお返し申し上げた。こうしながら、三度お返ししたが、さらにまた返され、最後には、「今度もお返し申し上げるのは無礼な事あるぞ」と戒められたので、「こういう事情も知らない寺僧が、御帳の布地を盗んだのかもしれないと疑うのではなかろうか」とも思ったが心苦しく、まだ夜の深いうちに懐に入れて立ち去った。

「これをどうしたらいいのだろう」と思って、広げて見て、着る物もなかったので、「では、これを着物にして着よう」と思いついた。さて、これを着物にして着てから後は彼女が出会ったすべての人々から、男であれ女であれ、愛らしくいとおしいものに思われて、何のゆかりもない人の手から、たくさんの物をもらったりした。むずかしい他人の訴訟にも、その着物を着て、面識のない高貴な人の所に同道して申し上げさせると、必ず解決につながった。こんなふうにして、人の手から物をもらい、よき夫にも思われ、裕福な生活を営んだ。

それで、その着物をしまっておいて、必ずここ一番という大事な場面で取り出して着るのだった。すると、必ず願いがかなうのであった。
             

語句  

■便り-生活のよりどころ。生活の基盤。■清水-清水寺。京都市東山区にあり、観音の霊場として信仰を集める。■あながちに-ひたすらに。ただ一途に。■つゆばかり-少しも。■いとど便りなくなりまさりて-かえってますます貧しい暮し向きになっていって。■年比ありける-長年住んでいた。■その事となくあくがれて-これという確かな当てもないままに、離れてさすらい。■寄りつく所もなかりけるままに-身の寄せどころもなくなてしまったので。■便(たよ)り賜(たまは)り候(さぶら)はん-後利益をいただかせてください。■いりもみ申して-食い下がるように嘆願して。■御帳(みちゃう)-仏前に垂らす絹の帳(とばり)。「帷」は几帳(きちょう)や帳などに用いてたらす絹。夏は生絹(すずし)、冬は練絹(ねりぎぬ)を用いるという。■あながちに申せば-熱心にお願いするので。■いとほしと-かわいそうに。■御あかしの光-お灯明の光。■身の程の思ひ知られて-わが身の不幸せのほどが思い知らされて。■さらに賜らじ-絶対にいただきません。■犬防(いぬふせぎ)-犬よけ。仏堂内の内陣と外陣とを仕切る境目、すなわち仏壇の前に立てる低い格子の衝立(ついたて)。

■さかしくはあるぞ-こざかしい真似をするのか。■あやしき事なり-とんでもない事だ。■果ての度は-最後の時には、すなわち四度目には。■無礼なるべき由-礼儀にはずれたふるまいであろう旨。■盗みたるとや-『今昔』巻一六-三〇話では「放チ取リタリトヤ(外し取ったか)」とする。

■さは、これを衣にして着ん-着物がないのだから、そうだ、着物に仕立てよう。生地は絹であり、恥かしくない立派な着物が生まれることになる。■見と見る-(その着物を着てから)彼女が出会うすべての人。■そぞろなる人-何のゆかりもない人。「そぞろ」は「すずろ」に同じ。これという原因や理由もない状態。『今昔』は「諸(かたへ)ノ人」。■大事なる人の愁へ-なかなか解決の難しい他人の訴訟事件。■知らぬやんごとなき所にも参りて-面識のない高貴なお方の所に参上して。■成りけり-成就した。通った。■たのしくてぞありける-裕福な生活を営んだ。

■先途(せんど)と思ふ事の折(をり)に-ここ一番という大事な場面で。今だという大事な瀬戸際に。■

備考・補足

■貧女が観音に詣(もう)で、その霊験によって幸運を得るという話が多いのは、生活困窮者が多く、特に女性のような社会的弱者は、神仏にすがるよりほかに何の手立てもなかったらしい時代の実情を反映していよう。観音からの賜り物として夢で告げられながら、それをあえて二度三度と突き返すほどに強い祈願心に支えられて立つ一徹な貧女であったが、また夢告によってたしなめられると、それに従う率直さも持ち合わせていた。御帳の帷で作った着物の功徳を彼女は決して彼女は一人占めにはしなかった。かくて、彼女の幸運は万人の祝福を受けることになる。

朗読・解説:左大臣光永