大伴(おおとも)の大納言と龍(たつ)の頸(くび)の玉

スポンサーリンク

≪大伴御行、龍の頸の玉を取れと命ず≫

大伴御行(おおとものみゆき)の大納言(だいなごん)は、我(わ)が家にありとある人集めて、のたまはく、「龍(たつ)の頸(くび)に、五色(ごしき)の光りある玉あなり。それを取りて奉(たてまつ)りたらむ人には、願(ねが)はむことをかなへむ」とのたまふ。

男(をのこ)ども、仰(おほ)せのことをうけたまはりて申さく、「仰せのことは、いとも尊(たふと)し。ただし、この玉、たはやすくえ取らじを。いはんや、龍の頸に玉はいかが取らむ」と申しあへり。

大納言ののたまふ、「君(きみ)の使(つかひ)といはむ者は、命(いのち)を捨(す)てても、おのが君の仰せごとをばかなへむとこそ思ふべけれ。この国になき、天竺(てんぢく)、唐土(もろこし)の物にもあらず。この国の海山より、龍は下(お)り上(のぼ)るものなり。いかに思ひてか、汝(なんぢ)ら難(かた)きものと申すべき」。

男(をのこ)ども、申すやう、「さらば、いかがわせむ。難きものなりとも、仰せごとに従ひて、求めにまからむ」と申すに、大納言、御腹ゐて、「汝ら、君の使と名を流しつ。君の仰せごとをば、いかがはそむくべき」とのたまひて、龍の頸の玉取りにとて、いだし立てたまふ。

この人々の道の糧(かて)、食物(くひもの)に、殿(との)の内(うち)の絹(きぬ)、綿(わた)、銭(ぜに)など、あるかぎり取りいでて、そへて、つかはす。

「この人々ども帰るまで、斎(いも)ひをして、我(われ)はをらむ。この玉取り得(え)では、家に帰り来(く)な」とのたまはせけり。各々(おのおの)、仰せうけたまはりてまかりぬ。

「龍(たつ)の頸(くび)の玉取り得ずは帰り来な」と、のたまへば、「いづちもいづちも、足の向きたらむ方(かた)へ往(い)なむず」、「かかるすき事をしたまふこと」とそしりあへり。賜(たま)はせたる物、各々(おのおの)、分(わ)けつつ取る。あるいは己(おの)が家に籠(こも)りゐ、あるいは、己(おの)が行(ゆ)かまほしき所へ往(い)ぬ。「親、君と申すとも、かくつきなきことを仰せたまふこと」と、事ゆかぬ物ゆゑ、大納言をそしりあひたり。

「かぐや姫据ゑむには、例のやうには見にくし」とのたまひて、うるはしき屋を(や)を作りたまひて、漆(うるし)を塗(ぬ)り、蒔絵(まきゑ)して、壁(かべ)したまひて、屋の上には糸を染めて、色々に葺かせて、内々(うちうち)のしつらひには、いふべきもあらぬ綾織物(あやおりもの)に絵(ゑ)をかきて、間毎(まごと)に張(は)りたり。元(もと)の妻(め)どもは、かぐや姫をかならずあはむまうけして、ひとり明かし暮(く)らしたまふ。

現代語訳

大伴御行大納言(おおとものみゆきだいなごん)は、自分の邸内の家来全員を集めて、命令した。「龍の頸には五色の光を放つ玉があるそうだ。それを取ってくることができた者には、願い事を叶えてやろう」とおっしゃる。

家来たちは、大納言の命令を聞いて、「ご命令はまったく尊重すべきことと存じます。ただし、この玉は簡単には取ることができないものですが…。
まして、龍の頸にある玉をどのようにして取りましょうか」と口々に言うのだった。

それを見た大納言は激怒した。「主君に派遣されている者は、命を捨ててでも、みずから主君の命令をかなえようと思うべきだ。この日本に無い物ではない、インド、中国の物でもない。日本の海山から、龍は、昇り降りするものだ。お前たちは、どう思って、それを困難だと申すのか」。

