平家物語 百三 玄肪(げんぼう)

原文

上総守忠清(かずさのかみただきよ)、飛騨守景家(ひだのかみかげいへ)は、一昨年(おととし)入道相国薨(こう)ぜられける時、共に出家したりけるが、今度北国にて子ども皆ほろびぬと聞いて、其思(そのおもひ)のつもりにや、つひに歎死(なげきじに)にぞ死ににける。是(これ)をはじめて、親は子におくれ、婦(め)は夫(をつと)にわかれ、凡(およ)そ遠国近国(ゑんごくきんごく)もさこそありけめ、京中(きやうぢゆう)には家々に門戸を閉ぢて、声々(こゑごゑ)に念仏申し、をめきさけぶ事おびたたし。

六月一日(ひとひのひ)、蔵人右衛門権佐定長(くらんどのうゑもんのごんのすけさだなが)、神祇権少副(じんぎのごんのせう)大中臣親俊(おほなかとみのちかとし)を殿上(てんじやう)の下口(しもぐち)へ召して、兵革(ひやうがく)しづまらば、大神宮(だいじんぐう)へ行幸(ぎやうがう)なるべきよし仰せ下さる。

大神宮は高間原(たかまのはら)より天(あま)くだらせ給ひしを、崇神天皇(しゆじんてんわう)の御宇(ぎよう)廿五年三月に、大和国笠縫(やまとのくにかさぬひ)の里より伊勢国度会郡(いせのくにわたらひのこほり)五十鈴(いすず)の河上(かはかみ)、下(した)つ石根(いはね)に大宮柱(おほみやばしら)をふとしきたて、祝(あが)めそめ奉(たてま)ッてよりこのかた、日本六十余州、三千七百五十余社の大小の神祇冥道(じんぎみやうだう)のなかには無双(ぶさう)なり。されども代々(よよ)の御門(みかど)臨幸(りんかう)はなかりしに、奈良御門(ならのみかど)の御時、左大臣(さだいじん)不比等(ふひとう)の孫、参議式部卿宇合(さんぎしきぶきやううがふ)の子、右近衛権少将(うこんゑのごんのせうしやう)兼(けん)太宰少弐藤原広嗣(だざいのせうにふじはらのひろつぎ)といふ人ありけり。天平(てんぴやう)十五年十月、肥前国松浦郡(ひぜんのくにまつらのこほり)にして、数万(すまん)の凶賊(きやうぞく)をかたらッて国家を既にあやぶめんとす。是によッて大野東人(おほののあづまうど)を大将軍にて、広嗣追討せられし時、はじめて大神宮へ行幸(ぎやうがう)なりけるとかや。其例とぞ聞えし。彼(かの)広嗣は肥前の松浦より都へ一日(いちにち)におりのぼる馬を持ちたりけり。追討せられし時もみかたの凶賊おちゆき、皆亡びて後(のち)、件(くだん)の馬にうち乗ッて、海中へ馳(は)せ入りけるとぞ聞えし。その亡霊あれて、おそろしき事どもおほかりけるなかに、天平(てんぴやう)十八年六月十八日、筑前国御笠郡太宰府(ちくぜんのくにみかさのこほりだざいふ)の観世音寺(くわんぜおんじ)、供養ぜられける導師には、玄肪(げんぼう)僧(そう) 正(じやう)とぞきこえし。高座にのぼり敬白(けいひやく)の鐘うちならす時、俄(にはか)に空かき曇り、雷(いかづち)おびたたしう鳴ッて玄肪の上におちかかり、その首(かうべ)をとッて雲のなかへぞ入りにける。広嗣調伏(てうぶく)したりけるゆゑとぞ聞えし。

彼(かの)僧正は、吉備大臣入唐(きびのだいじんにつたう)の時あひともなッて、法相宗(ほつさうじゆう)わたしたりし人なり。唐人(たうじん)が玄肪(げんぼう)といふ名をわらって、 「玄肪とはかヘッてほろぶといふ音あり。いか様にも帰朝の後(のち)事にあふべき人なり」と相(さう)したりけるとかや。 同(おなじき)天平十九年六月十八日、しやれかうべに玄肪といふ銘を書いて、興福寺(こうぶくじ)の庭におとし、虚空(こくう)に人ならば千人ばかりが声で、どッとわらふ事ありけり。興福寺は法相宗の寺たるによッてなり。彼(かの)僧正の弟子共是(これ)をとッて塚(つか)をつき、其(その)首をさめて頭(づ)墓(はか)と名付けて今にあり。
是則ち広嗣が霊のいたすところなり。是によッて彼亡霊(かのぼうれい)を崇(あが)められて、今松浦(まつら)の鏡の宮と号(かう)す。

