平家物語 百 倶利伽羅落(くりからおとし)

原文

さるほどに、源平両方(りやうばう)陣をあはす。陣のあはひわづかに三町(さんぢやう)ばかりに寄せあはせたり。源氏もすすまず、平家もすすまず。勢兵(せいびやう)十五騎、楯(たて)の面(おもて)にすすませて、十五騎が上矢(うはや)の鏑(かぶら)を平家の陣へぞ射入れたる。平家又はか次第に暗くなってきたのでり事(こと)とも知らず、十五騎を出(いだ)いて十五の鏑を射返す。源氏 卅騎(さんじつき)を出いて射さすれば、平家卅騎を出いて卅(さんじふ)の鏑を射かへす。五十騎を出せば五十騎を出しあはせ、百騎を出せば百騎を出しあはせ、両方百騎づつ陣の面にすすんだり。互(たがひ)に勝負をせんとはやりけれども、源氏の方(かた)より制(せい)して勝負をせさせず。源氏はか様(やう)にして日をくらし、平家の大勢(おほぜい)を倶利伽羅(くりから)が谷(たに)へ追ひおとさうどたばかりけるを、すこしもさとらずして、共にあひしらひ日をくらすこそはかなけれ。

次第にくらうなりければ、北南(きたみなみ)よりまはッつる搦手(からめて)の勢(せい)一万余騎、?梨迦羅の堂の辺(へん)にまはりあひ、箙(えびら)の方立(ほうだて)打ちたたき、時(とき)をどッとぞつくりける。平家うしろをかへり見ければ、白旗(しらはた)雲のごとくさしあげたり。「此(この)山は四方厳石(しほうがんせき)であんなれば、勝手よもまはらじと思ひつるに、こはいかに」とてさわぎあへり。さる程に、木曾殿大手より時の声をぞあはせ給ふ。松長(まつなが)の柳原(やなぎはら)、ぐみの木林(きばやし)に一万余騎ひかへたりける勢も、今井四郎が六千余騎で日宮林(ひのみやばやし)にありけるも、同じく時をぞつくりける。前後四万騎(しまんぎ)がをめく声、山も川もただ一度にくづるるとこそ聞えけれ。案のごとく、平家、次第にくらうはなる、 前後より敵(かたき)はせめ来(きた)る。「きたなしや、かへせかへせ」といふやからおほかりけれども、大勢の傾(かたむ)きたちぬるは、左右(さう)なうとッてかへす事かたければ、倶利伽羅が谷へわれ先にとぞおとしける。まッさきにすすんだる者が見えねば、此谷の底に道のあるにこそとて、親おとせば子もおとし、兄おとせば弟もつづく。主(しゆう)おとせば家子郎等(いへのこらうどう)おとしけり。馬には人、ひとには馬、落ちかさなり落ちかさなり、さばかり深き谷一つを平家の勢七万余騎でぞうめたりける。巌泉(がんせん)血をながし、死骸(しがい)岳(をか)をなせり。されば其(その)谷のほとりには、矢の穴、刀の疵(きず)、残ッて今にありとぞ承る。平家の方には、むねとたのまれたりける上総大夫判官忠綱(かづさのたいふのはうぐわんただつな)、飛騨大夫判官景高(ひだのたいふのはうぐわんかげたか)、河内判官秀国(かはちのはうぐわんひでこく)も、此(この)谷にうづもれてうせにけり。備中国住人瀬尾太郎兼康(びっちゅうのくにのぢゆうにんせのをのたらうかねやす)といふ聞ゆる大力(だいぢから)も、そこにて加賀国住人倉光次郎成澄(かがくにじゅうにんくらみつじろうなりずみ)が手にかかっていけどりにせらる。越前国火打(ゑちぜんのくにひうち)が城(じやう)にてかへり忠(ちゆう)したりける平泉寺(へいせんじ)の長史斎明威儀師(ちやうりさいめいゐぎし)もとらはれぬ。木曾殿、「あまりにくきに、其法師をばまづきれ」とてきられけり。平氏(へいし)の大将維盛(たいしやうこれもり)、通(みち)盛(もり)、希有(けう)の命生きて加賀国へ引退(ひきしりぞ)く。七万余騎がなかよりわづかに二千余騎ぞのがれたりける。

