宇治拾遺物語 14-7 北面の女雑仕(をんなざふし)六が事

≫音声つき【古典・歴史】無料メールマガジンのご案内

スポンサーリンク

原文

これも今は昔、白河院の御時、北面(きたおもて)のざうしにうるせき女ありけり。名をば六とぞいひける。殿上人(てんじやうびと)どももてなし興(きよう)じけるに、雨うちそぼ降りてつれづれなりける日、ある人、「六呼びてつれづれ慰めん」とて使(つかひ)をやりて、「六呼びて来(こ)」といひければ、程もなく、「六召して参りて候(さぶら)ふ」といひければ、「あなたより内の出居(でゐ)の方(かた)へ具(ぐ)して来」といひければ、侍出(さぶらひい)で来(き)て、「こなたへ参り給へ」といへば、「便(びん)なく候ふ」などいへば、侍帰り来て、「召し候へば、『便なく候ふ』と申して恐れ申し候ふなり」といへば、つきみていふにこそと思ひて、「などかくはいふ。ただ来(こ)」といへども、「僻事(ひがごと)にてこそ候ふらめ。先々(さきざき)も内(うち)の御出居などへ参る事も候はぬに」といひければ、この多くゐたる人々、「ただ参り給へ。やうぞあるらん」と責めければ。「ずちなき恐れに候へども、召しにて候へば」とて参る。

この主(あるじ)見やりたれば、刑部録(ぎやうぶのろく)といふ庁官(ちやうくわん)、鬢(びん)、髭(ひげ)に白髪交(ま)じりたるが、とくさの狩衣(かりぎぬ)に襖袴(あをばかま)着たるが、いとことうるはしくさやさやとなりて、扇を笏(しやく)に 取りて、少しうつぶしてうづくまりゐたり。

大方(おほかた)いかにいふべしとも覚えず、物もいはれねば、この庁官、いよいよ恐れかしこまりてうつぶしたり。主(あるじ)、さてあるべきならねば、「やや、庁にはまた何者(なにもの)か候ふ」といへば、「それがし、かれがし」といふ。いとげにげにしくも覚えずして、庁官後(うし)ろざまへすべり行く。この主(あるじ)、「かう宮仕(みやづか)へするこそ神妙(しんべう)なれ。見参(げんざん)には必ず入れんずるぞ。とうまかりね」とこそやりけれ。この六、後(のち)に聞きて笑ひけるとか。

現代語訳

これも今は昔、白河院の御時、北面の武士の詰所で雑役に従事する利発で気立てのいい女がいた。名を「六」と言った。殿上人たちがもてはやし、からかったりしておもしろがっていたが、雨がしとしとと降って手持無沙汰であった日、ある人が、「六を呼んで退屈しのぎをしよう」と使いをやって、「六を呼んで来い」と言った。まもなく、「六を召し連れて参りました」と言う。「そこよりも院の御所の客間にのほうに連れて来い」と言ったので、侍が出ていって、「こっちへおいでなさい」と言うと、「それは分不相応なことでございます」などと言う。侍が帰って来て、「召しますと、『似つかわしくありません』と言って恐縮しております」と言うので、いらぬ遠慮をして言っているのであろうと思い、「どうしてそんなことを言うのか。すぐに来い」と言っても、「何かの間違いでございましょう。今までも院の御所の客間などへ入った事はございませんのに」と言った。それで、この大勢いた人々も、「かまわずおいでなさい。ほかに何かわけでもあってのことであろう」と責めたので、「まことにもって畏れ多いことでございますが、お召しですので」と言ってやって来た。

ここの主人がご覧になると、刑部の録という庁官が、鬢(びん)、髭(ひげ)に白髪が交じり、木賊(とくさ)色の狩衣(かりぎぬ)に指貫袴(さしぬきばかま)を着用してまことにきちんとして衣ずれの音をさせ、扇を笏(しゃく)のようにして持って、少しうつぶせになってうずくまっていた。

