宇治拾遺物語 15-5 土佐判官代通清(とさのはうぐわんだいみちきよ)、人違(ひとたがひ)して関白殿にあひ奉る事

≫音声つき【古典・歴史】無料メールマガジンのご案内

スポンサーリンク

原文

これも今は昔、土佐判官代通清(とさのはうぐわんだいみちきよ)といふ者ありけり。歌を詠(よ)み、源氏、狭衣(さごろも)などをうかべ、花の下、月の前と好(す)き歩(あり)きけり。かかる好者(すきもの)なれば、後徳大寺(ごとくだいじ)左大臣、「大内の花見んずるに、必ず」といざなはれければ、通清、めでたき事にあひたりと思ひて、やがて破車(やれぐるま)に乗りて行く程に、跡より車二つ三つばかりして人の来(く)れば、疑(うたが)ひなきこの左大臣のおはすると思ひて、尻(しり)の簾(すだれ)をかき上げて、「あなうたて、うたて、とくとくおはせ」 と、扇を開いて招きけり。はやう関白殿の物へおはしますなりけり。招くを見て、御供の随身(ずいしん)、馬を走らせて駆け寄せて、車の尻の簾をかり落してけり。その時ぞ通清あわて騒ぎて、前より転(まろ)び落ちける程に、烏帽子(えぼし)落ちにけり。いといと不便(ふびん)なりけりとか。好きぬる者は、少しをこにもありけるにや。                                                                          

現代語訳

これも今は昔、土佐判官代通清(とさのはんがんだいみちきよ)という者がいた。歌を詠んで、源氏物語、狭衣(さごろも)物語などの一節ををそらんじながら、花の下、月の前と風流を好んで歩き回っていた。こういう風流人であるから後徳大寺左大臣(藤原実定)が、「大内(仁和寺)の花見をするが必ず参れ」とお誘いになったので、通清はうれしい事に出会ったと思って、すぐにぼろ車に乗って出かけて行った。すると、後(うしろ)から、車を二三台連ねて人が来るので、疑いもなく、左大臣がおいでになるのだと思って、牛車の簾(すだれ)をかき上げ、「ああ、なんと遅い。なんと遅い。早く早くおわせ」と扇を開いて招いた。ところが、実は関白殿はある所へおいでになるのであった。通清が招くのを見て、御供の随身は、馬を走らせ、賭け寄って、車の後ろの簾を切り落した。その時になって通清はあわてふためいて、前からころげ落ちたので、烏帽子が落ちてしまった。まったく、気の毒であったとか。風流を好む者は、少し間抜けなところがあったのであろうか。

語句

■土佐判官代通清(とさのはうぐわんだいみちきよ)-斎宮頭源清雅の子(1123~?)。蔵人、従五位下。『千載集』に一首入集。院の長の判官を宮中の他の官職の判官と区別するために判官代と称し、院の庁内の大小の雑事、取締り、文書の作成などに当たった。■源氏、狭衣(さごろも)などをうかべ-『源氏物語』や『狭衣物語』などの一節をそらんじながら。■後徳大寺(ごとくだいじ)左大臣-藤原実定(1139~91)。右大臣公能の子。文治二年(1186)右大臣、同五年左大臣に昇り、翌年辞任。歌集に、三七九首を収める『林下集』がある。■大内の花-車で出かけるような遠方と見なされるので、大内山・仁和寺と見ておく。新大系は、内裏とする。■破車(やれぐるま)-傷んだところのある牛車。通清の不如意な状態をうかがわせる。■あな-ああ。■うたて-なんと遅い。■とくとくおはせ-早く早くおはせ。■関白殿の物-実定が盛んに歌作していたのが、治承年間(1177~81)であり、藤原基通退任後は実定の没時まで関白は不在。それから推して、治承四年二月まで関白であった基通をさすか。とすれば、本話は治承年間ごろの出来事か。■をこ-非常識で他人に笑われるような跳ね上がったふるまいをする者。

備考・補足

■「ぜひ花見の供に」という、高官から、好き者としてまことに名誉な誘いを受けて有頂天になり、はしゃぎ過ぎて、せっかくの風流の楽しみを台なしにした失敗譚。

朗読・解説:左大臣光永