宇治拾遺物語 13-13 清滝川聖(きよたきがはのひじり)の事

≫音声つき【古典・歴史】無料メールマガジンのご案内

スポンサーリンク

原文

今は昔、清滝川(きよたきがは)の奥に、柴の庵(いほり)を造りて行ふ僧ありける。水ほしき時は、水瓶(すいびやう)を飛ばして汲(く)みにやりて飲みけり。年経にければ、かばかりの行者(ぎやうじや)はあらじと、時々慢心起りけり。

かかりける程に、我がゐたる上ざまより、水瓶(すいびやう)来て水を汲(く)む。「いかなる者のまたかくはするやらん」と、そねましく覚えければ、「みあらはさん」と思ふ程に、例の水瓶飛び来て水を汲みて行く。その時、水瓶につきて行(ゆ)きて見るに、水上に五六十町上りて庵見ゆ。行きて見れば、三間ばかりなる庵あり。持仏堂(じぶつだう)別にいみじく造りたり。まことにいみじう貴(たふと)し。物清く住(すま)ひたり。庭に橘(たちばな)の木あり。木の下に行道(ぎやうだう)したる跡あり。閼伽棚(あかだな)の下(した)に花がら多く積れり。砌(みぎり)に苔(こけ)むしたり。神さびなる事限りなし。窓の隙(ひま)より覗(のぞ)けば、机に経多く巻きさしたるなどあり。不断香(ふだんかう)の煙満ちたり。よく見れば、歳七八十ばかりなる僧の貴げなり。五鈷(ごこ)を握り、脇息(けふそく)に押しかかりて眠りゐたり。

「この聖(ひじり)を試みん」と思ひて、やはら寄りて、火界咒(くわかいじゆ)をもちて加持(かぢ)す。火焔(くわえん)にはかに起りて庵につく。聖眠りながら散杖(さんぢやう)を取りて、香水(かうすい)にさし浸して四方にそそく。その時庵の火は消えて、我が衣に火つきて、ただ焼きに焼く。下(しも)の聖、大声を放ちて惑ふ時に、上の聖、目を見上げて、散杖をもちて下の聖の頭にそそく。その時火消えぬ。上の聖曰(いは)く、「何料(れう)にかかる目をば見るぞ」と問ふ。答へて曰く、「これは、年比(としごろ)川の面(つら)に庵を結びて、行ひ候(さぶら)ふ修行者にて候ふ。この程、水瓶の来て水を汲み候ひつる時に、いかなる人のおはしますぞと思ひ候ひて、見あらはし奉らんとて参りたり。ちと試み奉らんとて加持しつるなり。御許し候へ。今日(けふ)よりは御弟子になりて仕へ侍らん」といふに、聖、人は何事いふぞとも思はぬげにてありけりとぞ。

下(した)の聖、我ばかり貴き者はあらじと、驕慢(けうまん)の心のありければ、仏の僧みて、まさる聖を設けてあはせられけるなりとぞ、語り伝へたる。

現代語訳

今は昔、清滝川の奥に、柴(しば)の庵(いおり)を造って修行する僧がいた。水が欲しい時は水瓶を飛ばして汲みにやって飲んでいた。長年が経過したので、我ほどの行者は他にはおるまいと、時々慢心の気持ちを起こしていた。

こうしているうちに、自分の住んでいる清滝川の上流から、水瓶が飛んで来て水を汲んでいく。「どんな者がこんなことをするのか」と、憎らしくなったので、「正体を暴いてくれよう」と思っていると、例の水瓶が飛んで来て水を汲んで行く。その時、水瓶について行って見ると、五六町上流へ上ると庵が見えた。行って見ると、三間四方ほどの庵がある。持仏堂が庵とは別に立派に造られている。まことなんとも尊いことである。清らかに住みなしている。庭には橘の木があり、その下に読経しながら歩いているらしい跡がある。閼伽棚(あかだな)の下(した)には供花のしおれたのがたくさん積っている。石畳には苔がむしている。神々しいことこのうえもない。窓の隙間から覗くと、机の上にはたくさんの巻きかけのままの経の巻物などが置いてある。絶え間なく焚かれる香の香りが満ちている。よく見ると歳七八十ぐらいの尊げな僧が、五鈷(ごこ)を握り、脇息(きょうそく)に寄りかかって眠っていた。

