かぐや姫の発見と成長

スポンサーリンク

いまはむかし、たけとりの翁(おきな)といふものありけり。野山にまじりて竹をとりつつ、よろづのことにつかひけり。名をば、さぬきのみやつことなむいひける。その竹の中に、もと光る竹なむ一(ひと)すぢありける。あやしがりて、寄りてみるに、筒(つつ)の中(なか)光たり。それを見れば、三寸ばかりなる人、いとうつくしうてゐたり。

翁いふやう、「我(われ)朝ごと夕ごとに見る竹の中におはするにて知りぬ。子になりたまふべき人なめり」とて、手に打ち入れて、家へ持ちて来(き)ぬ。妻(め)の媼(おうな)にあづけてやしなはす。うつくしきこと、かぎりなし。いとをさなければ、籠(こ)に入れてやしなふ。

現代語訳

今では、もう昔のことになるが、竹取りのじいさんがいた。野山に入って、竹を取り、それを元にいろいろなものを作っていた。じいさんの名は讃岐(さぬき)の造(みやっこ)といった。その竹の中に根元が光っている竹が一本あった。不思議がって、近寄ってみると、竹筒の中が光っていた。それを見ると、三寸ばかりの小さくて、とてもかわいらしい人がいたのだった。

じいさんが言うには、「私が毎朝夕見ている竹の中にいらしたのでわかったのだ。自分たちの子供になってくれる人であろう」と言い、手の中に入れて家に持ち帰った。妻のばあさんに預けて育てた。このうえなくかわいらしい。とても幼かったので籠の中に入れて育てた。

語句

■いまはむかし 今では、もう昔のことになるが ■よろづ(万) いろいろ。さまざま。■けり 過去に存在したことを、今、確認する。■まじる 分け入る ■なめり 「なるめり」の約。なるように見える。
■めり 推量の助動詞 …ように見える。…ようだ。 ■たまふ(賜う) お与えになる。くださる。■いふよう 言うことには


たけとりの翁(おきな)、竹を取るに、この子を見つけて後(のち)に竹取るに、節(ふし)をへだてて、よごとに、黄金(こがね)ある竹を見つくることかさなりぬ。かくて、翁やうやうゆたかになりゆく。
この児(ちご)、やしなふほどに、すくすくと大きになりまさる。三月(みつき)ばかりになるほどに、よきほどなる人になりぬれば、髪あげなどとかくして髪あげさせ、裳着(もき)す。
張(ちゃう)の内(より)もいださず、いつきやしなふ。

現代語訳

たけとりのじいさんは、この子を見つけたあと、竹を取りにいくと、節と節との間に黄金が入った竹を見つけることがたび重なった。こうして、じいさんは、しだいに豊かになってゆく。
この幼児は育てるうちにぐんぐん大きくなっていく。三か月ほど経つと、一人前の人になってしまったので、髪あげの祝いなどあれこれして髪をあげさせ、裳を着せる。
まったくの御姫様扱いで帳の中からも出さないで、たいせつに育てる。

語句

■よ 節と節との間 ■やうやう だんだん。しだいに。■まさる(増さる) 数量や程度が増える ■髪あげ 肩のあたりまで垂らしていた童女の髪型を結びあげること。同時に成人式のことをいう。 ■とかくして あれこれと手配して ■裳 「裳」は成人女性の正装。これを着せる儀式も成人式である。ふつうは髪あげと同時に行う。貴族の娘と同じ扱いをしている。■張 几帳(きちょう)。貴族の娘のように大切にしている。■いつき(斎き) 大切に


 

この児のかたちの顕証(けそう)なること世になく、屋(や)の内は暗きところなく光みちたり。翁、心地悪しく苦しき時も、この子を見れば苦しきこともやみぬ。腹立たしきこともなぐさみけり。
翁、竹を取ること、久しくなりぬ、勢(いきほひ)、猛(まう)の者(もの)になりにけり。この子いと大きになりぬれば、名を、御室戸斎部(みむろどいむべ)の秋田(あきた)を呼びてつけさす。秋田、なよ竹のかぐや姫と、つけつ。このほど、三日、うちあげ遊ぶ。よろづの遊びをぞしける。男(をとこ)はうけきらわず招(よ)び集(つど)へて、いとかしこく遊ぶ。

現代語訳

この女の子の容貌の鮮やかさは世にたぐいなく、輝くばかりに美しいので、家の中は暗いところとてなく、光が満ち満ちている。じいさんは気分が悪く、苦しい時もこの子を見ると、苦しいこともなくなってしまう。腹立たしいこともまぎれてしまうのである。
竹とりじいさんは、その後も、相変わらず黄金入りの竹を取って暮らしていた。だから富豪になったのである。この子がたいそう大きくなったので御室戸斎部の秋田を招いて名をつけさせる。此の時、三日間というものは、命名式を祝って、声をあげて歌を歌い、管弦を奏する。あらゆる音楽を奏したのである。男という男、誰でもかまわず招き集めて、たいそう盛大に管弦を奏する。

語句

■顕証(けそう) (名・形動ナリ)はっきりしていること。あらわであること。■屋 家。家屋。部屋。■なぐさむ(慰む) #(自マ四){ま|み|む|む|め|め}気持ちがおさまる。心が安まる。気がまぎれる。■ひさし 長い時間が経ったさま ■猛の者 盛んな者→富豪

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク