平家物語 百四十三 落足(おちあし)

原文

小松殿(こまつどの)の末子(ばつし)、備中守師盛(びつちゆうのかみもろもり)は、主従(しゆうじゆう)七人小船(こぶね)に乗ッておち給ふところに、新中納言の侍清衛門公長(せいゑもんきんなが)といふ者馳(は)せ来(きた)ッて、「あれは備中守殿(びつちゆうのかうのとの)の御舟(おんふね)とこそ見参らせ候(さうら)へ。参り候はん」と申しければ、舟を汀(みぎは)にさし寄せたり。大(だい)の男(をのこ)の鎧(よろひ)着ながら、馬より舟へがはと飛び乗らうに、なじかはよかるべき。 舟はちひさし、くるりとふみかへしてンげり。備中守うきぬ沈みぬし給ひけるを、畠山(はたけやま)が郎等本田次郎(らうだうほんだのじらう)、十四五騎で馳せ来(きた)り、熊手(くまで)にかけてひきあげ奉り、遂(つひ)に頸(くび)をぞかいてンげる。 生年(しやうねん)十四歳とぞ聞えし。

越前三位通盛卿(ゑちぜんのさんみみちもりのきやう)は、山手(やまのて)の大将軍(たいしやうぐん)にておはしけるが、其日の装束には赤地(あかぢ)の錦(にしき)の直垂(ひたたれ)に、唐綾威(からあやをどし)の鎧着て、黄河原毛(きかはらげ)なる馬に白覆輪(しろぷくりん)の鞍(くら)おいて乗り給へり。内甲(うちかぶと)を射させて、敵(かたき)におしへだてられ、おとと能登殿(のとどお)にははなれ給ひぬ。しづかならん所にて自害せんとて、東にむかっておち給ふ程に、近江国住人佐々木(あふみのくにのぢゆうにんささき)の木材三郎成綱(きむらのさぶらうなりつな)、武蔵国住人玉井四郎資景(むさしのくにのぢゆうにんたまのゐのしらうすけかげ)、かれこれ七騎がなかに取りこめられて、つひにうたれ給ひぬ。其時までは侍一人(いちにん)つき奉ッたりけれども、それも最後の時はおちあはず。

凡(およ)そ東西の木戸ロ(きどぐち)、時をうつす程なりければ、源平かずをつくいてうたれにけり。矢倉(やぐら)のまへ、逆茂木(さかもぎ)の下(した)には、人馬(じんば)のししむら山のごとし。一谷(いちのたに)の小篠原(をざさはら)、緑(みどん)の色をひきかへて、薄紅(うすぐれなゐ)にぞなりにける。一谷、生田森(いくたのもり)、山の岨(そは)、海の汀(みぎは)にて射られきられて死ぬるは知らず、源氏のかたにきりかけらるる頸ども二千余人なり。今度うたれ給へるむねとの人々には、 越前三位通盛、弟蔵人大夫業盛(おととくらんどのたいふなりもり)、薩摩守忠度(さつまのかみただのり)、武蔵守知章(むさしのかみともあきら)、 備中守師盛、尾張守清貞(おはりのかみきよさだ)、淡路守清房(あはぢのかみきよふさ)、修理大夫経盛嫡子皇后宮亮経正(しゆりにだいふつねもりのちやくしくわうごくうのすけつねまさ)、弟若狭守経俊(おととわかさのかみつねとし)、其弟大夫敦盛(そのおととたいふあつもり)、以上十人とぞきこえし。

いくさやぶれにければ、主上(しゆしやう)をはじめ奉って、人々みな御舟(おふね)に召して出で給ふ心のうちこそ悲しけれ。塩にひかれ風に随(したが)ッて、紀伊路(きのぢ)へおもむく舟もあり。葦屋(あしや)の沖に漕(こ)ぎ出でて 浪(なみ)にゆらるる舟もあり。或(あるい)は須磨(すま)より明石(あかし)の浦(うら)づたひ、泊(とまり)さだめぬ梶枕(かぢまくら)、かたしく袖もしをれつつ、朧(おぼろ)にかすむ春の月、 心をくだかぬ人ぞなき。或は淡路(あはぢ)の瀬戸(せと)を漕ぎとほり、絵島(えしま)が磯(いそ)にただよへば、波路(なみぢ)かすかになきわたり、友まよはせるさ夜鵆(よちどり)、是も我身のたぐひかな。行くさきいまだいづくとも 思ひ定めぬかとおぼしくて、一谷の沖にやすら舟もあり。かやうに風にまかせ、浪に随ひて、浦々島々(うらうらしまじま)にただよへば、 互(たがひ)に死生(ししやう)も知りがたし。国をしたがふる事も十四箇国(かこく)、勢(せい)のつく事も十万余騎、都へちかづく事も纔(わず)かにに一日(いちにち)の道なれば、今度はさりともとたのもしう思はれけるに、一谷をもせめおとされて、人々みな心ぼそうぞなられける。

