平家物語 百十 忠度都落(ただのりのみやこおち)

原文

薩摩守忠度(さつまのかみただのり)は、いづくよりやかへられたりけん、侍(さぶらひ)五騎、 童(わらは)一人、わが身(み)共に七騎取って返し、五条の三位俊成卿(さんみしゆんぜいのきやう)の宿所におはして見給へば、門戸(もんこ)を閉ぢて開(ひら)かず。「忠度」 と名のり給へば、「落人(おちうど)帰りきたり」とて、その内さわぎあへり。薩摩守馬よりおり、身づからたからかに宣(のたま)ひけるは、「別(べち)の子細候(しさいさうら)はず。三位殿(さんみどの)に申すべき事あッて、忠度がかへり参って候。 門(かど)をひらかれずとも、此(この)きはまで立寄らせ給へ」と宣ヘば、俊成卿、さる事ある」「其人(そのひと)ならば苦しかるまじ。いれ申せ」とて、門をあけて対面あり。事(こと)の体(てい)何となう哀れなり。薩摩守宣ひけるは、「年来(としごろ)申し承ッて後、おろかならぬ御事に思ひ参らせ候へども、この二三年は京都のさわぎ、国々の乱(みだれ)、併(しか)しながら当家の身の上の事に候間、疎略(そらく)を存ぜずといへども、常に参り寄る事も候はず。君既に都を出でさせ給ひぬ。一門の運命はやつき候ひぬ。撰集(せんじふ)のあるべき由承り候ひしかば、生涯(しやうがい)の面目(めんぼく)に一首なりとも、御恩(ごおん)をかうぶらうど存じて候ひしに、やがて世の乱(みだれ)いできて、其沙汰(そのさた)なく候条、ただ一身の歎(なげき)と存ずる候(ざうらふ)。世しづまり候ひなば、勅撰(ちよくせん)の御沙汰(ごさた)候はんずらむ。是(これ)に候巻物のうちにさりぬべきもの候はば、一首なりとも御恩を蒙(かうぶ)ッて、草の陰にてもうれしと存じ候はば、遠き御まもりでこそ候はんずれ」とて、日比(ひごろ)読みおかれたる歌共のなかに、秀歌(しうか)とおぼしきを百余首、書きあつめられたる巻物を、今はとてうッたたれける時、是(これ)をとッてもたれたりしが、鎧(よろひ)のひきあはせより取りいでて、俊(しゆん)成(ぜいの)卿(きやう)に奉る。三位是をあけてみて、「かかる忘れがたみを給はりおき候ひぬる上は、ゆめゆめ疎略(そらく)を存ずまじう候。御疑(うたがひ)あるべからず。さても唯今(ただいま)の御わたりこそ、情(なさけ)もすぐれてふかう、哀れもことに思ひ知られて、感涙おさへがたう候へ」と宣(のたま)へば、薩摩守悦(よろこ)ンで、「今は西海(さいかい)の浪(なみ)の底に沈まば沈め、山野(さんや)にかばねをさらさばさらせ、浮世(うきよ)に思ひおく事候はず。さらば暇(いとま)申して」とて、馬にうち乗り、甲(かぶと)の緒をしめ、西をさいてぞあゆませ給ふ。三位うしろを遥(はる)かに見おくッてたたれたれば、忠度の声とおぼしくて、「前途程遠(せんどほどとほ)し、思(おもひ)を鴈山(がんさん)の夕(ゆふべ)の雲に馳(は)す」と、たからかに口ずさみ給へば、俊成卿いとど名残(なごり)惜しうおぼえて、涙をおさへてぞ入り給ふ。
其後世(そののちよ)しづまッて、千載集(せんざいしふ)を撰ぜられけるに、忠度のありし有様、いひおきしことの葉、今更思ひ出でて哀れなりければ、彼(かの)巻物のうちに、さりぬべき歌いくらもありけれども、勅勘(ちよくかん)の人なれば、名字(みやうじ)をばあらはされず、「故郷花(こきやうのはな)」といふ題にて、よまれたりける歌一首ぞ、「読人(よみびと)知らず」と入れられける。
さざなみや志賀の都はあれにしをむかしながらの山ざくらかな
其身朝敵(てうてき)となりにし上は、子細(しさい)におよばずといひながら、うらめしかりし事どもなり。

