平家物語 百三十四 老馬(らうば)

原文

大臣殿(おほいとの)は安芸右馬助能行(あきのうまのすけよしゆき)を使者で、平家の君達(きんだち)のかたがたへ、「九郎義経(くらうよしつね)こそ三草(みくさ)の手をせめおといて、すでに乱れ入り候(さうらふ)なれ。山の手は大事に候。おのおのむかはれ候へ」と宣(のたま)ひければ、みな辞し申されけり。能登殿のもとへ、「たびたびの事で候へども、御(ご)へんむかはれ候ひなんや」と宣ひつかはされたりければ、能登殿の返事には、「いくさをば我身一(ひと)つの大事ぞと思うてこそよう候へ。狩(かり)、漁(すなどり)なンどのやうに、足だちのよからう方へはむかはん、あしからう方へはむかはじなンど候はんには、いくさに勝つ事よも候はじ。幾(いく)たびでも候へ、こはからう方へは教経(のりつね)承ッてむかひ候はん。一方(いつぽう)ばかりはうちやぶり候べし。御心(おんこころ)やすうおぼしめされ候へ」と、たのもしげにぞ申されける。大臣殿なのめならず悦(よろこ)びて、越中前司盛俊(ゑつちゆうのせんじもりとし)を先として、能登殿に一万余騎をぞつけられける。兄の越前三位通盛卿相具(ゑちぜんのさんみみちもりのきやうあひぐ)して、山の手をぞかため給ふ。山の手と申すは鵯越(ひよどりごえ)のふもとなり。通盛卿は能登殿の仮屋(かりや)に北の方むかへ奉(たてま)ッて、最後のなごり惜しまれけり。能登殿大(おほ)きにいかッて、「此手(このて)はこはい方とて、教経をむけられて候なり。誠にこはう候べし。只今(ただいま)も上(うへ)の山より源氏ざッとおとし候ひなば、とる物もとりあへ候はじ。たとひ弓をもッたりとも、矢をはげずはかなひがたし。たとひ矢をはげたりとも、ひかずはなほあしかるべし。ましてさ様(やう)にうちとけさせ給ひては、なんの用にかたたせ給ふべき」といさめられて、げにもとや思はれけん、いそぎ物具(もののぐ)して、人をばかへし給ひけり。

五日(いつかのひ)のくれがたに、源氏昆陽野(こやの)をたッて、やうやう生田(いくた)の森にせめちかづく。雀(すずめ)の松原(まつばら)、御影(みかげ)の杜(もり)、昆陽野の方(かた)を見わたせば、源氏手々(てんで)に陣をとって、遠火(とほび)をたく。ふけゆくままにながむれば、山の端(は)いづる月のごとし。平家も、「遠火たけや」とて、生田森(いくたのもり)にもかたのごとくぞたいたりける。あけゆくままに見わたせば、はれたる空の星のごとし。これやむかし沢辺(さはべ)の蛍(ほたる)と詠(えい)じ給ひけんも、今こそ思ひ知られけれ。源氏はあそこに陣とッて馬やすめ、ここに陣とッて馬かひなンどしけるほどに、いそがず。平家の方には今や寄する、今や寄すると、やすい心もなかりけり。

現代語訳

大臣殿は安芸右馬助能行(あきのうまのすけよしゆき)を使者として、平家の公達の方々へ、「九郎義経が三草の我軍を攻め落して、既に一の谷へ乱入するとのことです。山の手は一大事でござる。おのおのがた、そちらへお向い下さい」と、言われたところ、皆辞退された。能登殿の所へ、「度々(たびたび)の事ではございますが、貴方が向ってくれませんか」とおっしゃって使いを出されたところ、能登殿の返事は、「戦を我身の一大事と思ってこそいい結果が出るでしょう。狩り、漁(りょう)などのように、足場のいい方(ほう)へ向いましょう、悪い方へは向わないなどという者が、戦に勝つことはよもやありますまい。何度でも言われよ、危ない方向へは教経が承って向いましょう。一方だけは打ち破りましょう。安心しておられませ」と、頼もし気に申された。大臣殿はひととおりではなく喜んで、越中前司盛俊(えっちゅうのぜんじもりとし)を先駆けに、能登殿に一万騎を付けられた。兄の越前三位通盛卿(さんみみちもりきょう)を伴って、山の手をお固めになる。山の手というのは鵯越(ひよどりごえ)の麓(ふもと)である。通盛卿は能登殿の仮屋に北の方を迎えられて、最後の名残を惜しまれたが、これを見た能登殿はたいそう怒って、「この軍は手強いからと、教経を向けられたのだ。ほんとうに強い。たった今でも上の山から源氏の軍勢がざっと降りてくれば武器を取る事もできますまい。たとえ弓を持っても、矢をつげなければ敵わない。たとえ矢をつげても、引かなければさらに良くないであろう。ましてそのように油断しておられるなら、何の役にたつのでしょうか」と諫められて、なるほどと思われたのか、いそいで武具を身に着け、北の方をお帰しになった。

