平家物語 六十五 若宮出家(わかみやしゆつけ)

原文

平家の人々は、宮ならびに三位入道の一族、三井寺の衆徒、都合五百余人が頸(くび)、太刀、長刀のさきにつらぬき、たかくさしあげ、夕(ゆふべ)に及ンで、六波羅へかへりいる。兵者(つはもの)どもいさみののしる事、おそろしなンどもおろかなり。其(その)なかに源三位入道の頸(くび)は、長七唱(ちやうじつとなふ)がとツて、宇治河のふかき所にしづめてンげれば、それはみえざりけり。子供(こども)の頸は、あそこここよりみな尋ねいだされたり。なかに宮の御頸(おんくび)は、年來(としごろ)参りよる人もなければ、見知り参らせたる人もなし。先年点薬頭定成(てんやくのかみさだなり)こそ御療治(ごれうじ)のために召されたりしかば、それぞ見知り参らせたるらんとて、召されけれども、現所労(げんじよらう)とて参らず。宮の常に召されける女房とて、六波羅へ尋ねいだされたり。さしもあさからずおぼしめされて、御子(おんこ)をうみ参らせ、最愛(さいあい)ありしかば、いかでかみみそんじ奉るべき、只一目み参らせて、袖(そで)をかほにおしあてて、涙をながされけるにこそ、宮の御頸(くび)とは知りてンげれ。

此宮(このみや)は、腹々(はらばら)に御子(おんこ)の宮たちあまたわたらせ給ひけり。八条女院に(はつでうのにようゐん)に、伊予守盛章(いよのかみもりのり)が娘、三位局(さんみのつぼね)とて候はれける女房の腹(はら)に、七歳の若宮、五歳の姫宮(ひめみや)ましましけり。入道相国、おとと池の中納言頼盛卿(ちゆうなごんよりもりのきやう)をもツて、八条女院(はちでうのにようゐん)へ申されけるは、「高倉の宮の御子の宮達のあまたわたらせ給ひ候(さうらふ)なる。姫宮の御事(おんこと)は申すに及ばず。若宮をばとうとういだし参らツさせ給へ」と申されたりければ、女院御返事(おんへんじ)には、「かかるきこえのありし暁(あかつき)、御乳人(おちのひと)なンどが心をさなう具(ぐ)し奉(たてま)ツてうせにけるにや、まツたく此御所にはわたらせ給はず」と仰せければ、頼盛卿(よりもりのきやう)力及ばで、此よしを入道相国に申されけり。「何条(なんでう)其御所ならでは、いづくへかわたらせ給ふべかんなる。其儀(そのぎ)ならば武士(ぶし)ども参ツてさがし奉れ」とぞ宣ひける。この中納言は、女院の御(おん)めのと子(ご)、宰相殿(さいしやうどの)と申す女房に相具(あひぐ)して、常に参りかよはれければ、日来(ひごろ)はなつかしうこそおぼしめされけるに、此宮の御事(おんこと)申しに参られたれば、いまはあらぬ人のやうに、うとましうおぼしめされける。若宮、女院に申させ給ひけるは、「これ程の御大事に及び候うへは、つひにのがれ候まじ。とうとういださせおはしませ」と申され給ひければ、女院御涙をはらはらとながさせ給ひて、「人の七つ八つは、何事もいまだ思ひわかぬ程ぞかし。それにわれゆゑ大事のいでいたる事を、かたはらいたく思ひて、かやうに宣ふいとほしさよ。よしなかりける人を、此六七年手ならして、かかるうき目をみるよ」とて、御涙をせきあへさせ給はず。

頼盛卿(よりもりのきやう)、宮(みや)いだし参らツさせ給ふべきよし、かさねて申されければ、女院力およばせ給はで、つひに宮をいだし参らツさせ給ひけり。御母三位(おんははさんみ)の局(つぼね)、今をかぎりに別(わかれ)なれば、さこそは御名残(なごり)惜しう思はれけめ。泣く泣く御衣(ぎよい)着せ奉り、御(おん)ぐしかきなで、いだし参らせ給ふも、ただ夢とのみぞ思はれける。女院をはじめ参らせて、局の女房、女(め)の童(わらは)にいたるまで、涙をながし袖(そで)をしぼらぬはなかりけり。頼盛卿、宮(みや)うけとり参らせ、御車(おんくるま)に乗せ奉って、六波羅(ろくはら)へわたし奉る。

