平家物語 百十九 征夷将軍院宣(せいいしやうぐんのいんぜん)

原文

さる程に鎌倉(かまくら)の前右兵衞佐頼朝(さきのうひやうゑのすけよりとも)、ゐながら征夷将軍(せいゐしやうぐん)の院宣(ゐんぜん)を蒙(かうぶ)る。御使(おつかひ)は左史生中原康定(さししやうなかはらのやすさだ)とぞ聞えし。十月十四日関東(くわんとう)へ下着(げちやく)。兵衛佐宣(のたま)ひけるは、「頼朝年来勅勘(ねんらいちよくかん)を蒙りたりしかども、今武勇(ぶよう)の名誉長(めいよちやう)ぜるによッて、ゐながら征夷将軍の院宣を蒙る。いかんが私(わたくし)でうけとり奉るべき。若宮(わかみや)の社(やしろ)にて給はらん」とて、若宮へ参りむかはれけり。八幡(はちまん)は鶴(つる)が岡(おか)にたたせ給へり。地形石清水(ちけいいはしみず)にたがはず。廻廊(くわいらう)あり、楼門(ろうもん)あり、 つくり道十余町(みちじふよちやう)見くだしたり。「抑(そもそも)院宣をば誰(たれ)してかうけとり奉るべき」と評定(ひやうぢやう)あり。「三浦介義澄(みうらのすけよしずみ)してうけとり奉るべし。其故(そのゆゑ)は八ヶ国(はちかこく)に聞えたりし弓矢(ゆみや)とり、三浦平太郎為次(みうらのへいたろうためつぐ)が末葉(ばつえふ)なり。其上父大介(ちちおほすけ)は君の御ために命(いのち)をすてたる兵(つはもの)なれば、彼義明(かのぎめい)が黄泉(くわうせん)の迷闇(めいあん)をてらさむがため」とぞ聞えし。院宣の御使康定は、家子二人(いへのこににん)、郎等(らうどう)十人具したり。院宣をば文袋(ふぶくろ)にいれて雑色(ざふしき)が頸(くび)にぞかけさせたりける。三浦介義澄も家子二人、郎等十人具したり。二人(ににん)の家子は和田三郎宗実(わだのさぶらうむねざね)、比企(ひき)の藤四郎能員(とうしらうよしかず)なり。十人の郎等をば大名十人して、俄(にはか)に一人づつしたてけり。三浦介が其日(そのひ)の装束(しやうぞく)には、かちの直垂(ひたたれ)に 黒糸威(くろいとをどし)の鎧(よろひ)着て、いか物づくりの大太刀(おほだち)はき、廿四さいたる大中黒(おほなかぐろ)の矢負ひ、滋籐(しげどう)の弓脇(わき)にはさみ、甲(かぶと)をぬぎ高紐(たかひも)にかけ腰をかがめて院宣をうけとる。康定、「院宣うけとり奉る人はいかなる人ぞ、名のれや」といひければ、三浦介とは名のらで、本名(ほんみやう)を、「三浦の荒次郎義澄(あらじらうよしすみ)」とこそなのッたれ。院宣をば覧箱(らんばこ)にいれられたり。兵衛佐(ひやうゑのすけ)に奉る。ややあッて、 覧箱をば返されけり。重かりければ、康定是(これ)をあけてみるに、 沙金(しやきん)百両いれられたり。若宮(わかみや)の拝殿(はいでん)にして、康定に酒をすすめらる。斎院次官親能陪膳(さいゐんのしくわんちかよしはいぜん)す。五位一人役送(やくそう)をつとむ。馬三疋(びき)ひかる。一疋に鞍(くら)おいたり。大宮のさぶらひたッし狩野(かの)の工藤一﨟祐経(くどういちらふすけつね)是をひく。ふるき萱屋(かやや)をしつらうて、いれられたリ。厚綿(あつわた)のきぬ二両、小袖十重(こそでとかさね)、長持(ながもち)にいれてまうけたり。 紺藍摺白布千端(こんあゐずりしろぬのせんだん)をつめり。盃飯(はいはん)ゆたかにして美麗(びれい)なり。

