宇治拾遺物語 15-4 門部府生(かどべのふしやう)、海賊射返す事

≫音声つき【古典・歴史】無料メールマガジンのご案内

スポンサーリンク

原文

これも今は昔、門部府生(かどべのふしやう)といふ舎人(とねり)ありけり。若く身は貧しくてぞありけるに、ままきを好みて射けり。夜(よる)も射ければ、わづかなる家の葺板(ふきいた)を抜きて、ともして射けり。妻もこの事をうけず、近辺の人も、「あはれ、よしなき事し給ふものかな」といへども、「我家もなくてまどはむは、誰(だれ)も何(なに)か苦しかるべき」とて、なほ葺板をともして射る。これをそしらぬもの一人(ひとり)もなし。かくする程に、葺板みな失せぬ。果(は)てには椽(たるき)、木舞(こまひ)を割りたきつ。また後には棟(むね)、梁(うつばり)焼きつ。後(のち)には桁(けた)、柱みな割りたき、「これ、あさましき物のさまかな」と言ひ合ひたる程に、板敷(いたじき)、下桁(しもげた)までもみな割りたきて、隣の人の家に宿りけるを、家主、この人の様体(やうだい)を見るに、「この家もこぼちたきなんず」と思ひていとへども、「さのみこそあれ、待ち給へ」などいひて過ぐる程に、よく射る由(よし)聞えありて、召し出(いだ)されて、賭弓(のりゆみ)つかうまつるに、めでたく射ければ、叡感(えいかん)ありて、果(は)てには相撲(すまひ)の使(つかひ)に下(くだ)りぬ。

よき相撲ども多く催し出でぬ。また数知らず物まうけて上(のぼ)りけるに、かばね嶋といふ所は海賊(かいぞく)の集る所なり。過ぎ行く程に、具(ぐ)したる者のいふやう、「あれ御覧候(さぶら)へ。あの舟どもは海賊の舟どもにこそ候ふめれ。こはいかがさせ給ふべき」といへば、この門部府生(かどべのふしやう)いふやう、「をのこ、な騒ぎそ。千万人の海賊ありとも、今見よ」といひて、皮籠(かはご)より、賭弓の時着たりける装束取り出でてうるはしく装束(しやうぞ)きて、冠、老懸(おいかけ)など、あるべき定(ぢやう)にしければ、従者ども、「こは、物に狂はせ給ふか。かなはぬまでも、楯(たて)づきなどし給へかし」と、いりめき合ひたり。うるはしく取りつけて肩脱ぎて、馬手(めて)、後(うし)ろ見まはして、屋形の上に立ちて、「今は四十六歩(ぶ)に寄り来にたるか」といへば、従者ども、「大方(おほかた)とかく申すに及ばす」とて、黄水(わうずい)をつき合ひたり。

「いかに、かく寄り来にたるか」といへば、「四十六歩に近づき候ひぬらん」といふ時に、上屋形(うはやかた)へ出でて、あるべきやうに弓立(ゆだち)ちして、弓をさしかざして、しばしありてうち上げたれば、海賊が宗徒(むねと)のもの、黒ばみたる物着て、赤き扇を開き使ひて、「とくとく漕(こ)ぎ寄せて、乗り移りて、移し取れ」といへども、この府生騒がずして、ひき固めてとろとろと放ちて、弓倒して見やれば、この矢、目にも見えずして、宗徒の海賊がゐたる所へ入りぬ。はやく左の目にいたつき立ちにけり。海賊、「や」といひて、扇を投げ捨てて、のけざまに倒れぬ。矢を抜きて見るに、うるはしく戦(たたかひ)などする時のやうにもあらず、ちりばかりの物なり。これをこの海賊ども見て、「やや、これはうちある矢にもあらざりけり。神箭(かみや)なりけり」といひて、「とくとく、おのおの漕ぎもどりね」とて逃げにけり。

その時、門部府生うす笑ひて、「なにがしらが前には、あぶなく立つ奴(やつ)ばらかな」といひて、袖(そで)うちおろして、小唾吐(こつばは)きてゐたりけり。海賊騒ぎ逃げける程に、袋一つなど少々物ども落したりける。海に浮びたりければ、この府生取りて笑ひてゐたりけるとか。