家来たちは震えあがって、「命令とあらばいたしかたありません。難しいことですが、ご命令に従って探し求めにまりましょう」と答えたので、大納言は、機嫌を直して、「お前たちは主君の家来として、世間に知られている。その主君の命令にどうしてそむけようか」とおっしゃって、龍の頸の玉を取るために家来たちを出発させなさる。

この家来たちの道中の食物の他にお屋敷にある絹、綿、銭など、あるかぎりのものを取り出して持たせておやりになる。

「この連中が帰るまで、わしは精進潔斎していよう。この玉を手に入れることができなければ、家に帰ってくるな」と大納言は厳命した。家来たちは、各自、命令を拝誦(はいしょう)して、出発した。

しかしそれは表向き、「龍の頸の玉を取ることができなければ帰って来てはならん」と命令されたので、「どっちでもよい、足の向いた方向へ行ってしまおう」とか、「こんな物好きなことをなさって」とか文句を言い合っている。

下賜(かし)されたものは、各々で分けて取る。ある者は、自分の家に籠ってしまう者もいる。ある者は、自分が行きたいところへ行ってしまう。「親や主君とは申しても、このように無理なことを命令するとは」と、事が事で、簡単に運ばぬゆえに、大納言を非難しあっている。

「かぐや姫を妻に据えるにはふだんのままでは見苦しい」とおっしゃって、立派な建物を建築して、漆を塗り、蒔絵を用いて、壁をお作りになり、建物の上には、糸を染めて色々な色に葺かせ、内装は、言葉で言い表せられないほど豪華な綾織物に絵を書き、柱と柱の間全体に張ってある。前からいた妻たちは別居させて、かぐや姫と必ず結婚しようと考え、準備して、一人で生活していらっしゃる。

語句

■あなり-「あンなり」と読む。あるということだ。あるようだ。■奉りたらむ-奉っただろう。奉っているだろう。完了の助動詞「たり」の未然形「たら」+推量の助動詞「む」■男(をのこ)-仕えている男 ■龍の頸に玉-龍の頸にある球 ■腹ゐて-「腹立つ」の反対。腹立ちがなおって。機嫌がよくなって。■いかがはせむ-①反語を表す。どうしようか(いや、どうしようもない)。しかたがない。■糧-旅行用の食料。これを、もう一度「食物」と言い直したのである。■つかはす-派遣なさる。■斎(いも)ひ-心身を清め、けがれを避けること。精進潔斎。■いづちもいづちも-どこへなりと。どこへでも。■往(い)なむず-「往なむとす」の約。「往なむ」の意味をさらに強めた言い方。 ■すき事-物好きなこと ■まほしき-助動詞「まほし」の連体形。希望「タイ」■つきなきこと-どうしようもないこと。無理なこと。不都合なこと。■事なき-満足に事が運ばない。らちがあかないの意。 ■例-普通。並み。ありきたりのこと。■蒔絵(まきゑ)して-蒔絵を用いて。■糸を云々-糸で屋根を葺くのは不思議だが、本文の乱れでは無いことが知られている。■間毎-柱と柱の間すべて、つまり部屋全体に。■元の妻どもは-山岸本には「もとのめどもはかへし給ひて」とあって、よくわかるが、おそらくは後から考えて補ったものであろう。「元の妻どもは」の後に「さりて」などの語があったと考えられる。■まうけ-「設け」。準備。用意。■明かす-明るくする。灯をともす。


≪大納言みずから、海上に出て大難にあう≫

つかはしし人は、夜昼(よるひる)待ちたまふに、年越(としこ)ゆるまで、音もせず。心もとながりて、いと忍びて、ただ舎人(とねり)二人、召継(めしつぎ)として、やつれたまひて、難波(なには)の辺(へん)におはしまして、問ひたまふことは、「大伴(おほとも)の大納言殿(どの)の人や、船に乗りて、龍(たつ)殺して、そが頸の玉取れるとや聞く」と、問はするに、船人(ふなびと)、答へていはく、「あやしき言(こと)かな」と笑ひて、「さるわざする船もなし」と答ふるに、「をぢなきことする船人にもあるかな。え知らで、かくいふ」と思(おぼ)して、「わが弓の力は、龍あらば、ふと射殺(いころ)して、頸の玉は取りてむ。遅く来る奴(やつ)ばらを待たじ」とのたまひて、船に乗りて、海ごとに歩(あり)きたまふに、いと遠くて、筑紫(つくし)の方(かた)の海に漕(こ)げいでたまひぬ。