次日(つぎのひ)兵衛佐の館(たち)へむかふ。内外(うちと)に侍(さぶらひ)あり。共(とも)に十六間(けん)なり。 外侍(とざぶらひ)には家子郎等(いへのこらうどう)肩をならべ、膝(ひざ)を組んでなみゐたり。 内侍(うちさぶらひ)には一門(いちもん)の源氏上座(げんじしやうざ)して、末座(ばつざ)に大名小名(だいみやうせうみやう)なみゐたり。 源氏の座上(ざしやう)に康定(やすさだ)をすゑらる。良(やや)あッて寝殿(しんでん)へ向ふ。広廂(ひろびさし)に紫(むらさき)の縁(へり)の畳(たたみ)をしいて、康定をすゑらる。うへには高麗縁(こうらいべり)の畳を敷き、御簾(みす)たかくあげさせ、兵衛佐殿出られたり。布衣(ほうい)に立烏帽子(たてえぼし)なり。顔(かほ)大きに、せいひきかりけり。容貌優美(ようはういうび)にして言語分明(げんごふんみやう)なり。まづ子細(しさい)を一々のべ給ふ。「平家頼朝(よりとも)が威勢(ゐせい)におそれて都をおち、その跡(あと)に木曾(きそ)の冠者(くわんじゃ)、十郎蔵人(じふらうくらんど)うちいりて、わが高名(こうみやう)がほに官加階(くわんかかい)を思ふ様(さま)になり、剰(あまつさ)へ国をきらひ申す条(でう)、奇怪(きつくわい)なり。奥(おく)の秀衡(ひでひら)が陸奥守(むつのかみ)になり、佐竹四郎高義(さたけのしらうたかよし)が常陸守(ひたちのかみ)になッて候(さうらふ)とて、頼朝が命(めい)にしたがはず。いそぎ追討(ついたう)すべきよしの院宣を給はるべう候」。左史生(さししやう)申しけるは、「今度(こんど)康定も名簿(みやうぶ)参らすべう候が、御使(おんつかひ)で候へば、先づ罷上(まかりのぼ)ッて、やがてしたためて参らすべう候。おととで候史(し)の大夫重能(たいふしげよし)も其(その)義(ぎ)を申し候」。兵衛佐わらッて「当時(たうじ)頼朝が身として、各(おのおの)の名簿思ひもよらず。さりながら、げにも申されば、さこそ存ぜめ」とぞ宣(のたま)ひける。軈(やが)て今日上洛(こんにちしようらく)すべきよし申しければ、今日(けふ)ばかりは逗留(とうりう)あるべしとてとどめらる。

次日兵衛佐(つぎのひひやうゑのすけ)の館(たち)へむかふ。萌黄(もえぎ)の糸威(いとをどし)の腹巻(はらまき)一両、白(しろ)うつくッたる太刀一振(たちひとふり)、滋籐(しげどう)の弓、野矢(のや)そへてたぶ。馬十三疋(びき)ひかる。三疋に鞍(くら)おいたり。家子郎等(いへのこらうどう)十二人に、直垂(ひたたれ)、小袖(こそで)、大ロ(おほくち)、馬鞍におよび、荷懸駄(にかけだ)卅疋ありけり。鎌倉出(かまくらいで)の宿(しゆく)より鏡(かがみ)の宿(しゆく)にいたるまで、宿々(しゆくじゆく)に十石づつの米(よね)をおかる。たくさんなるによッて施行(せぎやう)にひきけるとぞ聞えし。

