宇治拾遺物語 14-4 魚養(うをかひ)の事

≫音声つき【古典・歴史】無料メールマガジンのご案内

スポンサーリンク

原文

今は昔、遣唐使(けんたうし)の、唐(もろこし)にある間(あひだ)に妻を設(まう)けて子を生(う)ませつ。その子いまだいとけなき程に、日本に帰る。妻に契(ちぎ)りて曰(いは)く、「異(こと)遣唐使行(い)かんにつけて、消息(せうそこ)やるべし。またこの子、乳母(めのと)離れん程には迎へ取るべし」と契りて帰朝しぬ。母、遣唐使の来(く)るごとに、「消息やある」と尋ぬれど、敢(あ)へて音もなし。母大(おほ)きに恨みて、この児(ちご)を抱(いだ)きて日本へ向きて、児の首に「遣唐使それがしが子」といふ札(ふだ)を書きて結(ゆ)ひつけて、「宿世(すくせ)あらば、親子の中は行きあひなん」といひて、海に投げ入れて帰りぬ。

父、ある時難波(なには)の浦の辺(へん)を行くに、沖の方(かた)に島の浮びたるやうにて、白き物見ゆ。近くなるままに見れば、童(わらは)に見なしつ。あやしければ馬を控えて見れば、いと近く寄りくるに、四つばかりなる児の白くをかしげなる、波につきて寄り来たり。馬をうち寄せて見れば、大(おほ)きなる魚の背中に乗れり。従者(ずさ)をもちて抱(いだ)き取らせて見ければ、首に札あり。「遣唐使それがしが子」と書けり。「さは我が子にこそありけれ。唐(もろこし)にて言ひ契(ちぎ)りし児は問はずとて、母が腹立ちて海に投げ入れてけるが、しかるべき縁ありて、かく魚に乗りて来たるなめり」とあはれに覚えて、いみじくかなしくて養(やしな)ふ。遣唐使の行きけるにつけて、この由(よし)を書きやりたりければ、母も今ははかなきものに思ひけるに、かくと聞きてなん、稀有(けう)の事なりと悦(よろこ)びける。

さて、この子、大人になるままに手をめでたく書きけり。魚に助けられたりければ、名をば魚養(うをかひ)とぞつけたりける。七大寺の額(がく)どもは、これが書きたるなりけりと。

現代語訳

今は昔、ある遣唐使(けんとうし)が唐(もろこし)にいる間に妻をもうけ、子を生ませたが、その子がまだ幼い時に、日本に帰った。唐を離れる際、妻には、「ほかの遣唐使が行くのに言づてて便りをやろう。またこの子が乳離れした暁には迎えて日本に引き取ろう」と約束して帰朝した。母は遣唐使が来るたびに「便りはあるか」と尋ねたが、まったく音沙汰もない。母は約束が違うと大いに恨み、この児を抱いて日本の方角を向き、児の首に「遣唐使それがしが子」という札を書いて結びつけ、「前世からの縁があれば、親子の事、きっと行きあうだろう」と言って、その子を海に投げ入れて帰った。

さて、父親の遣唐使が、ある時難波の浦のあたりを行くと、沖の方に島が浮かび上がったように、白い物が見える。だんだん渚近くになるにつれてよく見ると、それは子供のようである。不思議に思い、馬を止めて見ていると、すぐ近くに寄って来る。四歳ぐらいの子供の色白で可愛らしいのが、波に揺られて寄って来た。馬を近づけてよく見ると、大きな魚の背中に乗っている。家来を使って抱き上げさせて見ると、子どもの首には札がかかっていて、「遣唐使それがしが子」と書いてある。「さては我が子であったか。唐で、引き取ると約束をして別れた児を、私が音信もしないというので、母が腹を立てて海に投げ入れたのが、縁あって、このように魚に乗って着いたのだろう」と胸打たれて、心から可愛がって育てた。新たな遣唐使が出発するのに托して、この事を唐にいる母に書いてやると、母親は、今はもう死んだものとあきらめていたところに、これを聞いて、驚いた事だと喜んだ。

それから、この子は大人(おとな)になるにつれて、文字を立派に書いた。魚に助けられたので、名をば魚養(うをかひ)とつけたそうである。南都の七大寺に掛かる額などは、この子が書いたものであるという。

語句  

■遣唐使-日本から中国の唐朝に派遣された使節。舒明二年(630)から承和五年(838)まで十数回に及んだが、寛平六年(894)に廃止された。ここの遣唐使は『本朝能書伝』によれば、一説に吉備真備(きびのまきび)。■乳母(めのと)離れん程には-乳幼児でなくなる頃には。男の手で養育できるようになったら。■宿世あらば-魚養は八世紀後半の人であるが、そのころの遣唐使は第十回が七三二年、第十一回が七五二年、第十二回が七五九年という具合で、初期のように数年おきではない。そうした事情に会わない叙述の見える本話は、遣唐使廃止後に成立したもの。■宿世あらば-前世からの定められた因縁があるならば。■親子の中は行きあひなん-親子の関係である以上、きっと行き会うだろう。

■難波-現在の大阪市とその周辺の古称。■四つばかりなる児の白くをかしげなる-四歳ばかりになる幼児の、色白でかわいらしい子が。これによれば、四か年の間に遣唐使が何回も派遣され、その度に母は消息を尋ねた事になり、事実に合わない。■波につきて-波に揺られて。■言ひ契りし児-引き取ると口約束してきた子。■今ははかなきものに思ひけるに-もはや死んだものとあきらめていたところに。

■手をめでたく書きけり-文字を立派に書いた。すばらしい能書家になったこと。■魚養(うをかひ)-朝野宿禰(すくね)魚養。宝亀~延暦(770~805)ごろに活躍した人。葛城襲津彦(かつらぎのそつひこ)の六男の能書宿禰の末孫。播磨大堟。『南都七大寺巡礼記』には、魚養は遣唐使の父と唐人の母との間に生れ、成人して「天下第一之筆跡」になった見え、『入木抄』には「本朝は、魚養、薬師寺の額を書(かく)。是能書を用(もちゐし)最初也」とある。■七大寺-奈良の七大寺。すなわち東大寺、興福寺、元興寺、大安寺、薬師寺、西大寺、法隆寺。

備考・補足

■母親に捨てられながら、大海を旅して父親の目の前に漂着するという強運の子。成人して能書の異能を発揮することになるのも幼少時から約束されていたかのような、不思議な星の下に生れた運命の子の出世譚。

朗読・解説:左大臣光永