五日の暮方に、源氏は昆陽野(こやの)を発って、次第に生田の森に攻め近づく。雀の松原、御影の森、昆陽野の方角を見渡すと、源氏は思い思いに陣を張って、遠くからでも見えるように火を炊いている。更け行くままに眺めると、山の端に出る月のようである。平家も、「遠火炊け」といって、生田の森にも形どおりに火を炊いたのだった。明け行くままに見渡すと、晴れた空に耀く星のようである。これを、昔、沢辺の蛍とお詠みになったのも、このようであったろうと今は思い知られたのだった。源氏はあそこに陣をとって馬を休め、ここに陣をとって馬を飼いなどしていたが、急がない。平家の方では、今寄せてくるかもしれない、今にも寄せてくるだろうと、気にかかって安心できなかった。

原文

六日(むゆかのひ)のあけぼのに、九郎御曹司(くらうおんざうし)、一万余騎を二手(ふたて)にわかッて、まづ土肥二郎実平(とひのじらうさねひら)をば七千余騎で一の谷の西の手へさしつかはす。我身は三千余騎で一の谷のうしろ、鵯(ひよどり)越(ごえ)をおとさんと、丹波路(たんばぢ)より搦手(からめて)にこそまはられけれ。兵者(つはもの)ども、「これはきこゆる悪所(あくしよ)であンなり。敵(かたき)にあうてこそ死にたけれ、 悪所におちては死にたからず。あっぱれ此(この)山の案内者やあるらん」と、面々(めんめん)に申しければ、武蔵国住人平山武者所(むさしのくにのぢゆうにんひらやまのむしやどころ)すすみ出でて申しけるは、「季重(すゑしげ)こそ案内は知ッて候へ」。御曹司、「わ殿(との)は東国そだちの者の、今日(けふ)はじめて見る西国の山の案内者、大(おほ)きにまことしからず」と宣(のたま)へば、平山かさねて申しけるは、「御諚(ごじやう)ともおぼえ候はぬものかな。吉野(よしの)、泊瀬(はつせ)の花をば歌人(かじん)が知り、敵(かたき)のこもッたる城(じやう)のうしろの案内をば、剛(かう)の者が知る候(ざうらふ)」と申しければ、是(これ)又傍若無人(ぼうじやくぶじん)にぞきこえける。

又武蔵国住人別府小太郎(べつぷのこたらう)とて、生年(しやうねん)十八歳になる小冠(せうくわん)すすみ出でて申しけるは、「父で候ひし義重法師(よししげぼつし)がをしへ候ひしは、『敵(かたき)にもおそはれよ、山ごえの狩(かり)をもせよ、深山(しんざん)にまよひたらん時は、老馬(らうば)に手綱(たづな)をうちかけて、さきにおッたててゆけ。かならず道へいづるぞ』とこそをしへ候ひしか」。御曹司、「やさしうも申したる物かな。雪は野原(のばら)をうづめども、 老いたる馬ぞ道は知るといふためしあり」とて、白葦毛(しらあしげ)なる老馬(らうば)に鏡鞍(かがみぐら)おき、白轡(しろくつわ)はげ、手綱(たづな)むすンでうちかけ、さきにおッたてて、いまだ知らぬ深山(しんざん)へこそいり給へ。比(ころ)はきさらぎはじめの事なれば、峰の雪むらぎえて、花かと見ゆる所もあり。谷の鶯(うぐひす)おとづれて、霞(かすみ)にまよふ所もあり。のぼれば白雲皓々(はくうんかうかう)として聳(そび)え、下(くだ)れば青山峨々(せいざんがが)として岸(きし)たかし。松の雪 だに消えやらで、苔(こけ)のほそ道かすかなり。嵐(あらし)にたぐふ折々は、梅花(ばいくわ)とも又うたがはるれ。東西に鞭(むち)をあげ、駒(こま)をはやめてゆく程に、山路(さんろ)に日暮(く)れぬれば、みなおりゐて陣をとる。

現代語訳

六日の明け方に、九郎御曹司は、一万余騎を二手に分けて、まず土肥二郎実平を七千余騎で一の谷の西の平家の軍勢にさし向ける。自分自身は三千余騎で一の谷の後、鵯越を落そうと、丹波路から搦手に回られた。武士どもは、「ここは有名な悪所でござる。敵に会って死にたい、悪所に落ちて死にたくはない。ああ、この山に詳しい者はいないのか」と、面々に申したので、武蔵国住人平山武者所が進み出て申したのは、「季重(すえしげ)が道を詳しく知っております」。御曹司、「お前は東国育ちだが、今日初めて見る西国の山の案内ができるとは思えない」とおっしゃると、平山が重ねて申したのは、「殿の仰せとも思われませぬ。吉野や初瀬の花を歌人が知り、敵が籠っている城の後の様子を、剛の者が知るものです」と申したところ、これが又、傍若無人に聞えた。