いかがしけむ、疾(はや)き風吹きて、世界暗(くら)がりて、船を吹きもて歩(あり)く。いづれの方(かた)とも知らず、船を海中(うみなか)にまかり入(い)りぬべく吹き廻(まは)して、浪(なみ)は船にうちかけつつ巻き入れ、雷(かみ)は落ちかかるやうにひらめきかかるに、大納言心惑(だいなごんこころまと)ひて、「まだ、かかるわびしき目、見ず。いかならむとするぞ」とのたまふ。

梶取(かぢとり)答へて申す。「ここら船に乗りてまかり歩(あり)くに、まだかかるわびしき目を見ず。御船(みふね)海の底に入らずは、雷(かみ)落ちかかりぬべし。もし、幸(さいはひ)に神の助けあらば、南海に吹かれおはしぬべし。うたてある主(ぬし)の御許(みもと)に仕(つか)うまつりて、すずろなる死(し)にをすべかめるかな」と、梶取泣く。

大納言、これを聞きて、のたまはく、「船に乗りては、梶取の申すことをこそ高き山と頼め、など、かくたのもしげなく申すぞ」と、青(あを)へとをつきてのたまふ。
梶取答へて申す、「神ならねば、何わざをか仕うまつらむ。風吹き、浪(なみ)激しけれども、雷(かみ)さへ頂(いただき)に落ちかかるやうなるは、龍(たつ)を殺さむと求めたまへばあるなり。疾風(はやて)も、龍(りゅう)の吹かするなり。はや、神に祈りたまへ」といふ。

「よきことなり」とて、「梶取の御神聞(きこ)しめせ。をぢなく、心幼く、龍(たつ)を殺さむと思ひけり。今より後(のち)は、毛の一筋(ひとすぢ)をだに動かしたてまつらじ」と、よごとをはなちて、立ち、居(ゐ)、泣く泣く呼ばひたまふこと、千度(ちたび)ばかり申したまふ験(げん)にやあらむ。やうやう雷(かみ)鳴りやみぬ。少し光りて、風は、なほ、疾(はや)く吹く。梶取のいはく、「これは、龍(たつ)のしわざにこそありけれ。この吹く風は、よき方(かた)の風なり。悪(あ)しき方の風にはあらず。よき方に面向(おもむ)きて吹くなり」といへども、大納言は、これを聞き入れたまはず。

三四日吹きて、吹き返し寄せたり。浜を見れば、播磨(はりま)の明石(あかし)の浜なりけり。大納言、南海の浜に吹き寄せられたるにやあらむと思ひて、息づき臥(ふ)したまへり。船にある男(をのこ)ども、国に告げたれども、国(くに)の司(つかさ)まうでとぶらふにも、え起き上がりたまはで、船底(ふなぞこ)に臥したまへり。

松原に御筵(おほんむしろ)敷きて、おろしたてまつる。その時にぞ、南海にあらざりけりと思ひて、からうじて、起き上がりたまへるを見れば、風いと重き人にて、腹(はら)いとふくれ、こなたかなたの目には、李(すもも)を二つつけたるやうなり。これを見たてまつりてぞ、国の司も、ほほゑみたる。

現代語訳

大納言は、派遣した家来からの連絡を、夜も昼も待っておられたが、その年が過ぎても何の連絡もない。いらいらした大納言は、ほんのお忍びで、立った二人の護衛菅を案内役にして、難波(大阪)の港まで出かけた。二人に命じて、「大伴の大納言殿の家来が、ここから船出して、龍を殺し、その頸の玉を手に入れたという話を耳にしたことはないか」と尋ねさせた。