前右大将宗盛卿(さきのうだいしやうむねもりのきやう)、此宮(この)をみ参らせて、父の相国禅門の御(おん)まへにおはして、「なにと候やらん、此宮をみ奉るが、あまりにいとほしう思ひ参らせ候。理(り)をまげて此宮の御命(おんいのち)をば、宗盛にたび候へ」と申されければ、入道、「さらばとうとう出家をせさせ奉れ」とぞ宣ひける。宗盛卿此よしを八条女院(はつでうのにようゐん)に申されければ、女院、「なにのやうもあるべからず。ただとうとう」とて法師になし奉り、尺子(しやくし)にさだまらせ給ひて、仁和寺(にんわじ)の御室(おむろ)の御弟子(おんでし)になし参らツさせ給ひけり。後(のち)には東寺(とうじ)の一(いち)の長者(ちやうじや)、安井の宮の僧正道尊(だうそん)と申ししは、此宮の御事(おんこと)なり。

現代語訳

平家の人々は、宮ならびに三位入道の一族、三井寺の衆徒、総勢五百余人の首を、太刀、長刀の先に貫き、高く差し上げ、夕方になって、六波羅へ帰りついた。

兵たちが勇みさわぐ事は、恐ろしいという言葉では足りないくらいだ。その中に源三位入道の首は、長七唱(ちょうじつとなう)がとって、宇治川の深い所に沈めてしまったので、それは見えなかった。

子らの首は、あちこちから皆探し出された。中に高倉宮の御首は、長年参り寄る人もなかったので、見知り申し上げる人もない。先年典薬頭(てんやくのかみ)定成(さだなり)が御療治のために召されたので、それが見知り申し上げているだろうと、召されたが、今は病気ということで参らない。

高倉宮が常に召されていた女房ということで、六波羅に尋ね出された。たいそう深くご寵愛されていたので、御子を生み申し上げ、最愛の女房であったので、どうして見誤り申し上げることがあろうか。ただひと目拝見して、袖を顔に押し当てて、涙を流されたことで、高倉宮の御首と知られたのだった。

この宮(高倉宮)は、複数の女性の腹から生まれた宮たちが、多くいらっしゃった。

八条女院に、伊予守盛章(もりのり)の娘、三位局(さんみのつぼね)といってお仕えなさっている女房の腹に、七歳の若宮、五歳の姫宮がいらっしゃった。

入道相国は、弟池の中納言頼盛卿によって八条女院に申し上げなさることは、

「高倉宮の御子の宮たちが多くいらっしゃるということですね。姫宮の御事は申すに及びません。若宮をはやく差し出し申し上げください」

と申されたところ、女院の御返事は、

「このように(高倉宮の若宮を捕らえるという)噂のあった明け方、乳母などが幼稚な考えでお連れ申し上げたのでしょうか。まったくこの御所にはいらっしゃいません」

とおっしゃるので、頼盛卿は力及ばず、この事を入道相国に申し上げなさった。

「どうしてその御所でなくて、どこへいらっしゃるだろう。そういう事なら武士ども参って探し申し上げよ」

とおっしゃった。

この中納言(頼盛)は、八条女院の御めのと子である宰相殿と申す女房と連れ添って常に(八条女院の御所へ)参り通われていたので、(八条女院は頼盛を)日頃は親しみ深く思われていたが、(頼盛が)この宮(高倉宮の若宮・姫宮)の御事を申しに参られたので、(八条女院は頼盛のことを)いまは別人のように、うとましく思われた。

若宮が女院に申し上げなさることは、

「これ程の御大事に及びました上は、最後には逃れることができませんでしょう。はやくはやく、私を差し出してください」

と申し上げなさると、女院は御涙をはらはらと流されて、

「人の七つ八つは、何事をもいまだ思い分けられない年齢ですよ。それなのにわがために大事の出来したことを、いたたまれなく思って、このようにおっしゃる愛おしさよ。縁のなかった人を、この六七年手ずから育てて、このような悲しい目を見ることよ」

