平家物語 百十ニ 青山之沙汰(せいざんのさた)

原文

此経正(このつねまさ)十七の年、宇佐の勅使を承ってくだられけるに、其(その)時(とき)青山を給はって、宇佐へ参り、御殿(ごてん)にむかひ奉り、秘曲をひき給ひしかば、いつ聞きなれたる事はなけれども、ともの宮人(みやうど)おしなべて、緑衣(りよくい)の袖をぞしぼりける。聞き知らぬやつこまでも村雨(むらさめ)とはまがはじな。目出たかりし事共なり。

彼(かの)青山と申す御琵琶(おんびは)は、昔仁明天皇(にんみやうてんわう)の御宇(ぎよう)、嘉祥(かしやう)三年の春、 掃部頭貞敏(かもんのかみていびん)渡唐の時、大唐(たいたう)の琵琶(びは)の博士(はかせ)廉承武(れんしようふ)にあひ、三曲 を伝へて帰朝せしに、玄象(けんじやう)、師子(しし)丸(まる)、青山、三面の琵琶を相伝(さうでん)してわたりけるが、竜神(りゆうじん)や惜しみ給ひけむ、浪風(なみかぜ)あらく立ちければ、師子丸をば海底に沈め、いま二面の琵琶をわたして、吾朝(わがてう)の御門(みかど)の御宝(おんたから)とす。村上の聖代応和(せいたいおうわ)のころほひ、三五夜中新月(さんごやちゆうのしんげつ)白くさえ、涼風颯々(りやうふうさつさつ)たりし夜(よ)なか半(ば)に、御門清涼殿(みかどせいりやうでん)にして玄象をぞあそばされける。時に影のごとくなるもの御前(ごぜん)に参じて、優(いう)にけだかき声にて唱歌(しやうが)をめでたう仕(つかまつ)る。
御門(みかど)御琵琶(おんびわ)をさしおかせ給ひて、「抑(そもそも) 汝(なんぢ)はいかなるものぞ。いづくより来(きた)れるぞ」と御尋ねあれば、「是(これ)は昔貞敏(ていびん)に三曲をつたへ候(さうら)ひし大唐(たいたう)の琵琶の博士(はかせ)廉承武(れんしようふ)と申す者で候が、三曲のうち秘曲を一曲のこせるによって魔道(まだう)へ沈淪(ちんりん)仕りて候。
今御琵琶の御撥音妙(おんばちおとたへ)にきこえ侍る間、参入仕るところなり。ねがはくは此曲を君にさづけ奉り、仏果菩提(ぶつくわぼだい)を証(しよう)ずべき」由申して、御前(ごぜん)に立てられたる青山をとり、転手(てんじゆ)をねぢて秘曲を君にさづけ奉る。三曲のうちに上玄石上(しやうげんせきしやう)是なり。其後(そののち)は君も臣もおそれさせ給ひて、此御琵琶をあそばしひく事もせさせ給はず。御室(おむろ)へ参らせられたりけるを、経正の幼少の時、御最愛(ごさいあい)の童形(とうぎやう)たるによって、下しあづかりたりけるとかや。甲(かふ)は紫藤(しとう)の甲、夏山の峰のみどりの木(こ)の間(ま)より、有明(ありあけ)の月のいづるを、撥面(ばちめん)に書かれたりけるゆゑにこそ、青山とは付けられたれ。にもあひおとらぬ希代(きたい)の名物なりけり。

現代語訳

この経正が十七の年、宇佐八幡宮の勅使を命じられて下られたが、その時青山をいただいて、宇佐へ参り、御転移向かい奉り、秘曲を弾かれたところあまり聞き慣れてはいなかったが、供の宇佐に仕える宮人がその曲全般にわたって緑衣の袖を絞ってお泣きになった。聞いた事がない奴までもが村雨の曲と間違える事はあるまいよ。目出度い事どもである。

この青山(せいざん)という御琵琶は、昔任明(にんみょう)天皇の御代、嘉祥(かしょう)三年の春、掃部頭貞敏(かもんのかみさだとし)が唐に渡った時、大唐の琵琶の博士廉承武(れんしょうふ)に会い、三曲を伝受されて帰国したが、その時、玄象(げんしょう)、師子丸(ししまる)、青山、三面の琵琶を相伝して帰ってきたが、竜神が惜しまれたのであろうか、波風が荒く立ったので、獅子丸を海底に沈めて竜神に供え、残り二面の琵琶を持ち帰り、我朝廷の御門の御宝としたのである。村上天皇の御代、応和の頃、十五夜に上ったばかりの月が白く輝き、涼風がさわやかに吹いた夜半に、御門が清涼殿で玄象をつま弾かれた。その時影のような物が御前に参って、優しい気高い声で唱歌を上手に歌った。
御門は御琵琶を置かれて、「そもそも汝は何者か。何処から参ったか」と御尋ねられると、「私は昔貞敏に三曲を伝え申した大唐の琵琶の博士廉承武と申す者でございますが、三曲のうちに秘曲を一曲伝え残しましたので魔道へ沈んでおります。
今御琵琶の御撥の音(ばちおと)がとてもすばらしく聞えましたので、参入いたしたところでございます。願わくばこの曲を君に授け申して成仏の望みをとげたいのでございます」と申して、御前に立てられていた青山を取って、転手(てんじゅ)を捩じって秘曲を君に授け申す。三曲の中の上玄石上(じょうげんせきしょう)という曲がこれである。その後は、君も臣も恐れおののかれて、この琵琶を弾くこともなさらない。御室へ差し上げなさってあったものを、経正が幼少のとき、御最愛の稚児だったので、下し預けられたということである。甲(こう)は紫藤(しとう)の甲で、夏山の峰の緑の木の間から、有明の月が出る情景を、撥(ばち)の面に描かれていたので、青山とつけられたのである。玄象(げんじょう)に少しも劣らぬ名器であった

次の章「平家物語 百十三 一門都落(いちもんのみやこおち)
朗読・解説:左大臣光永

【古典・歴史】メールマガジンはこちら