現代語訳

これも今は昔、門部府生という舎人がいた。若く貧しい身だったが、真巻弓(ままきゆみ)を射つのが好きだった。夜も射たので、小さな家の屋根板までも抜き取って、灯火にして射た。妻もこのことを許しがたく思い、近所の人も「ああ、つまらない事をなさるものよ」と言うが、「我が家を壊して、路頭に迷う事になったとしても、誰に遠慮がいるものか」と言って、なおも屋根板を燃やして灯火として射続けた。これを非難しない人は一人もいない。そうしているうちに、屋根板は全部無くなってしまった。最後には、垂木、木舞を割って焚(た)いた。また、その後では棟、梁をも焼いた。さらにその後には、桁、柱まで皆、割って焚き、「これは、あきれかえったざまだ」と近所の人が言い合っているうちに、板敷、下桁までも皆割って焚き、住む所が無くなったので、隣の人の家に泊まっていた。家主は、この人の様子を見て、「この家も壊して焚くに違いない」と思って嫌がるが、「そういつまでもこんなふうではおりません。見ていてください」などと言って過ぎるうちに、弓を上手に射るというのが評判になって、召し出され、賭弓に参加したところ、見事に射たので、天皇のお褒めにあずかり、最後には、相撲取りを集める使者として、地方に下った。

強い相撲取りを多数呼び集めることができた。また数知れぬ程の物を手に入れて上ったが、かばね島という所は海賊の集まる所であり、そこを通り過ぎて行くと、供の
者が、「あれを御覧なさいませ。あの舟の群れは海賊どもの舟に違いありません。これはどうなさいますか」と言う。すると、門部府生は、「男なら騒ぎ立てるな。千万の海賊がいようと今に見ておれ」と言って、革の行李から、賭弓の時に着た装束を取り出して、きちんと身に着け、冠、老懸などを作法通りに身に着けると、従者たちは、「これは、気でも狂われたか。かなわぬまでも、何とか手向ってくださいよ」と、いらだって大騒ぎをした。府生はきれいに身づくろいをして、肩脱ぎをし、敵がいないかと右手や後方を見回して、屋形の上に立って、「もう四十六歩の矢頃まで近寄ったか」と言うと、従者たちは、「まったく、とやかく申すまでもありません」と怯えきって、黄色い水を吐き合っていた。

「どうだ。もう寄って来たか」と言うと、従者たちが、「四十六歩までには近づきましたでしょう」と言う。府生は上屋形へ出て、作法通りに身構えて立ち、弓をかざして、しばらく待った後、弓を高くさし上げて引き絞った。海賊の首領と思われる者が、黒ばんだ着物を着て、赤い扇を開いて使い、「早く漕ぎ寄せろ。乗り移って、獲物を移し取れ」と言うのだが、この府生は騒ぎもせず、十分に引き絞って、音もなく矢を放ち、弓を倒して見ると、この矢は、目にも止らぬ速さで海賊の首領がいた所へ入っていった。なんと驚いたことに、首領の左目に、その儀式用のいたつき矢が突き刺さった。海賊は「ぎゃっ」と言って、扇を投げ捨てて、あおむけに 倒れた。矢を抜いて見ると、軍などをする時の矢ではなく、ごくごく小さな矢であった。これをこの海賊どもが見て、「ややっ。これはざらにある矢ではないぞ。神矢であったのか」と言って、「さっさとそれぞれ漕ぎ戻れ」と逃げてしまった。

その時、府生は薄笑いをして、「この我らを前にして、まったくあぶなっかしい真似をする奴らよ」と言って、たくし上げた袖を下(おろ)し、唾を吐き捨てて座っていた。海賊があわてて逃げた時に、袋ひとつなど少々の物を落して行ったが、それが海に浮かんでいたので、この府生は取り上げて、笑って座っていたということである。