現代語訳

小松殿の末っ子、備中守師盛(もろもり)は、主従七人で小舟に乗って逃げようとなさったが、新中納言の侍清衛門公長(せいえもんきみなが)という者が駆けて来て、「それは備中守殿の御舟とお見受けいたします。その舟に私も参ります」と申したところ、舟を汀に漕ぎ寄せた。大の男が鎧を着たまま、馬から舟へぱっと飛び乗ろうとしたが、どうしていいことがあろうか。舟は小さいし、足を下した途端舟はくるりとひっくり返ってしまった。備中守が浮いたり沈んだりされていたのを、畠山の郎等本田次郎が、十四五騎で駆けて来て、熊手にかけてお引き上げ申し、遂には首を斬ったのだった。生年十四歳ということであった。

越前三位通盛卿は、山手の大将軍であられたが、その日の装束は、赤地の錦の直垂に、唐綾威(からあやおどし)の鎧を着て、黄河原毛(きかわらげ)の馬に白覆輪(しろぷくりん)の鞍を置いてお乗りになっていた。甲の中迄射通され、敵に割り込まれて、弟の能登殿と別れ別れになった。静かな所で自害しようと、東に向って逃げられたが、近江国の住人佐々木の木村三郎成綱、武蔵国の住人玉井四郎資景(すけかげ)の兵士、かれこれ七騎の中に取り囲まれて、遂にお討たれになった。その時までは侍が一人付き申していたが、それも最後の時には居合わせなかった。

およそ東西の木戸口では、戦いが二時間ほど続いたので、源平の兵士どもが数多く討たれていた。矢倉の前、逆茂木(さかもぎ)の下には切り取られた人馬の肉塊が山のようになっていた。一の谷の小篠原(おざさわら)は、緑の色に代わって薄紅(うすくれない)に染まっていた。一の谷、生田の森、山の斜面、海の汀で射られ、死んだ者はわからないが、源氏方に斬られ、晒し首にされた者は二千余人である。今度お討たれになった主だった人々は、越前三位通盛、弟蔵人大夫業盛(なりもり)、薩摩守忠度(さつまのかみただのり)、武蔵守知章(むさしのかみともあきら)、 備中守師盛(もろもり)、尾張守清貞(きよさだ)、淡路守清房(きよふさ)、修理大夫経盛(しゅうりだいふつねもり)の嫡子皇后宮亮経正(こうごうぐうのすけつねまさ)、弟若狭守経俊(つねとし)、其弟大夫敦盛(あつもり)、以上十人ということであった。

平家は合戦に敗れたので、安徳天皇を初め申して、人々は皆御舟に乗って海へ漕ぎだされたが、その心の中は悲しみでいっぱいだった。潮に流され、風の吹くまま紀伊方面へ向う舟もある。芦屋の沖に漕ぎ出して、波に揺られる舟もある。或は須磨から明石の海岸に添って流され、寝る所も決まらず、梶を枕にして寝たり、片袖だけを敷いての独り寝に袖も萎れ、朧に霞む春の月を眺めては、心を痛めない人はいなかった。或いは淡路の瀬戸を漕ぎ通り、絵島の磯に漂うと、波路をかすかに鳴き渡り、友にはぐれた小夜千鳥(さよちどり)を見ては、これも自分と同じ境遇にあるなと思う。何処へ行くとも決まっていないと思われて、一の谷の沖で休んでいる舟もある。このように風に吹かれるまま、潮の流れに乗って、浦々島々を漂っていると互いの生死もわからない。国を従える事十四か国、軍勢の付く事も十万余騎、都に近付く事もわずか一日の道程(みちのり)の事なので、今度はいくら何でもと頼もしく思っておられたのに、一の谷まで攻め落とされて、人々は皆心細くなられた。

次の章「平家物語 百四十四 小宰相身投(こざいしやうみなげ)

朗読・解説:左大臣光永

【古典・歴史】メールマガジンはこちら