平家物語 百ニ 実盛(さねもり)

原文

又武蔵国(むさしのくに)の住人長井斎藤別当実盛(ながゐのさいとうべつたうさねもり)、みかたは皆おちゆけども、ただ一騎かへしあはせ返しあはせ、防ぎたたかふ。存(ぞん)ずるむねありければ、赤地(あかぢ)の錦(にしき)の直垂(ひたたれ)に萌黄威(もよぎをどし)の鎧(よろひ)着て、 鍬形(くは)うッたる甲(かぶと)の緒をしめ、金作(こがねづく)りの太刀をはき、切斑(きりふ)の矢負ひ滋藤(しげどう)の弓もッて、連銭葦毛(れんぜんあしげ)なる馬に、黄覆輪(きンぷくりん)の鞍(くら)おいてぞ乗 ッたりける。木曾殿の方より、手塚(てづか)の太郎光盛(たらうみつもり)、よい敵(かたき)と目をかけ、「あなやさし。いかなる人にてましませば、み方(かた)の御勢(おんせい)は皆落ち候(さうらふ)に、ただ一騎のこらせ給ひたるこそ優(いう)なれ。なのらせ給へ」と詞(ことば)をかけければ、「かういふわ殿(どの)はたそ」。「信濃国(しなののくに)の住人手塚太郎金刺光盛(てづかのたらうかねざしのみつもり)」とこそなのッたれ。「さてはたがひによい敵(かたき)ぞ。但(ただ)しわ殿をさぐるにはあらず、存ずるむねがあれば名のるまじいぞ。寄れ、くまう、手塚」とて、おしならぶる処(ところ)に、手塚が郎等おくれ馳(ば)せにはせ来(きた)ッて、主(しゆう)をうたせじとなかにへだたり、斎藤別当にむずとくむ。「あッぱれ、おのれは日本一(につぽんいち)の剛(かう)の者とくんでうずなうれ」とて、とッて引寄(ひきよ)せ、鞍の前輪(まへわ)におしつけ、頸(くび)かききッて捨ててンげり。手塚太郎、郎等がうたるるを見て、弓手(ゆんで)にまはりあひ、鎧の草摺(くさずり)ひきあげて二刀さし、よわる処にくんでおつ。斎藤別当心はたけく思へども、いくさにはしつかれぬ、其上老武者(そのうへおいむしや)ではあり、手塚が下になりにけり。又手塚が郎等(らうどう)おくれ馳(ば)せにいできたるに頸とらせ、木曾(きそ)殿(どの)の御(おん)まへに馳せ参ッて、「光盛こそ奇異(きい)のくせ者くんでうッて候へ。侍かと見候へば錦の直垂を着て候。大将軍かと見候へばつづく勢も候はず。名のれ名のれとせめ候ひつれども、終(つひ)になのり候はず。声は坂東声(ばんどうこゑ)で候ひつる」と申せば、木曾殿、「あッぱれ、是(これ)は斎藤別当であるごさんめれ。それならば義仲が上野(かうづけ)へこえたりし時、をさな目に見しかば、しらがのかすをなりしぞ。いまは定而白髪(さだめてはくはつ)にこそなりぬらんに、びんぴげの黒いこそあやしけれ。樋口次郎(ひぐちのじらう)はなれあそンで見知ッたるらん。樋口召せ」とて召されけり。樋口次郎ただ一目みて、「あなむざんや、斎藤別当で候ひけり」。木曾殿、「それならば今は七十にもあまり、白髪にこそなりぬらんに、びんぴげの黒いはいかに」と宣へば、樋口次郎涙をはらはらとながいて、「さ候へばそのやうを申しあげうど仕り候が、あまり哀れで不覚の涙のこぼれ候ぞや。弓矢とりは、いささかの所でも思ひ出での詞(ことば)をば、かねてつかひおくべきで候ひける物かな。斎藤別当、兼光(かねみつ)にあうて常は物語に仕り候ひし。『六十にあまッていくさの陣へむかはん時は、びんぴげを黒う染めて、わかやがうど思ふなり。其故(そのゆゑ)は、若殿原(わかとのばら)にあらそひてさきをかけんもおとなげなし、又老武者(おいむしや)とて人のあなどらんも口惜(くちを)しかるべし』と申し候ひしが、まことに染めて候ひけるぞや。あらはせて御覧候へ」と申しければ、「さもあるらん」とてあらはせて見給へば、白髪(はくはつ)にこそなりにけれ。