ある船長は、「不思議なはなしですなあ」と笑って、「そんな仕事をする船なんかいませんよ」と答えた。「臆病な船長よなあ。このわしの力を知らないから、あんなことを言うのだ」と、むらむらと反発心を起こして、「私の弓の力からすれば、龍がいたら、さっと射殺して、頸の玉を取ってしまえるだろう。遅れてやってくる家来どもなど、待つまい」とおっしゃって、船に乗り、龍をさがしにあちこちの海をおまわりになるうちに、たいそう遠いことだが、筑紫の方の海にまで漕ぎ出しなさった。

ところが、どうしたことか、疾風(はやて)が吹き出し、あたり一面暗くなって、船を翻弄(ほんろう)する。どこにいるのかさえわからず、ただもう海のなかに没してしまうほどに風が船を翻弄し、波は何度も船に打ちかかって、海中に巻き入れんばかりになり、雷は、今にも落ちそうにひらめきかかるので、大納言は当惑して、「いままで、こんなに苦しい目にあったことがない。どうなるのだ」とおっしゃる。

船頭が答えて、申すには、「長い間、ここのあたりを、船に乗って、あちこち動きまわりましたが、いまだ、こんなに苦しい目にあったことがございません。御船が
海の底に沈まなければ、雷が落ちかかってくるにちがいありません。万一、神の助けがあるならば、風に吹かれて、南の海に漂着なさるでしょう。情けない主人にお仕え申し上げて、不本意な死に方をしなければならぬようですよ」と泣くのである。

大納言がこれを聞いて、おっしゃるには、「船に乗ったら船頭の言葉だけを高い山を仰ぐように信頼するものなのだ。なのに、どうしてそんな頼りないことを言うのか」とあまりの船酔いに青反吐(あおへど)を吐きつつ、おっしゃる。船頭が答えて申し上げるには、「私は神ではないのだから、どんなことをしてさしあげられましょうか。風吹き、浪激しく、そのうえ、雷まで頭の上に落ちかかるようなのは、ふつうではなく、龍を殺そうと探していらっしゃるから、こうなっているのです。疾風(はやて)も龍が吹かせているのです。はやく、神様にお祈りなさってくだされ」と言う。

大納言は「それはよいことだ」とおっしゃって、「船頭がお祭りする神様、お聞きください。ばかばかしく、心幼く龍を殺そうと思いました。いまからのちは、龍の毛一本すら動かし奉ることはありますまい」と誓願の詞(ことば)を放って、立ったり、座ったり、泣く泣く神様に呼びかけなさることを、千度ほども申しあげなさった効果があったのだろうか、やっとのことで雷が鳴りやんだ。しかし、まだ、少し光って、風は、やはり、はやく吹いている。船頭が言うには、「やはり、これは龍の仕業(しわざ)であった。いま吹いてきた風は、よい方向に吹く風だ。悪い方向へ吹く風ではなく、よい方向に向かって吹いているようだ」と言うが、大納言は、この言葉もお耳に入れようとなさらない。

三四日順風が吹いて、船を陸地に吹き返し寄せた。船頭が浜を見ると、なんと、それは播磨(はりま)の明石(あかし)の海岸であったのである。大納言は、これは南海の浜に吹き寄せられたのであろうと思い、息も荒く、くたばっておられる。船に乗っていた家来たちが、国府(こくふ)に告げたけれども、また、国司(こくし)の播磨(はりま)の守(かみ)がお見舞いにやってきたのにも、起き上がることがおできにならないで、船底に寝ていらっしゃる。

松原に御むしろを敷いて、船から下し申しあげる。そのときになって、「南海ではなかったのだよ」と思い、やっとのことで起き上がりなさったのを見ると、風病にひどくかかった人のようになり、腹はたいそう膨れ、こちらとあちらの目は、李(すもも)を二つつけたように、真っ赤になっている。このさまを拝見して、国司もさすがににやにやしている。

