平家物語 百五十ニ 横笛(よこぶえ)

原文

さる程に、小松(こまつ)の三位中将維盛卿(さんみのちゆうじやうこれもりのきやう)は、身がらは八島(やしま)にありながら、心は都へかよはれけり。故郷(ふるさと)に留(とど)めおき給ひし北の方、をさなき人々の面影(おもかげ)のみ、身にたちそひて、忘るるひまもなかりければ、「あるにかひなきわが身かな」とて、 元暦元年(げんりやくぐわんねん)三月十五日の暁、しのびつつ八島の館(たち)をまぎれ出でて、与三兵衛重景(よさうびやうゑしげかげ)、石童丸(いしどうまる)と云ふ童(わらは)、船に心得たればとて武里(たけさと)と申す舎人(とねり)、是等(これら)三人を召し具して、阿波国結城(あはのくにゆふき)の浦より小船(こぶね)に乗り、鳴戸浦(なるとのうら)を漕ぎとほり、紀伊路(きのぢ)へおもむき給ひけり。和歌(わか)、吹上(ふきあげ)、衣通姫(そとほりひめ)の神とあらはれ給へる玉津島(たまつしま)の明神(みやうじん)、日前(にちぜん)、国懸(こくけん)の御前(おまへ)を過ぎて紀伊(き)の湊(みなと)にこそつき給へ。「是より山づたひに都へのぼッて、恋しき人々を今一度(いちど)見もし見えばやとは思へども、本三位中将(ほんざんみのちゆうじやう)の生取(いけどり)にせられて大路(おほち)をわたされ、京鎌倉、恥をさらすだに口惜しきに、此身さへとらはれて、父のかばねに血をあやさん事も心憂(こころう)し」とて、 千たび心はすすめども、心に心をからかひて、高野(かうや)の御山(おやま)に参られけり。

高野に年ごろ知り給へる聖(ひじり)あり。三条の斎藤左衛門大夫以頼(さいとうさゑもんのたいふもちより)が子に、斎藤滝口時頼(さいとうたきぐちときより)といひし者なり。もとは小松殿の侍(さぶらひ)なり。十三の年本所(ほんじよ)へ参りたりけるが、建礼門院(けんれいもんゐん)の雑仕横笛(ざふしよこぶえ)といふをんなあり。滝口是(これ)を最愛(さいあい)す。父是をつたへ聞いて、「世にあらん者のむこ子になして、出仕なんどをも心やすうせさせんとすれば、世になき者を思ひそめて」と、あながちにいさめければ、滝口申しけるは、「西王母(せいわうぼ)ときこえし人、昔はあッて今はなし。東方朔(とうほうさく)といッし者も、名をのみ聞きて目には見ず。老少不定(らうせうふぢやう)の世の中は、石火(せきくわ)の光にことならず。たとひ人長命(ひとちやうめい)といヘども、七十八十をば過ぎず。そのうちに身のさかむなる事は、わづかに廿余年なり。夢まぼろしの世の中に、みにくき者をかた時も見て何かせん。思はしき者を見むとすれば、父の命(めい)をそむくに似たり。是善知識(ぜんちしき)なり。しかじ、うき世を厭(いと)ひ、まことの道に入りなん」とて、十九のとしもとどりきッて、嵯峨(さが)の往生院(わうじやうゐん)におこなひすましてぞゐたりける。横笛これをつたへきいて、「われをこそすてめ、様(さま)をさへかへけむ事のうらめしさよ。たとひ世をばそむくとも、などかかくと知らせざらむ。人こそ心強(こころづよ)くとも、たづねて恨みむ」と思ひつつ、ある暮(くれ)がたに都を出でて、嵯峨の方へぞあくがれゆく。ころはきさらぎ十日(とをか)あまりの事なれば、梅津(うめづ)の里の春風に、よその匂(にほひ)もなつかしく、大井河(おほゐがは)の月影も霞(かすみ)にこめておぼろなり。一方(ひとかた)ならぬ哀れさも、誰(たれ)ゆゑとこそ思ひけめ。往生院とは聞きたれども、さだかにいづれの坊とも知らざれば、ここにやすらひかしこにたたずみ、たづねかぬるぞむざんなる。住みあらしたる僧坊に、念誦(ねんじゆ)の声しけり。滝口入道が声と聞きなして、「わらはこそ是(これ)までたづね参りたれ。様(さま)のかはりておはすらんをも、今一度(いちど)見奉らばや」と、具したりける女をもッていはせければ、滝口入道むねうちさわぎ、障子のひまよりのぞいてみれば、まことに尋ねかねたるけしきいたはしうおぼえて、いかなる道心者(だうしんじや)も心よわくなりぬべし。やがて人を出(いだ)して、「まッたく是にさる人なし。門(かど)たがへでぞあるらむ」とて、つひにあはでぞかへしける。横笛なさけなううらめしけれども、力なう涙をおさへて帰りけり。滝口入道、同宿(どうじゆく)の僧にあうて申しけるは、「是もよにしづかにて 念仏の障碍(しやうげ)は候はねども、あかで別れし女に此住(すま)ひを見えて候へば、たとひ一度は心強くとも、又もしたふ事あらば、心もはたらき候ひぬべし。暇(いとま)申して」とて、嵯峨をば出でて高野(かうや)へのぼり、清浄心院(しやうじやうしんゐん)にぞ居たりける。横笛も様(さま)をかへたるよし聞えしかば、滝口入道一首の歌を送りけり。