又武蔵国住人別府小太郎といって、生年十八歳になる元服して間もない若者が進み出て申したのは、「父であった義重法師が教えましたのは、『敵に襲われたにせよ、山越えの狩りをしたにもせよ、深山に迷った時は、老馬に手綱を掛けて、先に追い立てて行け。必ず道に出るぞ」と教えました」。御曹司は、「感心にも申したものだな。雪が野原を埋め尽くしても、老いた馬だからこそ道を知っているというたとえがある」といって、白葦毛の老馬に鏡鞍を置き、白く磨いた轡(くつわ)をかませ、手綱を結んで掛け、先に追い立てて、まだ知らない深山へお入りになる。季節は二月初めの頃なので、峰の雪はまばらに消えて花かと見える所もある。谷の鶯が訪れて鳴き、霞みに迷う所もある。高所に上ると白雲が白く光り輝いて聳え、下ると青々とした山や岩石などが険しくそびえ立って、高い崖をなしている。松の雪さえ消えもせず、苔の生えた細道がかすかに続いている。嵐に吹かれて雪の散る折には、梅の花かとも又疑われる。東に西にと馬に鞭をあて、馬を速めて行くと、山路に掛かって日暮れたので、皆下馬して陣を取る。

原文

武蔵房弁慶(むさしぼうべんけい)、老翁(ろうをう)を一人具して参りたり。御曹司、あれは何者(なにもの)ぞ」と問ひ給へば、「此(この)山の猟師(れふし)で候(さうらふ)」と申す。「さては案内は知ッたるらん。ありのままに申せ」とこそ宣(のたま)ひけれ。「争(いか)でか存知仕らで候べき」。「これより平家の城槨一谷(じようくわくいちのたに)ヘおとさんと思ふはいかに」。「ゆめゆめ叶(かな)ひ候まじ。卅丈の谷、十五丈の岩さきなンど申す所は、人のかよふべき様候(やうさうら)はず。まして御馬なンどは思ひもより候はず。其上城(そのうへじやう)のうちにはおとしあなをもほり、ひしをも植ゑて待ち参らせ候らん」と申す。「さてさ様(やう)の所は鹿はかよふか」。「鹿はかよひ候。世間(せけん) だにもあたたかになり候へば、草のふかいにふさうどて、播磨(はりま)の鹿は丹波へこえ、世間だにさむうなり候へば、雪のあさリにはまんとて、丹波の鹿は播磨の印南野(いなみの)へかよひ候」と申す。御曹司、「さては馬場(ばば)ごさんなれ。鹿のかよはう所を馬のかよはぬやうやある。やがてなんぢ案内者仕(つかまつ)れ」とぞ宣ひける。「此身(このみ)はとし老いてかなふまじい」よしを申す。「汝(なんぢ)が子はないか」。「候」とて、熊王(くまわう)と云(い)ふ童(わらは)の、生年(しやうねん)十八歳になるを奉る。やがてもとどりとりあげ、父をば鷲尾庄司武久(わしをのしやうじたけひさ)といふ間、これをば鷲尾(わしを)の三郎義久(さぶらうよしひさ)となのらせ、さきうちせさせて案内者にこそ具せられけれ。平家追討の後、鎌倉殿になかたがうて、奥州でうたれ給ひし時、鷹尾三郎義久とて、一所(いつしよ)で死ににける兵者(つはもの)なり。

現代語訳

武蔵坊弁慶が老人を一人連れて来た。御曹司が、「あれは何者か」とお尋ねになると、「この山の猟師でございます」と申す。「それでは道を知っておるであろう。ありのままに申せ」とおっしゃった。「どうして知らないわけがありましょうか」。「ここから平家の城槨一の谷へ馬に乗って下ろうと思うがどうだ」。「ゆめゆめ叶いますまい。三十丈の谷、十五丈の岩の突き出た所などと申す所は、人が通うような所ではありません。まして御馬などとは思いもよりません。そのうえ城の中には落し穴も掘ってあり、菱を植えて待ち受けていることでしょう」と申す。「さて、そのような所に鹿は通うか」。「鹿は通います。世間さえ暖かくなれば、草の深い所に隠れようとして、播磨の鹿は丹波へ越え、世間さえ寒くなれば、雪の川水の浅い所で餌を食べようとして、丹波の鹿は播磨の印南野(いなみの)へ通います」と申す。御曹司は、「それでは、そこは馬場だな。鹿の通う所を馬が通えぬわけがない。すぐにお前が案内してくれ」とおっしゃった。猟師は、「自分は年をとっており、とてもできません」ということを申す。「お前の子供はいないか」。「おります」と言って、熊王という子供の生年十八歳になる者を義経に差し出す。すぐに元服させ、父を鷲尾庄司武久というので、これを鷲尾の三郎義久と名乗らせ、先頭を行かせて道案内としてお連れになった。平家を追討した後、鎌倉殿と仲違いをして、奥州でお討たれになった時、鷲尾三郎義久といって、同じ所で死んだ武士である。

朗読・解説:左大臣光永

【古典・歴史】メールマガジンはこちら