語句

■舎人-雑用をするために朝廷から貴人に賜う付け人。■召継-貴人と一般の人との間の言葉の取次など、身の回りの雑用をする者。■やつれたまひて-目立たないようにみすぼらしい服装をすること。■をぢなきことをする船人-たいしたしごとのできないだめな船人 ■さるわざ-「さる」はそんな、「わざ」は仕事。■奴ばら-「奴」は相手を卑しめ、ののしっていう。「ばら」は人に関する名詞について複数を表すが、やはり軽視したニュアンスを持つ。 ■船を吹きもて歩(あり)く-風が吹き、あちらこちらへ船を漂わせる。 ■まかり-物語の聞き手に対して丁重な気持ちをそえる。■歩(あり)く-徒歩に限らない。この場合は「航行する」こと。■梶取-船の運航を司る人。船頭。 ■わびしき-苦しい ■ここら-寮が多いことを表す副詞。■入らずは-入らないならば。「は」は本来「ば」であるが、打消しの「ず」に続く場合は「は」と清音になる。■南海-南の方の海。日本から遠く離れてしまうである。■うたてある-嘆かわしい。不愉快な。■すずろなる-思いがけない

■青へと-「青反吐」。げろ。 ■つきて-吐いて ■梶取の御神-梶取が祭主となって船内に祭る神。航海の安全を守る神。現在でも船霊(フナタマ)・船神さま(フナガミサマ)・オフナサマなどといって船に祭られ、漁民・船乗りの間で信仰されている。本神は、摂津国住吉郡(大阪市住吉区)の船玉神社であろう。■毛の一筋をだに-龍の毛の一本すらも。■よごと-寿詞。神を寿(ことほ)ぎ、祝う詞。「はなつ」は「声を発する」の意。ただし、「余事を放ちて」として、他の事はすべて放念して、と解しえぬこともない。■験(げん)-「効果」「ききめ」。「に」は断定の助動詞「なり」の連用形。■これは龍の云々-これはすべて龍のしわざであったよ ■よき方の風-自分が行きたい方向へ吹く風 ■吹くなり-「なり」は推定の助動詞 ■三四日吹きて-良い方向の風が三四日吹いて ■浜-物語の書き手は結果を知った書き方をとっている。「吹き返し寄せたり」と、帰って来たことを知っているのである。「浜を見れば…」とあって、物語り手(物語の作者)も同船して「浜を見」て「明石の浜なりけり」と感動の声をあげたような書き方になっていることに注意。しかし、大納言はそれを知らずに、「南海の浜に吹き寄せられたるにや」と思っているのである。

■「お起あがりたまへるを見れば」-「お起あがりたまへるを見れば」とここでも物語り手が見ているという書き方である。■風病-現在の風邪よりも広い範囲の病。現在言う風邪の他に、多分に神経性疾患の要素があって、疾病の原因をすべて風毒に帰する古代中国医学の影響を思わせるものがある。


≪大納言かぐや姫を断念し、家来たちを許す≫

国に仰(おほ)せたまひて、手輿(てごし)作らせたまひて、にょふにょふ荷(にな)はれて、家(や)に入(い)りたまひぬるを、いかでか聞きけむ、つかはしし男(をのこ)ども参りて申すやう、「龍(たつ)の頸(くび)の玉(たま)をえ取らざりしかばなむ、殿(との)へもえ参らざりし。玉の取り難(がた)かりしことを知りたまへればなむ、勘当(かんどう)あらじとて参りつる」と申す。

大納言起きゐて、のたまはく、「汝(なんぢ)ら、よく持(も)て来(こ)ずなりぬ。龍は鳴る雷(かみ)の類(るい)にこそありけれ、それが玉を取らむとて、そこらの人々の害(がい)せられむとしけり。まして、龍を捕へたらましかば、また、こともなく、我は害せられなまし。よく捕らえずなりにけり。かぐや姫てふ大盗人(おほぬすびと)の奴(やつ)が人を殺さむとするなりけり。家のあたりだに今は通らじ。男どもも、な歩(あり)きそ」とて、家に少し残りたるける物どもは、龍の玉を取らむ者どもに賜(た)びつ。

これを聞きて、離れたまひし元(もと)の上(うえ)は、腹を切りて笑ひたまふ。糸を葺(ふ)かせ作りし屋(や)は、鳶(とび)、烏(からす)の、巣に、みな食(く)ひ持(も)ていにけり。

世界の人のいひけるは、「大伴(おほとも)の大納言は、龍の頸の玉や取りておはしたる」、「いな、さもあらず。御眼(みまなこ)二つに、李のやうなる玉をぞ添(そ)へていましたる」といひければ、「あな、たべがた」といひけるよりぞ、世にあはぬことをば、「あな、たへがた」とはいひはじめける。