明くる十二日、奥(おく)の秀衡(ひでひら)がもとより木曾殿へ竜蹄(りやうてい)二疋(ひき)奉る。一疋は黒月毛(くろつきげ)、一疋は連銭葦毛(れんぜんあしげ)なり。やがて是(これ)に鏡鞍(かがみぐら)おいて白山(はくさん)の社(やしろ)へ神馬(じんめ)にたてられけり。木曾殿宣(のたま)ひけるは、「今は思ふ事なし。但(ただ)し十郎蔵人殿の志保(しほ)のいくさこそおぼつかなけれ。いざゆいて見む」とて、四万余騎、馬や人をすぐッて、二万余騎で馳せむかふ。氷見(ひみ)の湊(みなと)をわたさんとするに、折節(をりふし)塩みちて、ふかさあささを知らざりければ、鞍置馬(くらおきうま)十疋ばかりおひ入れたり。鞍爪(くらづめ)ひたる程に、相違なくむかひの岸へ着きにけり。「浅かりけるぞや、わたせや」とて、二万余騎の大勢(おほぜい)皆打入りてわたしけり。案のごとく十郎蔵人行家(じふらうくらんどゆきいへ)、散々(さんざん)にかけなされ、ひき退いて馬の息休むる処(ところ)に、木曾殿、「さればこそ」とて、荒手(あらて)二万余騎入れかへて、平家三万余騎が中へをめいてかけ入り、もみにもうで火出づるほどにぞ攻めたりける。平家の兵共(つはものども)しばしささへて防ぎけれども、こらへずしてそこをも遂(つひ)に攻めおとさる。平家の方には、大将軍三河守知度(みかはのかみとものり)うたれ給ひぬ。是(これ)は入道相国(にふだうしやうこく)の末子(ばつし)なり。侍共おほくほろびにけり。木曾殿は、志保の山打ちこえて、能登の小田中(こだなか)、親王(しんわう)の塚(つか)の前に陣をとる。

現代語訳

さて、源平両方共、向い合せに陣を構築する。陣と陣との距離は纔かに三町(約327メートル)ほどに寄せて構築した。源氏も進まず、平家も進まない。源氏方は射手として優れた者十五騎を、楯の前に進ませて、十五騎が一斉に上矢の鏑(かぶら)を平家の陣へ射入れた。平家も又謀(はかりごと)とも知らず、源氏がしたのと同じように十五騎を出して十五の鏑を射返す。続いて源氏が三十騎を出して射させると、平家も三十騎を出して三十の鏑を射返す。五十騎を出せば同じように五十騎を出し、百騎を出せば百騎を合せて出し、両方百騎づつが陣の正面に進んだ。互いに勝負をしようと勇み立ったが、源氏の方では兵を抑えて勝負をさせない。源氏はこうして日を暮し、平家の大軍を倶利伽羅が谷へ追い落そうと謀ったが、平家はこれを少しも悟らず、共に源氏に合せて相手になって日を暮すのは哀れな事である。