そこで、「この聖を試してみよう」と思って、そっと近づき、火の呪文を唱えて加持すると、火炎が急に起って庵に燃えついた。すると、聖は、眠りながら散杖を取って、香水に浸して四方に振りまく。その時庵の火は消えたが、かわりに自分の衣に火がつき、ただ焼けに焼けていく。川下の聖が大声をあげてうろたえている時に、川上の聖は目を上げて、散杖を使って川下の聖の頭にそそいだ。すると、火が消えた。川上の聖が、「何の為にこんなまねをするのか」と問う。それに答えて川下の聖は、「私は、長年、川の辺(ほとり)に庵を結び、仏法を修行をしている修行者でございます。この間から、水瓶が飛んで来て水を汲んでいきますので、どんな人が住んでおられるのかと思いまして、その正体を見届けようと思って参りました。そして少し試し申し上げようと加持したのでございます。お許しください。今日からは弟子になってお仕え致します」と言うと、聖は、「この男はいったい何を言い出すのか」とさえ思わぬような様子でいたという。

川下の聖は、自分ほど尊い者はないだろうと、自惚れの気持ちがあったので、仏がお憎しみになり、それに勝る聖をこしらえて立ち会わせられたのだと、語り伝えている。                                      

語句  

■清滝川-京都市北部の桟敷岳から南流し、高雄山の麓を経て保津川に合流する。■かばかりの行者-これほどの法術を行使できる自分のような修業者。

■上ざまより-清滝川の上流の方角から。■そねましく覚えければ-自分の誇りが傷つけられたように、ねたましく、悔しく思われたので。■みあらわさん-水瓶を飛ばしてよこしている人の正体を見届けようと。■五六十町-一町は一〇九メートル。■三間ばかりなる-三軒四方とも間口三間ともとれる。「間」は柱と柱の間を数える単位で、いわゆる一間(六尺・約1.8メートル)とは限らない。■持仏堂-自分の信仰する仏の像や守り本尊として身辺に持つ仏像を安置する御堂。■行道-経を唱えながら一定の地をめぐり歩くこと。経行ともいう。■閼伽棚(あかだな)-仏前に供える水や花などを置く棚。閼伽は梵語arghaの音写で、水・功徳水の意。■花がら-一度仏に供えて枯れしぼんだために捨てられた花。花の残骸。■巻きさしたる-巻きかけになっているもの。つまり、詠みかけの巻物の経巻。■不断香-昼夜に渡って絶え間なくたき続けている仏前供養のお香。■五鈷-五鈷杵(ごこしょ)。両端がそれぞれ五頭に分れている金剛杵。

■火界咒(くわかいじゆ)-底本「火咒界」。諸本により改訂。火炎を生じさせるための不動明王の陀羅尼(呪文)。■散杖(さんじょう)-密教で修法の時、灑水器(しゃすいき)の中の香水をつけて壇や供物にまくのに用いる長さ約30~50センチの棒状の法具。■香水(かうずい)-修法に用いる香を溶かしてある清浄水。■これは-自称代名詞。私は。■人は何事いふぞとも思はぬげにてありけりとぞ-川下の聖の「弟子になって仕えたい」という申し出など気にもとめていない様子であったこと。勝敗がどうとか師弟の契りをどうとかなどというものに何の関心も示さなさそうな超然たる態度であったこと。川上の聖のけた違いなスケールの大きさを物語る。

■あはせられけるなりとぞ-わざと立ち会わせられたのであった。

備考・補足

■宗教者の驕慢と妬心(としん)を戒めた話。慢心は十重戒の一つである「自賛毀他戒(じさんきたかい)」にあたり、仏の厳重に戒めるところ。自己の法力に慢心する聖の鼻をへし折るには、それを上回る験力の存在を突きつけ、術くらべで惨敗させるのが有効であった。仏の作戦は一応は成功したというべきか。

朗読・解説:左大臣光永