【葵 18】源氏、葵の上を追悼する

【古典・歴史】メールマガジンはこちら

原文

殿におはし着きて、つゆまどろまれたまはず。年ごろの御ありさまを思し出でつつ、「などて、つひにはおのづから見なほしたまひてむ、とのどかに思ひて、なほざりのすさびにつけても、つらしとおぼえられたてまつりけむ、世を経《へ》てうとく恥づかしきものに思ひて過ぎはてたまひぬる」など、悔しきこと多く思しつづけらるれど、かひなし。鈍《にば》める御衣《ぞ》奉れるも、夢の心地して、我先立たましかば、深くぞ染めたまはまし、と思すさへ、

限りあれば薄墨ごろもあさけれど涙ぞそでをふちとなしける

とて念誦《ねんず》したまへるさま、いとどなまめかしさまさりて、経《きやう》忍びやかに読みたまひつつ、「法界三昧普賢大士《ほふかいざんまいふげんだいじ》」とうちのたまへる、行ひ馴れたる法師よりはけなり。若君を見たてまつりたまふにも、「何に忍ぶの」と、いとど露けけれど、かかる形見さへなからましかば、と思し慰さむ。

宮は沈み入りて、そのままに起き上りたまはず、危ふげに見えたまふを、また思し騒ぎて御祈禱《いのり》などせさせたまふ。

はかなう過ぎゆけば、御法事《わざ》のいそぎなどせさせたまふも、思しかけざりし事なれば、尽きせずいみじうなむ。なのめにかたほなるをだに、人の親はいかが思ふめる。ましてことわりなり。またたぐひおはせぬをだにさうざうしく思しつるに、袖の上の玉の砕けたりけむよりもあさましげなり。

大将の君は、二条院にだに、あからさまにも渡りたまはず、あはれに心深う思ひ嘆きて、行ひをまめにしたまひつつ明かし暮らしたまふ。所どころには御文ばかりぞ奉りたまふ。

かの御息所は、斎宮《さいぐう》は左門門《さえもん》の司《つかさ》に入りたまひにければ、いとどいつくしき御浄《きよ》まはりにことつけて聞こえも通ひたまはず。うしと思ひしみにし世もなべて厭《いと》はしうなりたまひて、かかる絆《ほだし》だに添はざらましかば、願はしきさまにもなりなまし、と思すには、まづ対《たい》の姫君のさうざうしくてものしたまふらむありさまぞ、ふと思しやらるる。

夜は御帳《みちやう》の内に独り臥したまふに、宿直《とのゐ》の人々は近うめぐりてさぶらへど、かたはらさびしくて、「時しもあれ」と寝覚めがちなるに、声すぐれたるかぎり選《え》りさぶらはせたまふ念仏の暁方など忍びがたし。

現代語訳

源氏の君は左大臣邸にお着きになって、少しもまどろまれない。ここ数年の女君(葵の上)のご様子を思い出しつつ、(源氏)「どうして、しまいには自分のことを見直してくださるだろうと、のんびりと考えて、いい加減な浮気ごとをするにつけても、つらい思いをさせ申したのだろう、その生涯を通じて、私のことを親しみなく、気詰まりなものに思って最後まで過ごされたこと」など、後悔することが多く、思いつづけられたが、どうしようもない。

鈍色の喪服をお着せ申すことも、夢のような気持ちがして、もし自分のほうが先立ったのなら、あの方はもっと深く衣をお染めになるだろうと、思われるのさえ悲しくて、

(源氏)限りあれば…

(規定があることなので、薄墨衣を浅い色で染める。それはまるで私の気持ちが浅いようだが、そうではない。涙で濡れた袖が淵となり、藤色に染まるのだ)

といって念誦なさるさまは、いっそうあでやかさが加わって、経を声を低くしてお読みになりつつ、「法界三昧普賢大士」とおっしゃるご様子は、行いなれた法師よりも優れている。

若君(夕霧)を御覧になられるにつけても、「何に忍の」とたいそう涙におくれになるが、こんな形見でもなかったらと、お思いになってお気持ちをお慰めになる。

母宮は意気消沈なさって、そのまま起き上がりもされない。お命も危なそうにお見えになるので、またご心配でご祈祷などをおさせになる。

はかなく時が過ぎてゆくので、ご法事準備などおさせになるにつけても、思いもかけなかった事なので、悲しみは尽きない。

取り柄がなく、まともでない子でさえ、人の親はどんなにか愛しく思うだろう。ましてこの姫君ほどすぐれた子を失っては、親の嘆き悲しむのは当然である。

母宮は、この姫君のほかには姫君がいらっしゃらないことをさえ、さびしいことに思っていらしたのに、袖の上の玉が砕けたのよりも嘆かわしいことである。

大将の君(源氏の君)は、二条院にさえも、ほんのかりそめにもいらっしゃらない。悲しく心深く思い嘆いて、仏事の行いを誠実になさいつつ、明けても暮れてもお過ごしになる。

あちこちのお通い所にはお文だけを差し上げなさる。

あの御息所は、斎宮(御息所の娘)は左衛門の司にお入りになったので、厳重に御身を御浄めになることにことつけてお便りのやりとりもなさらない。

源氏の君は、悲しく辛いものと思い知りなさった世の中も、一切が嫌におなりになって、このような血縁さえ加わらなかったら、願っていたように出家したいと思われるにつけても、まっさきに西の対の姫君(紫の上)が心細くしていらっしゃるようすが、ふと思いやられる。

源氏の君は、夜は御帳の内に一人横になっていらして、宿直の女房たちは近くに取り巻いて控えているが、すぐおそばに人がいないのがさびしくて、「時もあろうに万事物寂しい秋にお亡くなりになるとは」と寝覚めがちであるにつけ、声のよいものを選んで控えさせなさっている、その者たちが念仏を唱える暁方などは、忍びがたく心にしみる。

語句

■なおざり その場限りの。いい加減な。 ■鈍色 喪服の色、濃いねずみ色。薄墨色。妻の喪服は薄墨色、夫の喪服は濃い色を用いる。 ■念誦 仏名、経文などを声に出して唱えること。 ■法界三昧普賢大士 「法界三昧」は普賢菩薩のいる三昧境。「大士」は菩薩。普賢菩薩は文殊菩薩とともに毘盧遮那仏の脇侍。 ■けなり 「異(け)」はすぐれている。 ■何に忍ぶの 「結びおきしかたみのこだになかりせば何に忍ぶの草を摘ままし」(後撰・雑ニ 兼忠が母の乳母)。「かたみ」は「筐(竹で編んだ目の細かいかご)」と「形見」を、「こ」は「籠」と「子」を掛ける。竹で編んでおいたかごがなかったら、何に忍ぶ草を摘もう=二人で契った結果生まれたこの子がいなかったら、何によって妻を思い出せようか。 ■露けけれど 「忍ぶ(草)」の縁語として「露」を出した。 ■御法事のいそぎ 死後七日ごとに四十九日まで行う仏事の準備。 ■佐衛門の司 斎宮が伊勢に下るに先立ち精進潔斎する「初斎院」の段階において、宮中の左衛門府の一部を御所とする。 ■いつくしき御浄まはり 厳重な精進潔斎。 ■かかる絆だに 「絆」は馬の足をしばる綱。転じて絆。夕霧のことをさすか。 ■時しもあれ 亡くなるなら亡くなるで時期があろうに、よりにもよって寂しさのまさる秋にお亡くなりになったものよ、の意。

朗読・解説:左大臣光永

【古典・歴史】メールマガジンはこちら