嵯峨皇帝(さがのくわうてい)の御時は、平城(へいぜい)の先帝(せんてい)、内侍(ないし)のかみのすすめによッて世を乱(みだ)り給ひし時、その御祈(おんいのり)の為(ため)に御門(みかど)、第三皇女有智内親王(だいさんのくわうぢよいうちないしんわう)を賀茂の斎院(さいいん)にたて参らせ給ひけり。是斎院のはじめなり。朱雀院(しゆしやくゐん)の御宇(ぎよう)には、将門(まさかど)、純友(すみとも)が兵乱(ひやうらん)によって八幡(やはた)の臨時の祭をはじめらる。今度もかやうの例をもッてさまざまの御祈共はじめられけり。

現代語訳

上総守忠清(かずさのかみただきよ)、飛騨守景家(ひだのかみかげいえ)は、一昨年入道相国がお亡くなりになった時、共に出家したが、今度北国にて子供が皆死んだと聞いて、その歎きの思いが積ったのだろうか、遂に歎き悲しんで死んでしまった。これをはじめとして、親は子に先立たれ、妻は夫と死に別れ、おおかた遠国の戦でも近国の戦でもそうであったそうだ、京都では町中(まちじゅう)家々に門戸を閉じて、声々に念仏を唱え、おびただしくわめき叫ぶ声が聞えた。

六月一日(ついたち)、蔵人右衛門権佐定長(くらんどのうえもんのすけさだなが)は、神祇権少副大中臣親俊(じんぎのごんのしょうおおなかとみのちかとし)を殿上の下口へ呼んで、戦が治まったら伊勢大神宮へ行幸なさるはずであることを仰せ下される。

大神宮は高天原(たかまがはら)より天下られたのを、崇神天皇の御代二十五年三月に、大和国(やまとのくに)笠縫(かさぬい)の里から伊勢国度会郡五十鈴川(いせのくにわたらいのこおりいすずがわ)のほとりの地下の岩を礎石として大宮柱をしっかりと立て、崇め奉って以来、日本六十余州、三千七百五十余社の大小の神々の中で並ぶもののない神である。けれども代々の御門がお出かけになることはなかったが、奈良の御門(聖武天皇)の御時、左大臣不比等(ふひと)の孫、参議式部卿宇合(しきぶのきょううごう)の子、右近衛権少将兼太宰少弐藤原広嗣(うこんえのごんのしょうしょうけんだざいのしょうにふじわらのひろつぎ)という人がいた。この男が、天平十五年、肥前国松浦郡にて数万人の凶賊を自分の仲間に引き入れて国家を滅ぼそうとする。この騒乱を鎮めるため、大野東人(おおのあずまびと)を大将軍にして広嗣を追討せられし時、その戦勝祈願の為にはじめて大神宮へ行幸なさったということだ。今度の行幸はその例によるものだという。その広嗣は肥前の松浦から都までを一日で往復できる俊足の馬を持っていた。追討された時も味方の凶賊が逃げ去り、皆亡びた後、件の馬に打ち乗って、海中へ馳せ入ったということであった。後にその亡霊が荒れて恐ろしい事が多く起ったが、その中で、天平十八年六月十八日、筑前国御笠郡太宰府の観世音寺における供養の行事で、供養に当たられた導師が玄肪(げんぼう)僧正ということであった。高座に登り法会の始まりを告げる鐘を打ち鳴らす時、突然に空が掻き曇り、雷が激しく鳴り響いて玄昉の上に落ちかかり、その首を取って雲の中へ入っていった。そのような事が起ったのは玄昉が広嗣を調伏(ちょうふく)した為だということであった。

その僧正は吉備(きび)の大臣(吉備真備(きびのまきび))が入唐された時、一緒に連れ立って唐へ渡り、法相宗(ほっしょうしゅう)を日本に伝えた人である。唐人が玄昉という名を笑って、「玄昉とは環亡(帰ってから滅ぶ)というのと発音が同じである。どうみても帰朝の後に事件に会う人である」と占いに現れたそうである。同じ天平十九年六月十八日、しゃれこうべに玄昉という銘を書いて、興福寺の庭に落し、空中で人であるならば千人ばかりの声でどっと笑うという事があった。興福寺は法相宗の寺である為である。かの僧正の弟子共がこれを取って塚を築き、その首を納めて頭塚(ずづか)と名付けて今もある。これは即ち広嗣の霊が行った事である。この事件によって広嗣の亡霊が崇められ、現在、松浦(まつら)の鏡の宮と号す神社に祭られている。

嵯峨天皇の御代には、平城の先帝が尚侍(ないしのかみ)藤原薬子(くすりこ)の勧めによって再び天皇の位に返り咲こうとして戦乱をお起しになった時、それを平定するための御祈りのために御門が、第三皇女有智内親王(ゆうちないしんのう)を加茂神社の斎院(さいいん)におたてになった。これが斎院のはじまりである。朱雀院(すざくいん)の御代には、平将門(たいらのまさかど)、藤原純友(ふじわらのすみとも)の乱によって石清水(いわしみず)八幡宮の臨時の祭りが始められた。今度もこのような例によって様々な御祈祷が始められた。

次の章「平家物語 百四 木曾山門諜状(きそさんもんてふじやう)
朗読・解説:左大臣光永

【古典・歴史】メールマガジンはこちら