現代語訳

薩摩守忠度は(さつまのかみただのり)は、何処から帰られたのであろうか、侍5騎、童一人、我身一人合せて七騎が引き返し、五条の三位俊成卿(さんみしゅんぜいきょう)の館に来てみたが、門戸を閉じて開こうとしない。「忠度」と名乗られると、「落人が帰って来たぞ」といって、その内では騒ぎ合っている。薩摩守忠度は馬から下りて、自ずから高らかにおっしゃったのは、「ここに寄ったのは、特別わけがあるわけではありません。忠度は、三位殿に申す事があって、戻って参りました。門を開けられないまでも、この門の傍までお寄りください」とおっしゃると、俊成卿は「薩摩守殿が尋ねて来られる事情もあろう。その人なら問題は無かろう。お入れ申せ」といって、門を開けて対面された。様子は何となく哀れである。薩摩守が言われたのは、「ここ数年、歌のご指導を受けて後、俊成殿の事をおろそかに思ったことはございませんでしたが、この二三年は京都での騒動、国々での乱れが生じております。これはまったく平家の身の上のことでございますので、俊成殿の和歌の教えをなおざりには思ってはおりませんが、いつも参り立ち寄る事もできません。君はもう都をお出になられました。一門の運は早くも尽きてしまいました。勅撰集を作る集りがあることを承りましたが、生涯の面目に一首なりとも、俊成殿のご恩によって入選したいと思いましたのが、世の中の乱れが生じ、その知らせもないので、ただひとえに嘆いておるところでございます。世の中が鎮まったならば、勅撰のお知らせがあることでしょう。ここに持参しました巻物のなかに、選ばれてふさわしいと思う歌がございますので、一首なりともご恩を蒙って選ばれ、草葉の陰でも嬉しく思えば、遠いあの世からでも末永く貴方様をお守りすることでしょう」といって、ひごろ読み置いた歌のなかでも、秀歌と思われるものを百余首、書き集めた巻物を、もう発たなくてはと出発される時、これを取って持たれていたが、鎧の胴の合わせ目より取り出して、俊成の卿に差し上げる。三位はこれを開けて見て、「このような忘れ形見をいただきました上は、ゆめゆめ粗略には扱いません。御疑いなさるな。さても今来られたのこそ、情けも勝れて深く、哀れも特に思い知られて、感涙抑えがたいものです」と言われると、薩摩守は喜んで、「今は西海の波の底に沈むなら沈め、山野に屍をさらすならさらせ、浮世に思い残す事はございません。ではお暇(いとま)いたします」と、馬に乗り、甲の緒を締め、西を指して歩ませになる。三位は薩摩守の後姿を遥かに見送って立たれると、忠度の声と思われて、「行先の道のりは遠い。思いを鴈山の夕の雲に馳す」と高らかにくちづさまれると、俊成卿はたいそう名残惜しさを覚えて、涙を押えて家のなかにお入りになった。

その後、世の中が静まった後、千載集に載せる歌を選ばれたが、忠度の生きていた時の有様、言い置いた言葉を今更のように思い出して哀れであった。かの巻物のなかに選ばれるのにふさわしい歌がいくつかあったが、天皇の咎めを受けた人ということで、名字を示さず、「故郷花」という題で読まれた歌を一首、「読人知らず」として選ばれた。

さざなみや志賀の都はあれにしをむかしながらの山ざくらかな
(志賀の都は荒れてしまったが、昔ながらに山桜が咲いているのだなあ)

その身が朝敵になってしまったので、とやかく言えぬ事だが、悲しい残念な事であった。

次の章「平家物語 百十一 経正都落(つねまさのみやこおち)
朗読・解説:左大臣光永

【古典・歴史】メールマガジンはこちら