そるまではうらみしかどもあづさ弓まことの道にいるぞうれしき

横笛が返(かへり)ことには、

そるとてもなにかうらみむあづさ弓ひきとどむべきこころならねば

横笛はその思(おもひ)のつもりにや、奈良の法花寺(ほつけじ)にありけるが、いくほどもなくて、遂(つひ)にはかなくなりにけり。滝口入道、かやうの事を伝へ聞き、弥(いよいよ)ふかくおこなひすましてゐたりければ、父も不孝(ふけう)をゆるしけり。したしき者共もみな用ひて、高野の聖(ひじり)とぞ申しける。

三位中将、是に尋ねあひて見給へば、都に候ひし時は布衣(ほうい)に立烏帽子(たてえぼし)、衣文(えもん)をつくろひ、鬢(びん)をなで、花やかなりし男なり。出家の後は今日(けふ)はじめて見給ふに、未(いま)だ卅(さんじふ)にもならぬが 老僧姿にやせ衰へ、こき墨染(すみぞめ)に同じ袈裟(けさ)、思ひいれたる道心者、うらやましくや思はれけむ。晋(しん)の七賢(しちげん)、漢(かん)の四晧(しかう)がすみけむ商山(しやうざん)、竹林の有様も、是(これ)には過ぎじぞと見えし。

現代語訳

さて、小松三位中将維盛卿は、身体は八島にありながら、心は妻子のいる都との間を行きつ戻りつしていた。故郷に残しておかれた北の方や幼い子等の面影だけが維盛の身から離れず、忘れる事ができなかったので、「生きていても仕方のない我身であることよ」といって、元暦元年三月十五日の明け方、秘かに八島の館を抜け出して、与三兵衛重景(よさのひょうえしげかげ)、石童丸という少年、舟を漕ぐ心得のある武里(たけさと)と申す舎人(とねり)、これら三人を召し連れて、阿波国(あわのくに)結城(ゆうき)の浦から小舟に乗り、鳴門の浦を通り、紀伊路へ向われた。和歌、吹上、衣通姫(そとおりひめ)が神として現れられた玉津島の明神、日前(にちぜん)、国県(こくけん)両宮の前を過ぎて紀伊の湊へお着きになる。「ここから山伝いに都へ上って、恋しい人々にもう一度逢いたいと思うが、本三位中将が生け捕りにされて大路を引き回され、京・鎌倉で恥をさらしたのでさえ悔しいのに、この身までも捕われて死んだ父の名を辱めるのも情けない」といって、何度も何度も都へ行きたいという思いにかられたが、都へ行きたいという気持ちとそれを制する気持ちが争って結局高野のお山へおいでになった。

