> 【源氏物語】【賢木 33】源氏と朧月夜、密会 右大臣、現場にふみこむ【原文・現代語訳・朗読】

【賢木 33】源氏と朧月夜、密会 右大臣、現場にふみこむ

原文

そのころ尚侍《かむ》の君まかでたまへり。瘧病《わらはやみ》に久しう悩みたまひて、まじなひなども心やすくせんとてなりけり。修法《ずほふ》などはじめて、おこたりたまひぬれば、誰も誰もうれしう思すに、例のめづらしき隙《ひま》なるをと、聞こえかはしたまひて、わりなきさまにて夜な夜な対面《たいめ》したまふ。いと盛りに、にぎははしきけはひしたまへる人の、すこしうち悩みて、痩せ痩せになりたまへるほど、いとをかしげなり。后《きさい》の宮も一所《ひとところ》におはするころなれば、けはひいと恐ろしけれど、かかることしもまさる御癖なれば、いと忍びて度重なりゆけば、けしき見る人々もあるべかめれど、わづらはしうて、宮にはさなむと啓せず。大臣《おとど》はた思ひかけたまはぬに、雨にはかにおどろおどろしう降りて、雷《かみ》いたう鳴りさわぐ暁に、殿の君達《きむだち》、宮司《みやづかさ》など立ちさわぎて、こなたかなたの人目しげく、女房どもも、怖《お》ぢまどひて近う集ひまゐるに、いとわりなく出でたまはん方なくて、明けはてぬ。御帳のめぐりにも、人々しげく並みゐたれば、いと胸つぶらはしく思さる。心知りの人二人ばかり、心をまどはす。

雷《かみ》鳴りやみ、雨すこしをやみぬるほどに、大臣渡りたまひて、まづ宮の御方におはしけるを、村雨の紛れにて、え知りたまはぬに、軽《かろ》らかにふと這ひ入りたまひて、御簾《みす》引き上げたまふままに、「いかにぞ。いとうたてありつる夜のさまに思ひやりきこえながら、参り来《こ》でなむ。中将、宮の亮《すけ》などさぶらひつや」など、のたまふけはひの舌疾《したど》にあはつけきを、大将はものの紛れにも、左大臣《ひだりのおとど》の御ありさま、ふと思しくらべられて、たとしへなうぞほほ笑まれたまふ。げに入りはててものたまへかしな。

尚侍《かむ》の君いとわびしう思されて、やをらゐざり出でたまふに、面《おもて》のいたう赤みたるを、なほ悩ましう思さるるにやと見たまひて、「など御|気色《けしき》の例ならぬ。物の怪などのむつかしきを。修法《ずほふ》延べさすべかりけり」とのたまふに、薄二藍《うすふたあゐ》なる帯の、御|衣《ぞ》にまつはれて引き出でられたるを見つけたまひて、あやしと思すに、また畳紙《たたむがみ》の手習などしたる、御|几帳《きちやう》のもとに落ちたりけり。これはいかなる物どもぞ、と御心おどろかれて、「かれは誰《た》がぞ。けしき異《こと》なる物のさまかな。たまへ。それ取りて誰がぞと見はべらむ」とのたまふにぞ、うち見返りて、我も見つけたまへる。紛らはすべき方もなければ、いかがは、いらへきこえたまはむ。我にもあらでおはするを、子ながらも恥づかしと思すらむかし、とさばかりの人は思し憚《はばか》るべきぞかし。されどいと急に、のどめたるところおはせぬ大臣《おとど》の、思しもまはさずなりて、畳紙《たたむがみ》を取りたまふままに、几帳より見入れたまへるに、いといたうなよびて、つつましからず添ひ臥したる男もあり。今ぞやをら顔ひき隠して、とかう紛らはす。あさましう、めざましう心やましけれど、直面《ひたおもて》にはいかでかあらはしたまはむ。目もくるる心地すれば、この畳紙《たたむがみ》を取りて、寝殿に渡りたまひぬ。尚侍《かむ》の君は、我かの心地して死ぬべく思さる。大将殿も、いとほしう、つひに用なきふるまひのつもりて、人のもどきを負はむとすること、と思せど、女君の心苦しき御気色を、とかく慰めきこえたまふ。

現代語訳

そのころ尚侍《かむ》の君(朧月夜)が宮中をご退出なさった。瘧病を久しくお患いになつて、まじないなども気兼ねなくしようとしてのことであった。

修法などをはじめて、回復なさると、誰も彼もうれしくお思いになるが、例によってめったにない機会だからと、源氏の君とご連絡しあいなさって、無理なご算段をして夜な夜なお逢いになられる。

典侍の君はまさに女盛りで、華やかな感じの方であるが、それがすこし病を患って、ほっそりお痩せになったようすは、たいそう美しいのだった。

后の宮(弘徽殿大后)も同じ御邸にいらっしゃるころであるので、その気配はひどく恐ろしかったが、源氏の君は、このような際どい状況でこそやる気がお出になる御性分なので、

…保留…

語句

朗読・解説:左大臣光永