といって、御涙をせきとめることがおできにならない。

頼盛卿が、宮を差しされるべきことを、かさねて申されると、女院はなされようがなく、ついに宮を差し出された。

御母三位の局、今が最後の別れであるので、さぞかし御名残惜しく思われたであろう。

泣く泣く御衣を着せ申し上げ、御ぐしかきなで、差し出し申し上げなさるのも、ただ夢とばかりに思われた。

女院をはじめ、三位局に仕える女房、女の童にいたるまで、涙を流し袖をしぼらぬ者はなかった。

頼盛卿は、宮をお受け取りし、御車にお乗せして、六波羅へわたし申し上げる。

前右大将(さきのうだいしょう)宗盛卿(むねもりのきょう)、この宮を拝見して、父の相国禅門の御前にいらっしゃって、

「何ということでしょう。この宮を拝見するに、あまりに愛おしく思い申し上げます。道理をまげてこの宮の御命を、宗盛にあずけてください」

と申されたところ、入道、

「ならばさっさと出家をさせ申し上げよ」

とおっしゃった。

宗盛卿このことを八条女院に申されると、女院は、

「何の異存もあろうはずもない。ただはやくはやく」

といって法師になし申し上げて、仏弟子にしたてなさって、仁和寺の御室の御弟子になし申し上げなさった。

後には東寺の一の長者、安井の宮の僧正道尊と申したのは、この宮の御事である。

高倉宮ご謀叛の時、調伏の法を受け持たれて修された僧たちに恩賞が与えられた。前右大将宗盛卿の子息、侍従清宗は三位に叙せられ、三位侍従(さんみのじじゅう)と申した。

今年わずかに十二歳、父の(宗盛)卿もこの年齢の時は、兵衛佐(ひょうえのすけ)でいらしたか。

たちまちに公卿に上がりなさる事は、摂政・関白の公達のほかは、いまにうかがったことがない。

「源以仁(みなもとのもちひと)、頼政法師追討の賞」と、除目の理由書きには記してあった。

源以仁とは高倉宮を申したのだ。偽りない太政法皇(後白河法皇)の皇子を討ち申し上げるだけでも酷いことなのに、臣下の位にまでお下ろしするとは呆れたことだった。

語句

■定成 和気定成。定相の子。典薬頭は典薬寮の長官。典薬寮は医薬をつかさどる役所。 ■現所労 現在は病気である。 ■腹々に 複数の女の腹に。 ■八条女院 鳥羽天皇皇女、暲子内親王。高倉天皇の叔母。高倉宮の養母。保元ニ年(1157)出家。応保元年(1161)院号。建暦元年(1211)没。 ■心おさなう 幼稚な考えで。 ■何条 どうして。反語が続く。 ■この中納言 頼盛。 ■相具して 連れ添って。結婚して。 ■あらぬ人のやうに 別人のように。 ■手ならして 手づから育てて。 ■局の女房、女の童 ここでは三位局に仕えている女房や女の童。 ■なにと候やらん 何ということでしょう。 ■理をまげて 道理をまげて。 ■なにのやうもあるべからず 何の異存もあるはずがない。 ■尺子 釈子。釈迦の弟子。仏弟子。 ■東寺一の長者 教王護国寺。東寺の寺務を総括する者を長者といい、はじめ一人だったが、後に四人となった。一の長者から四の長者まで。 ■安井の宮の僧正 仁和寺の院家蓮華光院の門跡を安井門跡という。道尊が初代。蓮華光院は真言宗の門跡寺院で、仁和寺の院家として太秦安井に建立された。後、東山に移されたが、明治に廃絶となった。現在、東山に鎮守の安井金比羅宮が残る。

前の章「平家物語 六十四 宮御最期(みやのごさいご)」|次の章「平家物語 六十六 通乗之沙汰(とうじようのさた)
平家物語|原文・現代語訳・解説・朗読

朗読・解説:左大臣光永