宇治拾遺物語 15-3 賀茂祭(かもまつり)の帰り武正(たけまさ)、兼行(かねゆき)、御覧の事

≫音声つき【古典・歴史】無料メールマガジンのご案内

スポンサーリンク

原文

これも今は昔、賀茂祭の供に下野武正(しもつけのたけまさ)、秦兼行(はたのかねゆき)遣はしたりけり。その帰(かへ)さ、法性寺殿、紫野にて御覧じけるに、武正、兼行、殿下(てんが)御覧ずと知りて、殊(こと)に引き繕ひて渡りけり。武正殊(こと)に気色(きしよく)して渡る。次に兼行また渡る。おのおのとりどりに言ひ知らず。

殿御覧じて、「今一度北へ渡れ」と仰(おほ)せありければ、また北へ渡りぬ。さてあるべきならねば、また南へ帰り渡るに、この度(たび)は兼行さきに南へ渡りぬ。「次に武正渡らんずらん」と人々待つほどに、武正やや久しく見えず。「こはいかに」と思ふ程に、向ひに引きたる幔(まん)より東を渡るなりけり。「いかにいかに」と待ちけるに、幔の上より冠の巾子(こじ)ばかり見えて南へ渡りけるを、人々、「なほずちなき者の心際(こころぎは)なり」とほめけりとか。

現代語訳

これも今は昔、賀茂祭のお供に下野武正と秦兼行を遣わしたことがあった。その帰り道、法性寺殿(藤原忠通)が、紫野で行列を御覧なっていたが、武正も兼行も殿下が御覧になると知って、特に威儀を正して通り過ぎた。武正は格別に気取って通って行く。次に兼行がまた通る。それぞれとりどりに言いようもなく際立っていた。

殿が御覧になって、「もう一度北へ渡れ」と仰せられたので、また北へと通って行った。そのままでもいられないので、また南へ帰って来ると、今度は兼行が先になって南へへ通って行った。「次に武正殿がお通りになるであろう」と見物の人々が待っていたが、武正はなかなか姿を現さない。「どうしたのか」と思っていると、向こうに引き廻らされたまん幕より東側を通るのであった。みなが、「どうしたのか、どうしたのか」と待っていると、まん幕の上から冠の巾子だけが見えて、南へ過ぎて行ったが、人々はそれを、「たぐいなく気の利いた心遣いである」と褒め合ったという。

語句

■賀茂祭-京都の賀茂雷別神社・賀茂御祖神社の祭。葵祭とも。陰暦四月の中の酉の日に行われた。現在は五月十五日。「供」はその祭の行列の供の事。■下野武正-藤原忠実・忠通の随身、左府生。■秦兼行(はたのかねゆき)-藤原忠通の随身。右府生。『長秋記』によれば、武正と組んで大治五年(1130)四月十四日、翌年四月十九日の賀茂祭の引馬の役を務めている。■帰さ-帰り道。帰途。■法性寺殿-藤原忠通(1097~1164)。摂政・関白、太政大臣。■紫野-京都市北区大徳寺付近一帯。船岡山の北東部で、賀茂斎院である野の宮のあった場所。■殿下-忠通をさす。もと三后・皇太子の敬称。後に摂政・関白にも用いられた。■気色して-気取った顔つきをして。■巾子(こじ)-冠の頂上の後部の高く突き出ている部分。そこに髻(もとどり)を入れる。■なほずちなき者の心際(こころぎは)なり-「ずちなき」は「術なき」でどうしようもない意か。それによると、身分の卑しい者にしては、気の利いた心遣いであると解される。

備考・補足

■武正と兼行の、主君の前での競り合いで、武正、兼行の順で通った後、主君のアンコールに応えて、再度の北への通行の後、南下をする際に、兼行が通った後、武正はゆかしくも巾子ばかりをわずかにまん幕の上に見せて通り過ぎて、人々をあっと言わせた。名随身の名誉の振舞を伝える。

朗読・解説:左大臣光永