現代語訳

又武蔵国(むさしのくに)の住人長井斎藤別当実盛(ながいのさいとうべっとうさねもり)は、味方は皆逃げ去ったが、ただ一騎引き返しては戦い引き返しては戦って防戦する。思う事があったので、赤地の錦(にしき)の直垂(ひたたれ)に萌黄威(もえぎおどし)の鎧(よろい)を着て、鍬形(くわがた)を打った甲(かぶと)の緒を締めて、黄金づくりの太刀(たち)を差して、切府(きりふ)の矢を負い、繁藤(しげとう)の弓を持って、連銭葦毛(れんせんあしげ)の馬に、黄覆輪(きんぷくりん)の鞍(くら)をおいて乗っていた。木曾殿の方よりは、手塚の太郎光森が、いい敵と目を付けて、「ああ、立派な事よ。どういう人でいらっしゃるのか、味方の兵士どもは皆逃げてしまったのに、ただ一騎お残りになったのはすばらしい。お名乗り下され」と言葉をかけたところ、「そういう貴殿は誰ぞ」。「信濃国(しなののくに)の住人手塚太郎金刺光森(てづかのたろうかなざしのみつもり)」と名乗った。「さあ、互いに良い敵ぞ。但し貴殿を見下げるわけではないが、思う事があるので名乗るまい。寄れ、組もう。手塚」といって、馬を並べた所に、手塚の郎等が遅ればせに来て、主人を討たせまいと間に割り込み、斎藤別当にむんずと組み付く。「あっぱれ、おのれは日本一の剛の者と組もうというのだな。おのれ」と言って、掴んで引き寄せ、鞍の前輪に押し付け、この郎等の首を掻き切って棄ててしまった。手塚の太郎は、郎等が討たれたのを見て、左手にまわって組み付き、鎧の草摺を引き上げ、二回刀を刺し、弱ったところを組んだまま落馬する。斎藤別当は心は勇み立つが、戦に戦い疲れており、そのうえ老武者ではあり、手塚に組み伏されてしまった。又手塚の郎等が遅ればせにやってきたのに実盛の首を取らせ、木曾殿の御前に馳せ参って、「光森が奇妙な者と組んで討ちました。侍かと見ますと錦の直垂を着ております。大将軍かと見ますと配下の兵士どももおりません。名乗れ名乗れと責め立てましたが、遂に名乗りませぬ。声は関東訛りでございました」と申すと、木曾殿は、「あっぱれ、是は斎藤別当に相違あるまい。それならば義仲が上野(こうずけ)へ越えたとき、幼い目で見たときは白髪交じりの髪であったぞ。いまではきっと白髪になっておろうに、鬢髭の黒いのが不思議だ。樋口の次郎は斎藤別当と遊び慣れて見知っているであろう。樋口を召せ」と言って召された。樋口次郎は一目見ただけで、「ああ、無惨なものよ。斎藤別当でござった」。木曾殿は、「それならば今は七十を過ぎ、白髪になっておろうに、鬢髭の黒いのはどうしたことか」と宣うと、樋口次郎は涙をはらはらと流して、「それですのでその訳を申しあげようと思いますが、あまりに哀れで思いがけず涙がこぼれましたよ。弓矢とりは、どのような所でも思い出になる言葉を、日ごろから使っておくべきでございましたな。斎藤別当は、いつも兼光に向って話として申しておりました。『六十過ぎて戦の陣に向かう時があれば、鬢髭を黒く染めて、若やごうと思う。その訳は、若い者と争って先駆けするのも大人げないし、又老武者として人からあなどられるのも悔しい事だ』と申しておりましたが、本当に染めておりましたのですな。洗わせて御覧ください」と申したので、「そうであろう」と言って洗わせて御覧になると、白髪になっていた。