語句

■門部府生(かどべのふしょう)-内裏の諸門の警護に当る衛門府の下級職員。■舎人(とねり)-皇族や貴族に仕え、警備や雑用などに従事していた者。■ままき-「真巻弓」の略。木野戸勝隆の『古事談私記補遺』によれば、真弓(丸木の弓)に籐(とう)または樺(かば)を巻いたものを真巻と号したか、とし、「マゝキ」は的矢の名なれば、的を射る事をマゝキユミともいへるなるべし」とする。主として賭弓(のりゆみ)などの射的競技に用いられたもの。■葺板(ふきいた)-屋根を葺いている板。■ともして-「ともし火」として。■うけず-承知せず。許しがたく思い。■あはれ-ああ。■よしなき事-つまらない事。■我家もなくてまどはむは-自分の家がなくなって、路頭に迷う事になったとしても。■誰も何か苦しかるべき-誰に遠慮がいるものか。■椽(たるき)-垂木(たるき)。ここは屋根板を支えるために棟から軒に縦に渡されている小角材。■木舞(こまひ)-軒の垂木に横に渡す細い板。■割りたきつ-割っては焼いてしまった。■棟(むね)-棟木(むねぎ)。屋根の最も高い所に横に渡してある太い木。■梁(うつばり)-家の柱の上に立てて、棟木と屋根を支える角材。■桁(けた)-柱の上に渡してほかの材木を受ける木。梁と打ち違いになる。■あさましき物のさまかな-あきれかえったしわざであるよ。■下桁(しもげた)-床板を張るために板の下に渡した横木。■様体を見るに-様子を見ると。■こぼちたきなんず-きっとこわして燃やしてしまうだろう。■いとへども-嫌がるが。■さのみこそあれ-そういつまでもこんなふうではおりません。■待ち給へ-見ていてください。■聞えありて-評判になって。■賭弓(のりゆみ)-正月十八日の宮中の行事。天皇が弓場殿に臨席し、近衛府、兵衛府の舎人が射的の数を競い、勝者には賜物を賜り、敗者は罰盃を受ける。門部府生は、この天覧競技への出場を待ち望んでいた。■つかうまつるに-お仕えすると。■めでたく-みごとに。■叡感ありて-ご感服なさって。■相撲の使-宮中で七月に行われる相撲の節会に出る相撲人を招集するために、二、三月ごろ、諸国に派遣された使者。賭弓の勝者が派遣される慣習になっていた。

■かばね嶋-骨島。備前国(岡山県)の瀬戸内海にあったとされる島。『日本霊異記』上七話の例からみても、そこは海賊の巣窟になっていたらしい。■皮籠(かはご)-革張りの旅行用の行李(こうり)。■老懸(おいかけ)-武官が冠の落下を防ぐために用いた懸緒(かけお)。菊花を半切りにした形に馬の毛で作り、頬(ほお)をおおうように冠の両側につける。頬助(ほおすけ)とも。■定-きまり。■楯つき-手向い、対抗すること。■いりめきあひたり-いらだって大騒ぎしていた。■馬手(めて)-馬の手綱を握る方の手、右手。転じて右の方角。すきのできる後方と右側に敵が回っていないかどうかを、まず確かめた。■四十六歩-私註の「のり弓のやごろ也。約十五間ほど也」に従う。十五間は約二十七メートル。■黄水(かうずい)をつき合ひたり-胃から黄色い水(胃液)を吐き出すこと。極度の恐怖に駆られている状態を物語る。

■弓立(ゆだち)-射手が身構えて立つこと。■宗徒(むねと)-首領とおぼしき者。首領。■ひき固めてとろとろと放ちて-十分に引きしぼって、音もなく矢を放って。■はやく-なんと驚いたことに。■いた-矢じりの一種。先のあまり鋭くないこの矢じりのついた矢は練習や競技用のもの。■うるはしく戦などする時のやうにもあらず-本格的に戦闘をする場合に用いる矢のようでもない。■ちりばかりの物-ごくごく小さな矢。■うちある矢-普通によく見かける矢。■神箭(かみや)-神が射てよこした矢。■なにがしら-自称の代名詞。われら、それがしたち、手前ども。

備考・補足

■本話は二段から成るが、両者はきわめて相似している。すなわち前段は、弓の練習のために自分の家一軒をまるごと灯火として燃やしてしまい、周囲の人々をはらはらさせるが、当人は悠然として練習に打ち込み、遂には賭弓に優勝して「相撲の使」に任命されるというハッピーエンドの出世話。一方、後段は、海賊船に接近されてあわやという危機的状況に追い込まれるが、当人は悠然として本式の賭弓用の衣装を念入りに着用し続け、周囲の人々をはらはらさせるが、ついには堂々と海賊に立ち向い、ただの一矢で海賊を追い払ってしまうというハッピーエンドの手柄話。

朗読・解説:左大臣光永