【葵 10】六条御息所、もの思いに心乱れる

原文

御息所は、ものを思し乱るること年ごろよりも多く添ひにけり。つらき方に思ひはてたまへど、今はとてふり離れ下りたまひなむはいと心細かりぬべく、世の人聞きも人わらへにならんことと思す。さりとて立ちとまるべく思しなるには、かくこよなきさまにみな思ひくたすべかめるも安からず、「釣する海人《あま》のうけなれや」と、起き臥し思しわづらふけにや、御心地も浮きたるやうに思されて、悩ましうしたまふ。大将殿《だいしやうどの》には、下りたまはむことを、もて離れて、あるまじきことなども妨げきこえたまはず、「数ならぬ身を見まうく思し棄てむもことわりなれど、今は、なほいふかひなきにても、御覧じはてむや浅からぬにはあらん」と聞こえかかづらひたまへば、定めかねたまへる御心もや慰む、と立ち出でたまへりし御禊河《みそぎがわ》の荒かりし瀬に、いとどよろづいとうく思し入れたり。

現代語訳

御息所は、もの思いに心乱れることがここ数年より増えるようになった。

源氏の君のお気持ちが得られないとあきらめきってはいらしたが、もうこれまでと縁を振り切って伊勢にお下りになるのもたいそう心細いにちがいないし、世間の人への外聞も悪く人の笑い草になるだろうとお思いになる。

そうかといって都にとどまるように決心なさるには、こうしてこの上もなくひどく、誰もが自分を軽蔑するだろうことも心穏やかでなく、「釣する海人のうけなれや」とばかりにご自分の心をひとつに決められず、起きても寝ても思い悩んでいるためだろうか、お気持ちも不安定であるように思われて、病気のような状態になっておられた。

大将殿(源氏の君)は、六条御息所が伊勢に下向なさることに無関心で、あってはならないことなどいってお止め申し上げなさることもなく、(源氏)「物の数でもない私と逢うのがつまらないのでお見捨てになるのも道理ですが、今は、やはり言っても仕方ないとしても、最後まで見ていてくださるのが、浅からぬお気持ちというものでしょう」などと申してからんでこられるので、こうと決めかねているお気持ちが、もしかしたら慰められることもあるだろうかと、御禊の日にお出かけになったのだが、その御禊の日に、荒っぽい乱暴を受けて、いよいよ万事嫌になってふさぎ込んでしまわれた。

語句

■つらき方 源氏の気持ちがどうあがいても自分には向かないという絶望。 ■思ひくたす 軽蔑する。 ■釣する海人のうけなれや 「伊勢の海に釣する海人の泛子《うけ》なれや心ひとつを定めかねつる」(古今・恋一 読人しらず)。「泛子」は釣に使う浮き。 ■もて離れた 無関心で。 ■御禊河の荒かりし瀬 車争ひの一件を、荒い河の瀬にたとえる。また御禊河は賀茂川をさす。

朗読・解説:左大臣光永