高野には長年の知り合いの聖がいた。三条の斎藤左衛門大夫以頼(さいとうさえもんのたいふもちより)の子で、斎藤滝口時頼という者である。もとは小松殿の侍である。十三の年に滝口の陣へ参ったが、建礼門院の雑仕に横笛という女がいて、滝口はこの女を寵愛した。父の以頼(もちより)はこれを人伝に聞き、「時めいている者の婿にして、出仕なども気安くさせようとしたが、身分の低い者に思いを寄せて残念だ」と、むきになって諫めたので、滝口が申したことには、「西王母と聞えた人も昔はおられましたが今はおられません。東方朔といった人も、名前だけは聞きますが目に見た事はございません。老人が先に死ぬか少年が先に死ぬかわからない世の中では、人の命は、火打石が放つ一瞬の光と違いは無く短いものです。たとえ、人は長生きだといっても、七十、八十を過ぎる事はありません。その中で身体が健康でいられるのは、纔かに二十余年に過ぎません。夢幻のはかない世の中に、気に染まない醜い女を片時でも妻としたとて何になりましょう。気に入った女性と連れ添おうとすると、父の命に背くことになります。これこそ仏道に入るよい機会です。辛い浮世を嫌って、真の仏道に入るにこしたことはございません」といって、十九の年に髻(もとどり)を切って出家し、嵯峨の往生院で仏道修行に励まれていた。横笛はこれを伝え聞いて、「自分を捨てるのはともかくとして、姿までも変えたという事がほんとに恨めしい。例え、世の中に背を向けるとも、どうしてこうしているのと知らせてくれないのだろうか、あの人が気は強くつれなくても、尋ねて行って恨み言を言おう」と思いながら、ある日の暮方に都を出て、嵯峨の方へふらふらと出て行った。頃は二月十日過ぎの事なので、梅津の里の春風にどこからともなく匂ってくる梅の匂いも懐かしく、大井川に映る月影も霞に籠って朧(おぼろ)である。尋常ではない恋い慕う思いも誰のためにと思ったのだろう。時頼のせいなのだ。往生院とは聞いていたがはっきりどこの坊とも知らないので、此処に立ち寄り、あそこに佇み、尋ねる事もできずにいるのは痛ましい事であった。そうこうするうちに、ある住み荒らした僧坊に、念仏を唱える声がした。滝口入道の声と聞き知って、「私がここまで尋ねて参りました。出家姿でおられるのを、もう一度拝見したいのです」と、連れて来た女を通して言わせたので、滝口入道は胸が高鳴って、襖の隙間から覗いて見ると、ほんとに尋ねかねた様子がいたわしく思えて、どんなに強い気持ちで仏道に励む者でも心が折れそうである。間もなく中から人を出して、「全くここにそんな人はおりません。お門違いでござろう」と言って、ついに会わずに帰してしまった。横笛は情けなく恨めしく思ったが、力なく涙を抑えて帰って行った。滝口入道が同宿の僧に会って申したことは、「ここもまったく静かで念仏を唱えるに障害はありませんが、嫌になったのではないのに別れた女にこの住いを見られましたので、たとえ一度は気強く追い返しても、再度慕ってくることがあれば、気持ちも動くことになりましょう。失礼をして」と言って、嵯峨を出て高野山へ上り、清浄心院(しょうじょうしんいん)に身を置いたのだった。横笛も出家したという噂を聞いたので、滝口入道は一首の歌を送った。

そるまではうらみしかどもあづさ弓まことの道にいるぞうれしき
(貴方が尼になるまでは私の事を恨んでいたが、その貴方も仏道に入ったと聞いてうれしい)

横笛の返事には、

そるとてもなにかうらみむあづさ弓ひきとどむべきこころならねば
(尼になったとはいっても何で貴方を恨みましょう。とても引き留めることのできるような貴方の決心ではないのですから)

横笛はその思いが積もったせいであろうか、奈良の法花寺(ほっけじ)にいたが、間もなく亡くなってしまった。滝口入道はこの話しを人伝に聞いて、ますます深く仏道修行に励んでいたので、父も不幸を許したのだった。親しい物共も皆滝口入道を尊敬して、高野の聖と申したのだった。

三位中将が滝口入道に会って御覧になると、都にいた時は布衣姿に立烏帽子を被り、衣服をきちんと着て、鬢を撫で、優美な男であった。出家後はきょう初めて御覧になられたが、まだ三十にもならない男が、老僧姿に痩せ衰え、濃い墨染に同じ袈裟を着て、深く仏の道に心を入れた修行者になっており、羨ましく思われたことであろう。普(しん)の七賢、漢の四晧(しこう)が住んだという商山(しょうざん)や竹林の有様も、これ以上ではあるまいと思われた。

朗読・解説:左大臣光永