宇治拾遺物語 13-4 亀を買ひて放つ事

≫音声つき【古典・歴史】無料メールマガジンのご案内

スポンサーリンク

原文

昔、天竺(てんじく)の人、宝を買はんために、銭(ぜに)五十貫を子に持たせてやる。大(おほ)きなる川の端(はた)を行くに、舟に乗りたる人あり。舟の方を見やれば、舟より亀、首をさし出(いだ)したり。銭持ちたる人立ち止(どま)りて、この亀をば、「何の料(れう)ぞ」と問へば、「殺して物にせんずる」といふ。「その亀買はん」といへば、この船の人曰(いは)く、いみじき大切の事ありて設(まう)けたる亀なれば、いみじき価(あたひ)なりとも売るまじき由(よし)をいへば、なほあながちに手を摺(す)りて、この五十貫の銭にて亀を買い取りて放ちつ。

心に思ふやう、「親の、宝買ひに隣の国へやりつる銭を、亀にかへてやみぬれば、親、いかに腹立ち給はんずらん」。さりとてまた、親のもとへ行かであるべきにあらねば、親のもとへ帰り行くに、通に人のゐていふやう、「ここに亀売りつる人は、この下(しも)の渡(わたり)にて舟うち返して死ぬ」と語るを聞きて、親の家に帰り行(ゆ)きて、銭(ぜに)は亀にかへつる由(よし)語らんと思ふ程に、親のいふやう、「何とてこの銭をば返しおこせたるぞ」と問へば、子のいふ、「さる事なし。その銭にては、しかじか亀にかへてゆるしければ、その由を申さんとて参りつるなり」といへば、親のいふやう、「黒き衣(ころも)着たる人、同じやうなるが五人、おのおの十貫づつ持ちて来たりつる。これ、そなる」とて見せければ、この銭おまだ濡れながらあり。

はや、買ひて放しつる亀の、その銭川に落ち入るを見て、取り持ちて、親のもとに子の帰らぬさきにやりけるなり。

現代語訳

昔、天竺の人が、宝を買うために、銭五十貫を子に持たせてやった。その子が大きな川のほとりに行くと、舟に乗った人がいる。船の方を見ると、舟から亀が首を差し出している。銭を持った子が立ち止まって、この亀を、「どうするのか」と尋ねると、「殺してある事に使う事になっているのだ」と言う。「その亀を買いたい」と言うと、この船の人は、「たいへん大切な事があって、そのために用意した亀なので、いくら積まれても売る事はできない」と言う。しかし、その子が、ぜひにと懸命に手を摺って懇願して、その亀を五十貫の銭で買い取り逃がしてやった。

しかし、子どもは、心の中では、「親が、宝を買うために隣の国へ持たせた銭なのに、亀を買うのに使い果たしたので、親は、どんなに腹を立てるであろうか」と思ったが、だからといってまた、親の所へ戻らないわけにはいかないので、親の所へ帰って行くと、途中の通りに座っていた人が、「あなたに亀を売った人は、この下のあたりで船がひっくり返って死んだ」と言う。それを聞いて、親の家に帰って行き、銭は亀に変えた事を話そうと思っていると、親の方から、「どうして銭を返してよこしたのか」と尋ねるので、「そういうことはありません。その銭はこれこれで亀に変えて逃がしてしまったので、その事を申し上げようとして参りました」と言うと、親が、「黒い着物を着た、同じ格好の五人、それぞれ十貫づつ持って来たのだ。これが、その銭だ」と言って見せると、この銭はまだ濡れたままである。

なんと、実は買って逃がした亀が、その銭が川に落ちるのを見て、それを拾いあげ、親の所へ子が帰る前に届けていたのである。

語句  

■天竺(てんじく)の人-『法苑樹林』一八では、中国・陳代の揚州の人、巌恭とする。また、『冥報記』では、巌恭は船に同乗している、という設定。■貫-銭を数える単位で、一千文。『今昔』巻九-一三話では、「銭五千両」。■亀-『今昔』では「亀五ツ」。■何の料(れう)ぞ-何のためのものか。どうするのか。■物にせんずる-あることに使うことになっているのだ。■設けたる亀なれば-用意した亀なので。■いみじき価なりとも-どんなにお金を積まれても。■あながちに-ぜひにと懸命に。

■やみぬれば-使いきってしまったのだから。■道に人のゐて-道に人が座っていて。『今昔』は「途中ニ人値(あひ)テ告(つげ)テ」。■うち返して死ぬ-転覆して死んだ。底本「死ぬ」なし。書陵部本・竜門文庫本などにより補う。■さる事なし-そういうことはありません。銭を返した覚えはないです。■十貫-『今昔』では「銭千両」。■これ、そなる-これがそれ(その銭)だ。■はや-「・・・やりけるなり」という語尾表現と呼応して、「なんと、実は・・・」の意。

備考・補足

■前話とは、一見何の連絡もなさそうであるが、「主人公が川のほとりを往還する」という共通性を持つ。断絶のない配列ぶりである。ところで、本話では、亀の放生者には銭が戻ってきたという以外の果報は見られないが、『冥報記』上の類話では、亀を助けて後、巌恭一家は『法華経』の書写に精を出すようになり、不思議な出来事がいろいろあって、やがて富貴の身となり、衆人から敬われ、子孫も写経の業を継いで栄えたという現法を示す後日譚が続いている。

朗読・解説:左大臣光永