宇治拾遺物語 13-3 俊宜(としのぶ)、まどはし神に合ふ事

≫音声つき【古典・歴史】無料メールマガジンのご案内

スポンサーリンク

原文

今は昔、三条院の八幡(やはた)の行幸に、左京属(さきやうのさくわん)にて、邦の俊宜(としのぶ)といふ者の供奉(ぐぶ)したりけるに、長岡に寺戸といふ所の程行きけるに、人どもの、「この辺(へん)には迷神(まよひがみ)あんなる辺(へん)ぞかし」といひつつ渡る程に、「俊宜も、さ聞くは」といひて行く程に、過ぎもやらで、日もやうやうさがれば、今は山崎のわたりには行き着きぬべきに、あやしう同じ長岡の辺を過ぎて、乙訓川(おとくにがは)の面(つら)を過ぐと思へば、また寺戸の岸を上(のぼ)る。寺戸過ぎてまた行きもて行きて、乙訓川の面に来て渡るぞと思へば、また少し桂川(かつらがは)を渡る。

やうやう日も暮方(くれがた)になりぬ。後先(しりさき)見れば、人一人(ひとり)も見えずなりぬ。後先(しりさき)に遥(はる)かにうち続きたる人も見えず。夜の更(ふ)けぬれば、寺戸の西の方(かた)なる板屋の軒におりて、夜を明かして、つとめて思へば、我は左京の官人(くわんにん)なり。九条にてとまるべきに、かうまで来つらん、きはまりてよしなし。それに同じ所を夜一夜めぐり歩(あり)きけるは、九条の程より迷はかし神の憑(つ)きて、率(ゐ)て来るを知らで、かうしてけるなめりと思ひて、明けてなん西京(にしのきやう)の家には帰り来たりける。俊宜が正(まさ)しう語りし事なり。

現代語訳

今は昔、三条院が八幡の石清水八幡宮へ行幸をなされた折のこと、左京職の四等官で邦の俊宜という者が御供をしていた。長岡の寺戸という所を通る時に、人々が「この辺りには人を迷わす神がいるそうですよ」と言いながら通って行った。「俊宜もそのように聞いているわ」と言って、行くうちに、いくら行っても先に進まず、日も次第に傾いていく。今は山崎の辺りまでは行き着いている時刻だが、変な事にまた同じ長岡の辺りを過ぎて、乙訓川のほとりを通ったかと思えば、また寺戸の岸を上って行く。寺戸を過ぎてまたどんどん行って、乙訓川のほとりへ来て、渡るなと思うと、また前に通った桂川を渡る。

次第に日も落ち、暮れ方になった。後方を見ると人一人も見えなくなった。遥か後方に続く人も見えない。夜も更けてきたので、寺戸の西にある板葺きの屋根の家の軒先を借りて夜を明かし、翌朝思うに、「自分は左京職の役人である。昨夜は九条で泊まるべきだったのに、ここまで来てしまったとは、まったくつまらないことをしたものだ。それに同じ所を夜通し歩き続けたのは、九条の辺りから人を迷わす神に取り憑かれ、それを連れてきているのを知らずに、このようにしてしまったのであろう」と思って、明けてから西京の家に帰って来たのであった。俊宜が確かに語った事である。

語句  

■三条院-第六十七代天皇(976~1017)。寛弘八年(1011)~長和五年(1016)まで在位。■八幡の行幸-京都府八幡市に鎮座する石清水八幡宮への行幸。在位中の同宮への行幸は、長和二年(1013)十一月二十八日(『扶桑略記』など)。その翌日十五日には賀茂神社に行幸している。■左京属-左京職の四等官。■邦の俊宜-大系は、『除目大成抄』に「長保二年秋、左京少属従七位上国宿禰利述」と見える人物を同人かとする。『今昔』巻巻二七-四二話では「利延」。■供奉-行幸などの行列に供をすること。また、その人。■寺戸-往年の長岡京、現在の京都府向日市市内。■迷神(まよひがみ)-『今昔』は「迷ハシ神」。■あんなる-いるという。■かし-(終助詞)念押し。~ね。~よ。~だよ。~な。■渡る-通る。■さ聞くは-そう聞いているよ。■過ぎもやらで-通り過ぎもしないで。■やうやうさがれば-しだいに傾くので。■山崎-京都府乙訓郡大山崎町。■わたりには-あたりには。■行き着きぬべきに-行き着くはずであるが。■あやしう-変な事に。■乙訓川-京都市西京区の大枝山を源として、向日市の西を流れ、桂川に合流する。小畑川、沓掛川とも。■面を-ほとりを。■行きもてゆきて-どんどん行って。■少し桂川を-『今昔』は「過ニシ桂川ヲ」。

■やうやう-しだいに。■後先-後方。後方の人。■板屋-板ぶきの屋根の家。■つとめて-翌朝。■西京の官人-西京職の役人。■かうまで来つらん-ここまで来てしまったとは。■きはまりて-まったく。■よしなり-つまらないことだ。■それに-それにしても。■夜一夜-夜どおし。■かうしてけるなめり-このようにしてしまったのであろう。■明けてなん-『今昔』は「其レヨリナム」。夜が明けてから。■西京-京の朱雀大路より西の区域。■まさしう-確かに。

備考・補足

■確かな目標となる物がない地形の山地や平野部で、方向感覚を失い、同じ場所を何度もぐるぐると回ってしまったという遭難者の話をよく聞く。しかし、本話は、その迷いが当事者のものではなく、特定の土地に住む神霊によるものだったとする点に怪異性をのぞかせている。長岡の寺戸のあたりを最初に通過した際には、俊宜は他の供奉人と話をしていた。ところが、夕暮れ方に気がついてみると、いつのまにか一人ぼっちで歩き続けていた、というのだ。特定の土地の神霊の発動による怪異現象として、おそらく複数の証言者が存在していたらしい恐怖体験の伝承。

朗読・解説:左大臣光永