そのうち次第に暗くなってきたので、北南から回った搦手の軍勢一万余騎が倶利伽羅の堂の辺りに集って、箙の下を討ち叩き、どっと時の声を上げた。平家方が驚いて後ろを振り返ると、源氏方は白旗を雲が覆うように差し上げた。「この山はまわりのすべて岩石であるそうなので、よもや敵は背後には回るまいと思っていたのに、これはどうしたことか」といってみな騒いでいる。そうしているうちに、木曾殿は大手からの鬨の声を、搦手の鬨の声に合せてあげられた。松永の柳原、ぐみの木林に控えていた一万余騎の源氏方の兵士どもも、今井四郎が六千余騎で日宮林にいた兵士どもも、同じように時の声をあげた。前後で四万余騎が大声で叫ぶ声が、山も川もただ一度に崩れるのではなかろうかというほどに聞えた。案の定、平家では、次第に暗くはなるし、前後から敵が攻めて来るし、「卑怯だぞ、引き返せ、引き返せ」という輩(やから)が多かったが、大軍が崩れてしまうと、無分別に引き返すのは難しく、倶利伽羅が谷へ、我先にと馬を走らせて坂道を逃げ下った。真っ先に進んでいった者が見えないので、この谷の底に道があるのだなと思い、親が馬を下らせると子も馬を下らせ、兄が馬を下らせると、弟もそれに続く。主人が馬で下ると、家子郎等も坂道を下って行った。馬には人が、人には馬が落ち重なり落ち重なり、あれほど深い谷一つを平家の軍勢七万余騎で埋めてしまった。岩の間から湧き出る泉は朱色に染まり、死骸は累々として丘をなした。それでその谷の辺には、矢の穴、刀の傷が今でも残っているということである。平家方では最も頼りにされていた上総大夫判官忠綱(かずさのたいふのほうがんただつな)、飛騨大夫判官景高(ひだのたいふのほうがんかげたか)、河内判官秀国(かわちのほうがんひでくに)も、この谷に埋もれて死んでしまった。備中国住人瀬尾太郎兼康(びっちゅうのくにのじゅうにんせのおのたろうかねやす)という力持ちで名の通った者も、そこで加賀国住人倉光次郎成澄(かがのくにのじゅうにんくらみつのじろうなりずみ)の手にかかって生け捕りにされる。越前国火打ちが城で平家に内通した平泉寺(へいせんじ)の長吏斉明威儀氏(ちょうりさいめいいぎし)も捕われた。木曾殿が、「あまりにも憎いので、まずこいつを切れ」といって斬ってしまわれた。平氏(へいし)の大将維盛(たいしょうこれもり)、通盛(みちもり)はかろうじて生き延び、加賀国へ退却する。七万余騎の中から纔かに二千余騎が逃れたそうである。

次の日、十二日、奥州の藤原秀衡(ふじわらのひでひら)のもとから木曾殿へ勝(すぐ)れ馬二疋が献上される。一疋は黒月毛(くろつきげ)、一疋は連銭葦毛(れんぜんあしげ)である。木曾殿はすぐにこれに鏡鞍を置いて、白山の社へ神馬として奉納されたのだった。木曾殿が言われるには、「今は思う事は無い。但し、十郎蔵人殿の志保の戦が気にかかる。いざ、行ってみよう」と言って、四万余騎の中から馬や人を選んで二万余騎で馳せ向う。氷見の湊を渡ろうとするが、たまたまの満潮(みちしお)で深いのか浅いのかわからないので鞍置馬(くらおきうま)十疋ほどを追い入れた。鞍の先端が浸るほどの深さだったが、間違いなく向いの岸へ着いたのだった。「浅いぞ。渡れや」と言って、二万余騎の大軍勢が皆打ち入って渡ってしまった。案の定十郎蔵人行家が散々蹴散らかされ、引き退いて馬の息を休めているところに、木曾殿が「やっぱりそうであった」と言って、新手二万余騎を入れ替え、平家軍三万余騎の中へ大声で叫んで駆け入り、敵味方入り乱れての混戦の中、火花を散らすほど激しく攻めたてたのだった。平家の兵士どもがしばらくは防いだが、こらえきれずにそこを攻め落とされる。平家の方では、大将軍三河守知盛(みかわのかみとももり)が討たれておしまいになった。これは入道相国(にゅうどうしょうこく)の末子(ばっし)である。侍共も大勢滅びてしまった。木曾殿は、志保の山を越えて、能登の小田中(こだなか)、親王(しんおう)の塚(つか)の前に陣をとる。

次の章「平家物語 百一 篠原合戰(しのはらがつせん)
朗読・解説:左大臣光永

【古典・歴史】メールマガジンはこちら