宇治拾遺物語 15-10 秦始皇(しんのしくわう)、天竺(てんじく)より来たる僧禁獄(きんごく)の事

≫音声つき【古典・歴史】無料メールマガジンのご案内

スポンサーリンク

原文

今は昔、唐(もろこし)の秦始皇(しんのしくわう)の代に、天竺(てんぢく)より僧渡れり。御門(みかど)あやしみ給ひて、「これはいかなる者ぞ。何事によりて来たれるぞ」。僧申して曰(いは)く、「釈迦牟尼仏(さむにぶつ)の御弟子なり。仏法を伝へんために、遥(はる)かに西天(さいてん)より来たり渡れるなり」と申しければ、御門腹立ち給ひて、「その姿きはめてあやし。頭(かしら)の髪禿(かぶろ)なり。衣の体(てい)人に違(たが)へり。仏(ほとけ)の御弟子と名のる。仏とは何者ぞ。これはあやしき者なり。ただに返すべからず。人屋(ひとや)に籠(こ)めよ。今より後(のち)、かくのごときあやしき事いはん者をば、殺さしむべきものなり」といひて、人屋に据(す)ゑられぬ。「深く閉じ籠(こ)めて、重くいましめて置け」と宣旨(せんじ)を下(くだ)されぬ。

人屋の司(つかさ)の者、宣旨のままに、重く罪ある者置く所に籠めて置きて、戸にあまた錠さしつ。この僧、「悪王にあひて、かく悲しき目を見る。我が本師釈迦牟尼如来(さかむににょらい)、滅後(めつご)なりとも、あらたに見給ふらん。我を助け給へ」と念じ入りたるに、釈迦仏、丈六の御姿にて紫磨黄金(しまわうごん)の光を放ちて、空より飛び来たり給ひて、この獄門を踏み破りて、この僧を取りて去り給ひぬ。その次(ついで)に多くの盗人どもみな逃げ去りぬ。

獄の司、空に物の鳴りければ、出でて見るに、金の色したる僧の光を放ちたるが、大(おほ)きさ丈六なる、空より飛び来たりて、獄の門を踏み破りて、籠められたる天竺の僧を取りて行く音なりければ、この由(よし)を申すに、帝(みかど)、いみじくおぢ恐(おそ)り給ひけりとなん。その時に渡らんとしける仏法、世下(くだ)りての漢には渡りけるなり。
                                                                         

現代語訳

秦の始皇が天竺から来た僧を禁獄する事

今は昔、唐の秦の始皇の時代に、天竺から僧が渡って来た。帝はいぶかしく思われて、「お前は何者か。何のために来たのか」と尋ねられた。僧は、「私は釈迦牟尼仏の弟子でございます。仏法を伝えるため、遥か西方の天竺国から渡って来たのです」と申し上げた。すると、御門はご立腹になり、「その姿はきわめてあやしいものだ。頭の髪が無い。着ているものも他の者とは違う。それに仏の御弟子と名のるが、そもそも仏とは何者か。おまえはあやしい。そのまま帰すわけにはいかん。牢屋に閉じ込めよ。これから先、このように怪しげな事を言う者は必ず殺してしまえ」と言って、牢屋に留め置かれた。始皇は、「厳重に閉じこめてしっかり縛っておけ」と宣旨を下された。

牢番の役人は、宣旨のとおりに僧を重罪人を収容する所に閉じこめておき、戸にはいくつも錠をかけた。この僧は、「悪王に会って、このような悲しい目にあっております。我が師、釈迦牟尼如来様、御入滅の後とはいえ、霊験力を持ってその姿を現してくださることでしょう。私をお助け下さい」と一心に祈っていた。すると、釈迦仏が一丈六尺の御姿で紫色を帯びた黄金の光を放ちながら、空から飛んで来られて、この獄門を踏み破り、この僧を奪い取って去って行かれた。そのついでに多くの盗人どもも皆、逃げ去ってしまった。

牢役人が、空で何か鳴り響いたので、出て見ると、黄金色をした僧が光を放ち、一丈六尺の大きさで、空から飛んで来て、牢獄の門を踏み破って、閉じこめられた天竺の僧を連れ去って行く音だったので、この事を申し上げると 、帝は、ひどく激しく恐れられたという。その時に伝えられようとした仏法は、時代が下った後の漢の時代に伝わったのである。

語句

■禁獄-獄に未決囚あるいは受刑者を拘禁すること、またそれを手段とした刑罰。時代によって差異がある。 律令法の五刑には獄に拘禁するのみの刑は存在しなかった。囚獄司という官司も存在したが、その目的は未決囚の拘留、死罪・流罪の執行。

■唐(もろこし)-中国古代の王朝。紀元前二二一年に全土を統一した。■秦始皇(しんのしくわう)-秦王朝の初代の皇帝(前259~同210)。名は、政、荘襄王の子。万里の長城を築き、三十六郡を置き、度量衡の統一、幹線道路の整備、焚書坑儒(ふんしょこうじゅ)などの施策により、中央集権国家を確立した。■僧渡れり-『今昔』巻六-一話には「名ヲ釈ノ利房ト云フ。十八人ノ賢者ヲ具セリ、亦、法文、聖教ヲ持テ来レリ」とある。■釈迦牟尼仏-(さかむにぶつ)-仏教の開祖の釈尊。釈迦は部族の名。牟尼は聖者の意。一説にその生没は前564~同484年とされる。ネパール地方のカピラ城主浄飯王の子、悉達太子。『今昔』はこの後に釈尊の略伝を載せる。■西天(さいてん)-西方の天竺国。■禿(かぶろ)なり-髪のないさま。無髪の頭も、当時は異様な印象を与えた。■人屋(ひとや)-牢屋、獄舎。■重くいましめて置け-厳重に縛り上げておけ。

■悪王-仏教に耳を貸そうとせず、仏の存在も認めようとしないで、僧たちのいでたちを、ただ異様なものと見て迫害を加え、仏教を敵視する王。■滅後なりとも-たとえ今が入滅後であろうとも。釈迦の没年に関しては、諸説があるが、紀元前484年前後とみておく。とすれば、秦の時代に先立つこと、約260年ということになる。■あらたに見給ふらん-霊験力を持ってその姿を現してくださることでしょう。■丈六-仏の一丈六尺(約4.85メートル)は普通には座った時の高さを言う。従ってここは立ち姿なので、それを上回る身の丈と想定しておきたい。■紫磨黄金(しまわうごん)-紫色を帯びた最上質の黄金。仏の三十二相の一つに、黄金の光を放つという属性がある。■獄門-重罪人を収容する格別に頑丈な造りの獄舎の門。

■漢には渡りけるなり-『打聞集』の類話では、後漢。『今昔』も「後漢の明帝の時」とする。一説に、中国への仏教の伝来は後漢・明帝の永平八年(65)といわれる。

備考・補足

■仏教の始祖である釈尊が、その死後においても神通力を発揮して信者を救出した霊験譚。キリスト教の布教に関しても本話によく似た次のような出来事が伝えられている。『新約聖書』の「使徒の宣教」第十二章に、聖ペテロが天使によって牢屋から救出される場面があり、第十六章では、聖パウロが救出され、その時には大地震とともに牢の戸が開き、すべての囚人の鎖がはずれたとされる。

朗読・解説:左大臣光永


<