宇治拾遺物語 13-12 寂昭上人(じゃくせうしやうにん)、鉢(はち)を飛ばす事

≫音声つき【古典・歴史】無料メールマガジンのご案内

スポンサーリンク

原文

今は昔、三河入道寂昭(じやくせう)といふ人、唐(もろこし)に渡りて後(のち)、唐の王、やんごとなき聖(ひじり)どもを召し集めて、堂を飾りて。僧膳を設(まう)けて、経を講(かう)じ給ひけるに、王のたまはく、「今日(けふ)の斎莚(さいえん)は手長(てなが)の役あるべからず。おのおの我が鉢を飛ばせやりて物は受くべし」とのたまふ。その心は日本僧を試みんがためなり。

さて、諸僧、一座より次第に鉢を飛ばせて物を受く。三河入道末座に着きたり。その番に当りて、鉢を持ちて立たんとす。「いかで。鉢をやりてこそ受けめ」とて、人々制しとどめけり。

寂昭申しけるは、「鉢を飛ばすることは、別の法を行ひてするわざなり。しかるに、寂昭いまだこの法を伝へ行はず。日本国に於(おい)ても、この法行ふ人ありけれど、末世には行ふ人なし。いかでか飛ばさん」といひてゐたるに、「日本の聖、鉢遅し鉢遅し」と責めければ、日本(にっぽん)の方に向ひて、祈念して曰(いは)く、「我が国の三宝、神祇(じんぎ)助け給へ。恥見せ給ふな」と念じ入りてゐたる程に、鉢独楽(こまつぶり)のやうにくるめきて、唐の僧の鉢よりも速く飛びて、物を受けて帰りぬ。その時、王より始めて、「やんごとなき人なり」とて、拝みけるとぞ申し伝へたる。

現代語訳

今は昔、三河入道寂昭という人が、唐に渡った後、唐の王が、高貴な聖たちを呼び集めて、御堂を飾って、僧の食膳を用意して、経の講義をおさせになった時、王がおっしゃった。「今日の斎莚(さいえん)の席では給仕の役は必要ない。おのおの自分の鉢を飛ばしてやって食物を受けよ」とおっしゃる。それは日本僧を試そうという魂胆であった。

そこで、僧たちは、上座から順々に鉢を飛ばして食物を受けとった。三河入道はその時末座に座っていた。自分の番になって鉢を持って立とうとすると、「どうして立ち上がるのだ。鉢を飛ばして受けるのだ」と言って、人々が制止した。

そこで寂昭は、「鉢を飛ばすのは、特別な法を行ってすることです。しかし、私はまだこの法を伝授しておりません。日本国に於ても、この法を行う人はいましたが、末世では行う人はおりません。どうして飛ばす事ができましょう」と言って座っていた。「日本の聖よ、鉢が遅いぞ鉢が遅いぞ」と責めたので、日本の方角を向いて祈念し、「我が国の三宝・神祇よお助け下さい。恥をお見せくださるな」と熱心に祈っていた。すると、鉢がこまのようにくるくると回って、唐の僧の鉢よりも遠くまで飛んで行き、食物を受け取って戻って来た。その時、王を始めとして一同が、「尊いお方である」と言って、寂昭を拝んだと語り伝えている。

語句  

■三河入道寂昭-大江定基(962~1034)。長保五年(1003)入宋。■唐の王-「宋の王」とあるべきところ。北宋の三代真宋逍恒。■斎莚-僧尼を招いて食事を供する席。■手長の役-膳部を取り次ぎ、運ぶ役の者。

■一座-第一の上席を与えられた僧。■いかで-どうして立ち上がるのか。

■別の法を行ひてするわざなり-特別の術を用いて行う仕業である。■三宝、神祇、助け給へ-仏・法・僧と天神・神祇よ、すなわち仏たちよ、天地の神々よ、お助け下さい。■独楽(こまつぶり)-「こま」の古名。

備考・補足

■中国の皇帝と高僧たちから「遅し遅し」と意地悪く責めたてられ、窮地に陥った寂昭ではあったが、国家の威信と留学僧としての名誉と意地にかけて、彼はわが国の三宝・神祇に助けを請い、成功して喝采を浴びる。前出の巻第十二ノ十九話・二十話などとともに、日本という国家意識の濃厚な伝承。

朗読・解説:左大臣光永