宇治拾遺物語 15-11 後の千金の事

≫音声つき【古典・歴史】無料メールマガジンのご案内

スポンサーリンク

原文

今は昔、唐(もろこし)に荘子(さうじ)といふ人ありけり。家いみじう貧しくて、今日(けふ)の食物絶えぬ。隣に監河候(かんかこう)といふ人ありけり。それがもとへ今日(けふ)食ふべき料(れふ)の粟(ぞく)を乞ふ。河候が曰(いは)く、「今五日ありておはせよ。千両の金を得んとす。それを奉らん。いかでかやんごとなき人に、今日(けふ)参るばかりの粟をば奉らん。返す返すおのが恥なるべし」といへば、荘子(さうじ)の曰く、「昨日道をまかりしに、跡に呼ばふ声あり。願(かへり)見れば人なし。ただ車の輪跡(わあと)のくぼみたる所にたまりたる少水に(せうすい)に、鮒(ふな)一つふためく。何(なに)ぞの鮒にかあらんと思ひて寄りて見れば、少しばかりの水にいみじう大(おほ)きなる鮒あり。『何ぞの鮒ぞ』と問へば、鮒の曰く、『我は河伯神(かはくしん)の使(つかい)に、江湖(かうこ)へ行くなり。それがとびそこなひて、この溝に落ち入りたるなり。喉(のど)渇き死なんとす。我を助けよと思ひて呼びつるなり』といふ。答へて曰く、『吾(われ)今二三日ありて、江湖(かうこ)といふ所に遊びしに行(い)かんとす。そこにもて行きて放さん』といふに、魚の曰く、『さらにそれまでえ待つまじ。ただ今日一提(ひとひさげ)ばかりの水をもて喉をうるへよ』といひしかば、さてなん助けし。鮒のいひし事我が身に知りぬ。さらに今日(けふ)の命、物食はずは生くべからず。後(のち)の千の金(こがね)さらに益(やく)なし」とぞいひける。そりより、「後(のち)の千金」いふ事名誉せり。
                                                                         

現代語訳

今は昔、唐(もろこし)に荘子という人がいた。家はひどく貧しく、今日の食物もなくなってしまった。隣に監河候(かんかこう)という人がいた。その人の所へ、今日食う分の量の粟を譲ってくれるように頼みに行った。すると、河候が、「もう五日たってからおいでください。千両の金が入る事になっています。それをさしげましょう。どうして賢く貴いお方に、今日食べるだけのわずかな粟を差し上げる事ができましょうか。どう考えてみてもやはり私の恥になるでしょう」と言うので、荘子は、「昨日道を通ったら、後ろの方から呼ぶ声がする。振り返って見ても誰もいない。ただ轍跡のくぼんだ所にわずかなたまり水があり、鮒が一匹ばたばたと跳ねております。どのような鮒であろうかと思って近づいて見ますと、わずかばかりの水たまりに大きな鮒がいるのです。私が、『お前はどのよう鮒か』と尋ねますと、鮒が、『私は河の神の使いで江湖に行くところです。ところが飛びそこなって、この溝に落ち込んだのです。喉が渇いて死のうとしております。どうか助けて欲しいと思って呼んだのです』と言う。『私は、あとニ三日たてば、江湖という所に遊びに行こうとしているのだ。そこに持って行って放してやろう』と言うと、魚は、『とてもそれまでは待てないでしょう。ただ今日、提(ひさげ)一杯ほどの水で私の喉をうるしてください』と言ったので、そうして助けてやった。鮒が言ったことは我が身にも思い知った。今日の命は、物を食わずには生きてはいられない。時期が過ぎた後の千両の金は何の役にも立ちませぬ」と言った。それから、「後の千金」という言葉が有名になったのである。

語句

■荘子(さうじ)-中国・戦国時代の思想家(前365~同290)。楚の人、名は周。老子の思想を受け、儒教の人為的礼教を否定、無為自然・自然回帰の処世のあり方を主張した。■いみじう-ひどく。■絶えぬ-なくなった。■監河候(かんかこう)-伝未詳。底本及び諸本「かんあとう」。『荘子』により改訂。■今日(けふ)食ふべき料(れふ)の粟(ぞく)-今日食べるための分量の粟。私註が「あはにはあらず。ぞくといひて、いまだしらげざる米のことなり」と注するように、「粟」はもともと中国では稲・きびなどの外皮のついたままの実のこと。また五穀の総称でもあるが、後に「あわ」の意に転じた。■いま五日ありておはせよ-もう五日たっておいでください。■千両の金を得んとす-『荘子』には「我将ニ邑金ヲ得ントス。将ニ子ニ三百金ヲ貸サントス」とある。■やんごとなき人に-賢く貴いお方に。■今日(けふ)参るばかりの粟-今日召しあがるだけのわずかの粟。粟はここでは穀類のこと。■奉らん-さしあげられましょうか。■返す返す-どう考えてみてもやはり。■跡に-後ろの方で。■少水に-わずかな水に。■ふためく-ばたばたと苦しそうに跳ねている。■何ぞの鮒にかあらん-どのような鮒であろうか。■河伯神(かはくしん)-河の神。『荘子』には「我ハ東海ノ波臣也」とある。「波臣」は一説に鮒の異名とも。■江湖(かうこ)-大河と湖。水のたっぷりある場所。固有名詞とみてもよい。■さらにそれまでえ待つまじ-とてもそれまでは待てないでしょう。生きていることはできないでしょう。■一提(ひとひさげ)-堤いっぱいほどの水。「提」は酒などを入れてつぐためのつるの取っ手の付いた容器。■うるへよ-うるおして下さい。■さてなん助けし-そうしてやって助けた。鮒の言うとうりに少しの水を与えて救った。■知りぬ-思ひ知った。■生くべからず-生きていられない。■後の千の金(こがね)さらに益(やく)なし-必要な時が過ぎてから大金を与えられても何の意味もない。■名誉せり-有名になった。

備考・補足

■「轍鮒(てつぶ)の急」「後の千金」ということわざの由来譚。「遠水は近火を救わず」ともいわれるように、実際に役にたつか立たないかという基準で物を見る、物事を考えることの有効さを説く点に、いたずらに高邁な理想を追い求めてむだな犠牲を生み出すよりも、とりあえず現実の需要を着実に満たして犠牲者を出さない手立てを優先すべきだとする論法に、現実主義の立場が明白。

朗読・解説:左大臣光永