【葵 13】六条御息所、生霊となって葵の上を苦しめ、自身も苦しむ

原文

大殿《おほとの》には、御物の怪いたう起こりていみじうわづらひたまふ。この御生霊《いきすだま》、故父大臣《こちちおとど》の御霊《らう》など言ふものありと聞きたまふにつけて、思しつづくれば、身ひとつのうき嘆きよりほかに人をあしかれなど思ふ心もなけれど、もの思ひにあくがるなる魂は、さもあらむと思し知らるることもあり。年ごろ、よろづに思ひ残すことなく過ぐしつれどかうしも砕けぬを、はかなき事のをりに、人の思ひ消ち、無きものにもてなすさまなりし御禊《みそぎ》の後、一ふしに思し浮かれにし心鎮まりがたう思さるるけにや、すこしうちまどろみたまふ夢には、かの姫君と思しき人のいときよらにてある所に行きて、とかく引きまさぐり、現《うつつ》にも似ず、猛《たけ》くいかきひたぶる心出で来て、うらかなぐるなど見えたまふこと度重なりにけり。あな心うや、げに身を棄ててや往《い》にけむと、うつし心ならずおぼえたまふをりをりもあれば、さならぬことだに、人の御ためには、よさまのことをしも言ひ出でぬ世なれば、ましてこれはいとよう言ひなしつべきたよりなり、と思すに、いと名立たしう、「ひたすら世に亡《な》くなりて後に怨み残すは世の常のことなり。それだに人の上にては、罪深うゆゆしきを、現《うつつ》のわが身ながらさるうとましきことを言ひつけらるる、宿世《すくせ》のうきこ宿世のうきこと。すべてつれなき人にいかで心もかけきこえじ」と思し返せど、「思ふもものを」なり。

斎宮は、去年《こぞ》内裏《うち》に入りたまふべかりしを、さまざまさはることありて、この秋入りたまふ。九月《ながつき》には、やがて野宮《ののみや》に移ろひたまふべければ、二度《ふたたび》の御祓《はらへ》のいそぎとり重ねてあるべきに、ただあやしうほけほけしうて、つくづくと臥し悩みたまふを、宮人いみじき大事にて、御祈禱《いのり》などさまざま仕うまつる。おどろおどろしきさまにはあらず、そこはかとなくて月日を過ぐしたまふ。大将殿も常にとぶらひきこえたまヘど、まさる方のいたうわづらひたまへば、御心のいとまなげなり。

現代語訳

左大臣家では、御物の怪がたいそうあらわれて、姫君(葵の上)はひどくご病状がお悪くていらっしゃる。

六条御息所は、その物の怪がご自分の御生霊だとか、故父大臣の御霊など言うものがあるとお聞きになるにつけて、だんだんとお考えになってみると、わが身ひとつの悲しみ嘆きのほかに他人に対して不幸になれと思う心もないけれど、魂は、もの思いによってさまよい出るというから、そういうこともあるだろうと、思い当たられることもある。

ここ何年か、万事物思いを残すところなく尽くして過ごしてきたけれど、ここまで気持ちが砕けてしまうことはなかったのに、あのつまらない車争いの折に、源氏の君が自分を無視して、無きものとして取り扱うようすであった御禊の後、この一事のために安定しない心がなかなか鎮まらないと思われていたせいであろうか、すこしうとうとなさって御覧になる夢には、あの姫君(葵の上)とおぼしき人がたいそうきれいにしている所に行って、あちこち引っぱりいじくって、ふだんの状態とはまったく違い、荒々しく恐ろしい、ひたすら一途の念が起こって、荒々しく揺さぶったりするのなどを御覧になることが度重なった。

「ああいやなことだ、昔から言われているように、魂が身を捨ててさまよい出たのだろう」と、ご自分が正気でないように思われることも時々あるので、「そこまでのことでなくても、他人のことについては、世間の人はよいことはけして言い出さないのに、ましてこれはたいそう酷く悪評を立てるに違いない材料だ」と思われるにつけ、ひどく悪評が立ちそうな気がして、「この世から亡くなった後に、ひたすら一途な怨みを残すのはよくあることだ。それさえ他人事として聞くぶんには罪深く不吉と思われるのに、生きているわが身のままで、そのようなうとましいことを噂される、前世からの因縁のつたなさよ。もう一切、あのつれない人に、どうあっても心もおかけ申し上げまい」と思い直しなさるが、思うまいと思うのも、思っていることなのである。

斎宮(御息所の娘)は、去年宮中に入るはずだったが、さまざまな差し障りがあって、この秋にお入りになる。

九月には、そのまま野宮にお移りになることになっているので、二度目の御祓の準備が重ねて行われることになっているのだが、御息所はただ変にぼんやりして、つくづくと横になってお悩みになっているのを、斎宮にお仕えする女房たちは、これを重大事と考えて、御祈祷などさまざまに行い申し上げる。

御息所は、とくに重体というようすではなく、なんとなく月日をお過ごしになる。大将殿(源氏の君)も常に御息所をご訪問申し上げるのだが、より重要さにおいて勝っている方(葵の上)がひどくお患いなので、大将殿の御心は、お暇がなさそうである。

語句

■この御生霊 「この」は自分の。以下、延々とつづく六条御息所の内省。 ■もの思ひにあくがるなる魂 人が物思いにふけるとその魂が肉体を抜け出してさまようと言われていた。「物思へば沢の蛍もわが身よりあくがれ出づる魂かとぞ見る」(後拾遺・雑六 和泉式部)。 ■はかなき事 御禊の日の車争いの件。 ■猛くいかきひたぶる心 「猛し」は荒々しい。「いかく」は恐ろしい。「ひたぶる心」はひたすらに一途な気持ち。 ■うちかなぐる 荒々しく動かすこと。 ■げに なるほど昔から言われている通り。「身を捨ててゆきやしにけむ思ふよりほかなるものは心なりけり」(古今・雑下 凡河内躬恒)。 ■うつし心ならず 正気を失っている状態。 ■人の御ためには… 「惣じて人の身のためによき事はいはず、あしき事はたれも伝《いふ》世なればと也」(湖月抄)。「よさま」は「よきさま」。 ■思ふもものを 「思はじと思ふも物を思ふなり言はじといふもこれも言ふなり」(源氏釈)。 ■ほけほけしうて 「惚けほけし」は、ぼんやりしていること。 ■宮人 斎宮にお仕えする女房など。 ■いそぎ 支度。準備。

朗読・解説:左大臣光永