現代語訳

そうしているうちに鎌倉の前兵衛佐頼朝(さきのうひょうえのすけよりとも)は、鎌倉に居たままで征夷将軍の院宣を受ける。院宣の御使いは左史生中原康定という噂であった。十月十四日関東へ到着。兵衛佐が言われたのは、「頼朝は長年天皇のお怒りを蒙っておりましたが、今武勇の名誉が高まったので、鎌倉に居ながらにして征夷将軍の院宣をいただいた。どうして私の家で受け取れましょうか。若宮の社でいただきましょう」と言って、若宮へ向かわれた。八幡は鶴ケ岡にお建ちになっていた。その地形は石清水八幡宮とそっくりである。廻廊があり、楼門もあり、造られた参道の十余町が見下ろせた。「そもそも院宣を誰が受け取るべきか」との評定(ひょうじょう)が開かれる。「三浦介義澄をもって受け取り奉るべき。その訳は八か国に聞えた弓矢取り、三浦平太郎為次の子孫である。そのうえ父の大介(義明)は君の御為に命を捨てた武士なので、義明の霊を慰めるためだ」という事であった。院宣の御使い康定は、家子二人・郎等十人を連れていた。院宣を文袋に入れて雑色の首に掛けさせていた。二人の家子は和田三郎宗実(むねざね)、比企(ひき)の藤四郎能員(とうしろうよしかず)である。十人の郎等は十人の大名が急いで一人ずつ仕立てたのであった。三浦介のその日の装束は濃い紺色のかちの直垂に黒糸威の鎧を着て、いかめしい作りの大太刀をはき、二十四本の矢をさした大中黒の矢を負い、滋籐(しげどう)の弓を脇に挟み、甲を脱ぎ高紐に掛けており、腰をかがめて院宣を受け取る。康定は、「院宣を受け取る人はどんな人か。名乗れや」と言ったので、三浦介とは名乗らず、「三浦の荒次郎義澄」と本名を名乗った。院宣は覧箱(らんばこ)に入れられていた。兵衛佐(ひょうえのすけ)に差し上げる。しばらくしてから覧箱を返された。重かったので、康定がこれを開けて見ると、砂金が百両入れられていた。若宮の拝殿で、康定に酒を勧められる。斎院次官親能(さいいんのじかんちかよし)が給仕をする。五位の一人が食膳を運ぶ。三頭の馬が引出物として送られる。一頭には鞍を置いている。大宮の侍であった狩野の工藤一臈祐経(いちろうすけつね)がこれを引く。古い萱屋を整備して康定を迎え入れた。厚綿の衣二重ねに、小袖十重ねを長もちに入れて用意してある。紺藍摺・白布千反を積んであった。もてなしの酒や料理は豊富で豪華である。

次の日兵衛佐の館へ向う。館の内外に侍の詰所がある。共に十六間の建物である。外の詰所には家子郎等が肩を並べ、膝を組んで並んで座っている。内の詰所には一門の源氏の武士どもが上座に座り、末座には大名・小名が並んで座っている。源氏の座上に康定を座らせる。しばらくしてから寝殿へ向う。そこには広い廂に紫の縁取りの畳が敷かれており、康定をすわらせる。上には高麗縁の畳を敷き、御簾を高く上げさせ、兵衛佐殿が出られた。無紋の狩衣に立烏帽子である。顔は大きく背が低かった。その容貌は優美さを湛え、言葉は明快である。まず詳しい事情を一々お述べになる。「平家は頼朝の威勢を怖れて都を落ち、その後に木曾の冠者、十郎蔵人が打ち入って、自分の自慢顔に官位を取ったり、位を上げたり思う様に振る舞っており、そのうえ国司として与えられた国を嫌い申すのはけしからんことです。陸奥の秀衡が陸奥守になり、佐竹四郎高義が常陸守になったといって頼朝の命に従いません。急ぎ追討すべきとの院宣をいただきとう存じます」。左史生康定が申したのは、「今度康定も名簿を書こうとしましたが、御使いでございますので、先ずは都へ帰って、すぐにしたためようと思っております。弟で候史(こうし)の大夫重能(たいふしげよし)もそう申しております」。兵衛佐(ひょうえのすけ)は笑って、「今、頼朝の身として、各々の名簿をいただく事など思いもよらぬ事。そうはいっても、本当にそのように申されるのであれば、そのつもりでいよう」とおっしゃった。やがて、今日上洛するするということを申したところ、今日だけはお留まりなるようにということで留められた。

次の日康定は兵衛佐の館へ向う。萌黄の糸威の腹巻一領、銀で飾った太刀一振り、滋籐の弓に野矢を添えてお与えになる。馬を十三頭引いてお与えになる。三頭には鞍が置かれていた。家子郎等十二人に、直垂、小袖、大口袴、馬鞍までお与えになり、そのほか荷を負った馬が三十頭もあった。鎌倉を出る時の宿から鏡の宿に至るまで、宿々に十石づつの米を置かれた。たくさんだったので貧しい者へ施し物として配られたという事である。

次の章「平家物語 百二十 猫間(ねこま)
朗読・解説:左大臣光永

【古典・歴史】メールマガジンはこちら