まったく何と言っていいか分らず、すぐには言葉も出ない。この庁官は庁官でますます畏れいって平伏していた。主人は、いつまでも黙っているわけにもいかず、「おい。庁にはまだ誰か残っているか」と言うと、「誰それ、かれそれ」と言う。庁官は、どういうわけで呼び出されたのか得心できないまま、後ろの方へそのままにじりさがっていく。そこでこの主人は、「かように宮仕えするのはまことに殊勝である。名前を記帳して必ず院にお目にかけようそ。早う引き下がれ」と言って帰らせた。雑仕女の六は後で聞いて笑ったという。

語句  

■雑仕女-雑役に従事する下級の女官。■白河院-第七十二代天皇(1053~1129)。■北面(きたおもて)-白河院が創設した院の御所の北側の武士の詰所■うるせき女-才気渙発な女。また、利発で気立てのよい女。気の利いた女。■もてなし興(きよう)じけるに-もてはやし、からかったりしていたが。■うちそぼ降りて-しとしとと降って。■つれづれなりける日-手もち無沙汰であった日。■程もなく-まもなく。■六召して参りて候(さぶら)ふ-呼びに行った侍が、女雑仕の「六」と、刑部の「録」とを取り違えて呼びだした。以下のやりとりが、取次を介したものであったために、本人が現れるまで、「六」を待っていた殿上人たちには、「録」が出てこようとは思いも寄らなかった。六を呼んでまいりました。■出居(でゐ)-院の御所の廂(ひさし)の間に設けられた客間。 来客の饗応など、やや改まった応対のための部屋。■具して来-連れて来い。■便(びん)なく候ふ-具合が悪うございます。自分には似つかわしくないと尻込みしている返答。■つきみていふにこそ-いらぬ遠慮をして。「つきむ」は、断わる、拒むの意。■ただ来(こ)-すぐに来い。■僻事(ひがごと)にてこそ候ふらめ-何かの間違いでございましょう。■さきざきも-今までも。■ただ参り給へ-かまわずおいでなさい。■やうぞあるらん-それとも何かわけがあるのであろうか。■ずちなき恐れに候へども-まことにもって畏れ多いことでございますが。■召しにて候へば-お召しですから。

■見やりたれば-ご覧になると。■刑部の録-刑部省の四等官。「庁官」は院の庁の官人(役人)。■とくさ-木賊(とぅさ)色。黒みを帯びた青または萌黄(もえぎ)色。■襖袴着たる-指貫袴を着用して。底本「青袴」を陽明文庫本にて改訂。■いとことうるはしく-まことに折り目正しい姿で。■さやさやとなりて-衣ずれの音を立てて。■笏に取って-笏のように持って。

■大方-まったく。何ともはや。■物もいはれねば-言葉も出ないので。■さてあるべきならねば-いつまでも黙っているわけにはいかないので。■やや-おい。■また何者(なにもの)か候ふ-ほかに誰かいるのか。■それがし、かれがし-だれそれ、かれそれ。■いとげにげにしくも覚えずして-どういう用事で呼び出されたのか得心できないまま。「げに(実に)げに(実に)」はまことにまことに。なるほどもっとも。同じ言葉を重ねて強調している。■後(うし)ろざまへすべり行く-後ろのほうへそのままにじりさがっていく。■神妙なれ-まことに感心である。殊勝である。■見参(げんざん)には必ず入れんずるぞ-伺候者の名帳に名を載せて院にお目にかけるであろう。■とうまかりね-もう退出してよい。早く引き下がれよ。■やりてけれ-帰らせた。■この六-女雑仕の六は。

備考・補足

■外出もならぬ雨の日、利発で受け答えのおもしろい雑仕女の「六」を相手につれづれを慰めようと期待していた人々の前に、初老の謹厳そうな役人が出現。あぜんとして言葉を失い、懸命に取りつくろおうとする人々の動きとその場の雰囲気が活写されている笑劇。

朗読・解説:左大臣光永