宇治拾遺物語 12-22 陽成院(やうぜいゐん)ばけ物の事

≫音声つき【古典・歴史】無料メールマガジンのご案内

スポンサーリンク

原文

今は昔、陽成院(やうぜいゐん)おりゐさせ給ひての御所は、大宮よりは北、西洞院(にしのとうゐん)よりは西、油の小路よりは東にてなんありける。

そこは物すむ所にてなんありける。大(おほ)きなる池のありける釣殿(つりどの)に番の者寝たりければ、夜中ばかりに、細々とある手にて、この男が顔をそとそとなでけり。けむつかしと思ひて、太刀(たち)を抜きて、片手にてつかみたりければ、浅黄(あさぎ)の上下(かみしも)着たる翁(おきな)の、殊(こと)の外(ほか)に物わびしげなるがいふやう、「我はこれ、昔住みし主(ぬし)なり。浦嶋が子の弟なり。古(いにしへ)よりこの所に住みて千二百余年なるなり。願はくは許し給へ。ここに社(やしろ)を作りて斎(いは)ひ給へ。さらばいかにもまぼり奉らん」と言ひけるを、「我が心一つにてはかなはじ。この由(よし)を院へ申してこそは」と言ひければ、「憎(にく)き男の言事(いひごと)かな」とて、三度(たび)上(かみ)ざまへ蹴上(けあ)げ蹴上(けあ)げして、なへなへくたくたとなして、落つる所を口をあきて食ひたりけり。

なべての人ほどなる男と見る程に、おびたたしく大きになりて、この男をただ一口にて食ひてけり。

現代語訳

今は昔、陽成院がご譲位になられてからの御所は、大宮よりは北、西洞院(にしのとうゐん)よりは西、油の小路よりは東にあった。

そこは物の怪の住む所であった。大きな池があった釣殿に宿直の者が寝ていると、夜中に、細々と骨ばった手が、この男の顔をそっとそっと撫でた。薄気味悪く思い、太刀を抜いて、片手でつかんでみると、浅葱の上下を着た翁が、殊の外みすぼらしそうな様子で言った。「私は、ここに昔住んでいた主である。浦島太郎の弟である。古くからここに住んで千二百余年になるのだ。願わくば聞き届けて下され。ここに社を造って祭って下され。そうすればきっとお守り申し上げましょう」。男が、「私の一存では決めかねます。この事を院に申し上げてみなくては」と言ったので、「憎たらしい言いぐさよ」と、三度、上へ蹴り上げて、へとへとぐったりとさせ、落ちて来る所を口を開けて食ってしまった。

初めは普通の大人程の男と見ている間に、ものすごく大きくなって、この男をただ一口で食ってしまったという。

語句  

■陽成院-第五十七代天皇(868~949)。在位八七六~八八四年。退位後、没年までは六十五年間の長きに及ぶ。■おりゐさせ給ひて-ご譲位になってから。■御所-二条院。その位置を『河海抄』は、「二条以北、大炊御門以南、油小路以東、西洞院以西」とする。■物-物の怪、妖怪、鬼、霊の類。■釣殿-寝殿造りの東または西の廊の南端の泉水に臨んだ位置にある建物。■そとそと-そおっとそおっと。いかにも静かに。■けむつかし-気持ちが悪い、薄気味悪い。■浅黄-薄い藍色。浅葱(あさぎ)色、水色。■上下(かみしも)-上衣と袴とが同生地・同色の直垂(ひたたれ)・狩衣・素襖(すおう)などをいう。■翁(おきな)-書陵本などは「叟」。■物わびしげなる-みずぼらしそうな様子の者。■浦嶋-古くは浦嶋子、後には浦島太郎と呼ばれた伝説上の人物。漁師の子で竜神の治める海中の異郷に往来したとされる。『丹後国風土記逸文』『日本書紀』『浦島子伝』『古事談』などに載る。■願はくは-どうぞ。■斎(いは)ひ給へ-神として祭ってください。■まぼり奉らん-お守り申しましょう。■我が心一つにてはかなはじ-私の一存では決めかねます。■言ひ事-言い分。■なへなへくたくたとなして-すっかり力が抜けてぐったりしたさま。■なべての人-普通の人間の大人ほどの大きさの男。■おびただしく-ものすごく。                                 

備考・補足

■半世紀以上も世間とは没交渉の旧帝の住みかにまつわる不気味な噂話の一つ。『今昔』巻二七-五話に、陽成院の御所の西の対屋(たいのや)の縁側に寝ている人の顔をなでる妖怪が出現し、捕らえてみたら、身の丈三尺ほどの翁で、その御所の池の水の精であった、と見える。

朗読・解説:左大臣光永