平家物語 九十五 清水冠者(しみずのくわんじや)

原文

寿永(じゆえい)二年三月上旬に、兵衛佐(ひやうゑのすけ)と木曾冠者義仲(きそのくわんじやよしなか)不快の事ありけり。兵衛佐木曾追討(きそついたう)の為に、其勢(そのせい)十万余騎で信濃国(しなののくに)へ発向(はつかう)す。木曾は依田(よだ)の城(じやう)にありけるが、是(これ)を聞いて依田の城を出でて、信濃と越後(ゑちご)の境、熊坂山(くまさかやま)に陣をとる。兵衛佐は同じき国善光寺(ぜんくわうじ)に着き給ふ。木曾乳母子(めのとご)の今井四郎兼平(ゐまいしらうかねひら)を使者で、兵衛佐の許(もと)へつかはす。「いかなる子細(しさい)のあれば、義仲うたむとは宣(のたま)ふなるぞ。御辺(ごへん)は東(とう)八ヶ国をうちしたがへて、東海道より攻めのぼり平家を追ひおとさむとし給ふなり。義仲も東山北陸(とうせんほくろく)両道をしたがへて、今一日(いちにち)もさきに平家を攻めおとさむとする事でこそあれ。何(なん)のゆゑに御辺と義仲と中(なか)をたがうて、平家にわらはれんとは思ふべき。但し十郎蔵人殿(じふらうくらんどどの)こそ、御辺をうらむる事ありとて、義仲が許へおはしたるを、義仲さへすげなうもてなし申さむ事、いかんぞや候(さうら)へば、うちつれ申したれ。まッたく義仲においては、御辺に意趣思ひ奉らず」といひつかはす。兵衛佐の返事には、「今こそさやうには宣(のたま)へども、慥(たし)かに頼朝(よりとも)討つべきよし、謀叛(むほん)のくはたてありと申す者あり。それにはよるべからず」とて、土肥(とひ)、梶原(かぢはら)をさきとして、既に討手(うつて)をさしむけらるる由聞えしかば、木曾真実(しんじつ)意趣なき由をあらはさむがために、嫡子清水冠者義重(しみずのくわんじやよししげ)とて、生年(しやうねん)十一歳になる小冠者(こくわんじや)に、海野(うんの)、望月(もちづき)、諏方(すは)、藤沢(ふぢさは)なンどいふ聞ゆる兵共(つはものども)をつけて、兵衛佐の許へつかはす。兵衛佐、「此上(このうえ)はまことに意趣なかりけり。頼朝いまだ成人の子をもたず。よしよしさらば子にし申さむ」とて、清水冠者を相具(あひぐ)して、鎌倉へこそ帰られけれ。

現代語訳

寿永二年三月上旬に、兵衛佐と木曽冠者義仲の間で仲違いすることがあった。兵衛佐は木曽義仲追討の為に、十万余騎の軍勢をもって信濃の国へ出陣する。木曽義仲は依田の城に陣取っていたが、これを聞いて依田の城を出て、信濃と越後の境にある熊坂山に陣をとる。兵衛佐は同じ信濃の国善光寺にお着きになる。木曽義仲は自分の乳母の子にあたる今井四郎兼平を使いに立て、兵衛佐の許へ行かせる。「どんな理由があって義仲を討とうと言われるのか。貴殿は当国八ケ国を討ち従えて、東海道から攻め上って平家を追い落とそうとなされている。義仲も東山道並びに北陸道の両道を従えて、一日でも先に平家を攻め落とそうとしているのだ。どういう訳で貴殿と義仲とが仲違いをして、平家に笑われようとするのか。但し、十郎蔵人殿は貴殿に恨み事があるということで、義仲の陣に参られたので、義仲まで冷たい対応をするのはどうかと思い、同行申してはいるが、義仲は貴殿を少しもお恨みしてはいない」と伝えさせる。兵衛佐の返事には、「今ではそのように言われるが、確かに頼朝を討つべし、謀叛の企てがあると申す者がいる。義仲の言葉に騙されてはなるまい」と言って、土肥次郎実平、梶原平三景時を先陣として、すでに討手を差し向けられたという事が耳に入ったので、木曽義仲は真実恨みは無い事を表そうとして、嫡子の清水冠者義重という、生年十一歳になる若者に、海野、望月、諏訪、藤沢などという名のある武士どもをつけて、兵衛佐の許へ行かせる。兵衛佐は、「こうなさるからには本当に意趣はなかっのだな。頼朝はまだ成人の子がいない、よしよしそれなら我が子にし申そう」と言って、清水冠者を連れて、鎌倉へ帰られた。

次の章「平家物語 九十六 北国下向(ほつこくげかう)
朗読・解説:左大臣光永

【古典・歴史】メールマガジンはこちら