原文

錦(にしき)の直垂(ひたたれ)を着たりける事は、斎藤別当、最後の暇(いとま)申しに大臣殿(おほいとの)へ参ッて申しけるは、「実(さね)盛(もり)が身一(ひと)つの事では候はねども、一年(ひととせ)東国へむかひ候ひし時、水鳥(みずどり)の羽音(はおと)におどろいて、矢一つだにも射ずして、駿河(するが)の蒲原(かんばら)よりにげのぼッて候ひし事、老後の恥辱ただ此事候(このことざうらふ)。今度(こんど)北国へむかひては、討死(うちじに)仕り候べし。さらんにとッては、実盛もと越前国(ゑちぜんのくに)の者で候ひしかども、近年御領(きんねんごりやう)について武蔵(むさし)の長井(ながゐ)に居住せしめ候ひき。 事の喩(たとへ)候ぞかし。故郷(こきやう)へは錦を着て帰れといふ事の候。錦の直垂御ゆるし候へ」と申しければ、大臣殿(おほいとの)、「やさしう申したる物かな」とて、錦の直垂を御免(ごめん)ありけるとぞ聞えし。昔の朱買臣(しゆばいしん)は錦の袂(たもと)を会稽山(くわいけいざん)に翻(ひるげへ)し、今の斎藤別当は其名(そのな)を北国の巷(ちまた)にあぐとかや。朽(く)ちもせぬむなしき名のみとどめおきて、かばねは越路(こしじ)の末の塵(ちり)となるこそかなしけれ。

去(さんぬる)四月十七日、十万余騎にて都を立ちし事がらは、何面(なにおもて)をむかふべしともみえざりしに、今五月下旬に帰りのぼるには、其勢わづかに二万余騎、「流(ながれ)をつくしてすなどる時は、おほくの魚(うを)を得(え)といへども明年(めいねん)に魚なし。林を焼いてかる時は、おほくの獣(けだもの)を得(う)といへども明年に獣なし。後(のち)を存じて少々はのこさるべかりける物を」と申す人々もありけるとかや。

現代語訳

錦の直垂を着ていた事は、斎藤別当が最後のお別れに大臣殿へ参って申した事に、「実盛だけのことではございませんが、先年東国へ向いました時、水鳥の羽音に驚いて矢ひとつさえも射ずに、駿河の蒲原から逃げ上ってしまいました事は、老後の恥辱たこの事でございます。今度北国へ向いましたなら討死いたします。それにつけては、実盛は元は越前国の者でございますが、近年平家の荘園に付属して武蔵の長井に居住しておりました。事の喩えでございますよ。故郷へは錦を着て帰れと言うことがございます。錦の直垂をお許しください」と申したところ、大臣殿は、「健気(けなげ)にも申したものだな」と言って、錦の直垂をお許しになったということであった。昔の朱買臣(しゅばいしん)は錦の袂(たもと)を会稽山(かいけいざん)に翻(ひるがえ)し、今の斎藤別当はその名を北国の町にあげたということあろうか。朽ちもしない空しい名前だけをそこに残して、屍(かばね)は越路の末の塵となるのは悲しい事であった。

去る四月十七日、十万余騎で都を出発した時の様子は、誰が敵対できるとも見えなかったのに、今五月下旬に帰り上る時には、その勢力纔かに残り二万余騎、「流れに居る魚を取る時は全て、多くの魚を得たと言っても、次の年に魚はいない。林を焼いて刈る時は、多くの獣得たりといえども明年には獣がいない。後の事を考えて少しは都に兵を残されるべきであったのに」と申す人々もあったとかいうことだ。

次の章「平家物語 百三 玄肪(げんぼう)
朗読・解説:左大臣光永

【古典・歴史】メールマガジンはこちら