現代語訳

国府に命令を発し、手輿(たごし)をお作らせなさって、うめきうめき担(にな)われて、家に入られたのを、どうして聞いたのだろうか、先に大納言の命で派遣された家来達が、帰参して申し上げるには、「龍の頸の玉を取ることができなかったので、お邸(やしき)へも帰参できませんでした。しかし、今は、玉を取ることが困難なことをお知りになったので、おとがめもあるまいと存じ帰参しました」と申しあげる。

大納言が、起き上がり、座って、おっしゃるには、「おまえたち、龍の頸の玉をよくぞ持って来なかった。龍は空に鳴る雷と同類であったぞ。その玉を取ろうとして、たくさんの人々が殺されようとしたのである。まして、龍を捕らえたりしようものなら、また、問題なく私は殺されていただろう。おまえたちもよく捕らえずにおいてくれたことだ。かぐや姫と言う大悪党めが、人を殺そうとして、こんな難題を出したのだった。もう今後は、やつの邸のあたりすらも通るまい。家来どもも、あのあたりを歩いてはならぬ」とおっしゃって、家に少し残っていた財産などは、龍の玉を取らなかった功労者たちにお与えになった。

これを聞いて、離別なさった元の奥方(おくがた)は、腹わたがちぎれるほどにお笑いになる。あの糸を葺(ふ)かせて作ったきれいな屋形(やかた)は、鳶(とび)や烏(からす)が、巣を作るために、みなくわえて持って行ってしまったのである。

世間の人が言うことには、「大伴(おおとも)の大納言は、龍の頸の玉を取っていらっしゃったのか」、「いや、そうではない。御眼(みまなこ)二つに、李(すもも)のような玉をつけていらっしゃったよ」と言うと、「ああ、その李は食べがたい」と言ったことから、世間の道理に合わぬ、常識はずれのことを「あな、堪え(へ)がた」と言い始めたのである。

語句

■国-国ごとの地方行政府。国司の役所。■手輿-前後二人で腰のあたりまで持ち上げて運ぶ輿。■仰せたまひて-「たまふ」は尊敬の補助動詞。お仰せになる。仰せなさる。■にょふにょふ-うめきうめき。動詞の終止形を二つ重ねているのである。■家(や)-都の家 ■つかはしし男ども-先に龍の頸の玉を取るために遣わした家来たち ■勘当-もと罪を勘(かんが)え、法に当てて処罰する意。転じて、主君の怒りに触れてこらしめられること。■よく-本当に良かったという気持ちを表す。よくぞ。■そこらの-多数の。■ましかば-「ましかば…まし」の形。事実はそうではなかったが、もし…であれば…のようになっていたであろう。■大盗人-盗人に限らず、悪い奴、悪党というような意味で相手をののしるのに用いる慣用語。■男ども-家来たち。■龍の玉を取らぬ者どもに賜びつ-この言い廻しに注意。作者はユーモアを解する人物であろう。 ■離れたまひし元の上-別居なさっていた元の奥方。ただし、前には「元の妻ども」と複数になっていたが、ここでは「元の上」と単数になり、「妻(め)」ではなく、「上」となっている。「上」は、はっきりと奥方の待遇を与えられた妻。■腹を切りて云々-はらわたがよじれて切れるほどにお笑いになる。■巣に-巣に持って行った。巣にするために持って行った。「に」の意の取り方により、両様に解しうる。■李のやうなる-「玉は玉でも李のような玉を持っていらっしゃった」という気持ちでの発言。■あな、たべがた-「あな」は、感動詞。「たべがた」は「食べがたし」という形容詞の語幹。形容詞語幹で文を中止するのは一種の感動表現。「食べ難し」と「堪え難し」とを掛けた洒落。■いひけるよりぞ-「…といひけるその時よりぞ」「…といひけるその事よりぞ」、と二つの解が成り立ちうる。■世にあはぬこと-世間の常識から外れたことの意。■「あな、たへがた」-ああ、堪えがたいことだ。どうにもならず困ったことだ。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク