平家物語 百二十一 水島合戦(みづしまがつせん)

原文

平家は讃岐(さぬき)の八島(やしま)にありながら、山陽道八ヶ国(せんやうだうはつかこく)、南海道六ケ国(なんかいだうろくかこく)、都合(つがふ)十四箇国(かこく)をぞうちとりける。木曾左馬頭(きそさまのかみ)是を聞き、 やすからぬ事なりとて、やがて討手(うつて)をさしつかはす。討手の大将(たいしやう)には矢田判官代義清(やたのはうぐわんだいよしきよ)、侍大将(さぶらひだいしやう)には信濃国(しなののくに)の住人海野(うんの)の弥平四郎行広(やへいしらうゆきひろ)、都合其勢(つがふそのせい)七千余騎(よき)、山陽道へ馳(は)せ下り、備中国水島(びッちゆうのくにみづしま)が渡(と)に舟をうかべて、八島へ既(すで)に寄せむとす。

同閏(おなじきうるふ)十月一日(ひとひのひ)、水島が渡に小船(こぶね)一艘(さう)いできたり。海人舟(あまぶね)、釣舟(つりぶね)かと見る程に、さはなくして、平家方より牒(てふ)の使舟(つかひぶね)なりけり。是(これ)を見て、源氏の舟五百余艘ほしあげたるを、を めきさけむでおろしけり。平家は千余艘でおし寄せたり。平家の方の大手(おほて)の大将軍(たいしやうぐん)には新中納言知盛卿(しんぢゆうなごんとももりのきやう)、搦手(からめて)の大将軍には能登守教経(のとのかみのりつね)なり。能登殿宣(のとどののたま)ひけるは、「いかに者共、いくさをばゆるに仕(つかまつ)るぞ。北国のやつばらにいけどられむをば 心憂しとは思はずや。御方(みかた)の舟をばくめや」とて、千余艘が艫綱(ともづな)、舳綱(へづな)をくみあはせ、中にむやひをいれ、あゆみの板をひきわたしひきわたしわたいたれば、舟のうへは平々(へいへい)たり。 源平両方(げんぺいりやうばう)時つくり、矢合(やあはせ)して、互(たがひ)に舟どもおしあはせてせめたたかふ。遠きをば弓で射、近きをば太刀できり、熊手(くまで)にかけてとるもあり、とらるるもあり、引組(ひつく)んで海にいるもあり、さしちがへて死ぬるもあり。思ひ思ひ心々(こころごころ)に勝負(しようぶ)をす。 源氏の方の侍大将海野(さぶらひだいしやううんの)の弥平四郎うたれにけり。是を見て大将軍矢田(やた)の判官代義清主従(はうぐわんだいよしきよしゆじゆう)七人、小舟(こぶね)に乗りて、真前(まつさき)にすすンで戦ふ程に、いかがしたりけむ、船ふみ沈めて皆死(し)にぬ。平家は鞍置馬(くらおきうま)を舟のうちにたてられたりければ、舟差(さ)し寄せ、馬どもひきおろし、うち乗りうち乗りをめいてかけければ、源氏の勢(せい)、大将軍はうたれぬ、われさきにとぞ落ち行(ゆ)きける。平家は水島のいくさに勝つてこそ、会稽(くわいけい)の恥をば雪(きよ)めけれ。

現代語訳

平家は讃岐の八島にありながら、山陽道八ケ国、南海道六ケ国、合せて十四ケ国を討ち取った。木曾左馬頭はこれを聞き、けしからん事だといって、すぐに討手を向かわせる。討手の大将には矢田判官代義清、侍大将には信濃国の住人海野(うんの)の弥平四郎行広、合せてその軍勢七千余騎が山陽道へ馳せ下り、備中国水島の渡(と)に舟を浮べて、既に屋島に寄せようとしている。

同じ閏十月一日、水島の渡に小船が一艘出て来た。海人舟、釣舟かと見ていると、そうではなくて平家方よりの書状の使い舟であった。これを見て、源氏の舟が五百艘ほど浜にあげられていたが、おめき叫んで海に下した。平家は千余艘で押し寄せた。平家の方の大手の大将軍は新中納言知盛卿、搦手の大将軍は能登守教経(のりつね)である。能登殿が言われたのは、「者共、どうしてそんな手ぬるい戦をしているのだ。北国の奴等に生け捕られたのを悔しいとは思わないのか。御方の舟を組み合わせろ」といって、千余艘の艫綱(ともづな)、舳綱(へづな)を組合せ、中にもやい綱を入れ、渡り板を引き渡し引き渡し渡ったので、海の上は平らになった。源平両方で鬨の声をあげ、矢合せして、互いに舟を押し合わせて攻め戦う。遠くにいる敵は弓で射、近くにいる敵は刀で斬り、熊手に掛けて取るもあり、取られるもある。組んで海に入る者もあり、刺し違えて死ぬ者もある。思い思い心々に勝負をする。源氏の方の侍大将海野の弥平四郎が討たれた。これを見て大将軍矢田の判官代義清の主従七人が、小舟に乗って、真っ先にすすんで戦っていると、どうしたのか、船の底を踏み外して沈め皆死んでしまった。平家は鞍置馬を舟の中に立てていたので、舟を寄せ、馬どもを引き下ろし、飛び乗り飛び乗りおめいて駆けたので、源氏の軍勢は大将軍は討たれているし、我先にと逃げて行った。平家は水島の戦に勝って、これまでの敗戦の恥を雪(すす)いだのである。

次の章「平家物語 百二十ニ 瀬尾最期(せのをさいご)
朗読・解説:左大臣光永

【古典・歴史】メールマガジンはこちら