第二百十二段 秋の月は、かぎりなくめでたきものなり

秋の月は、かぎりなくめでたきものなり。いつとても月はかくこそあれとて、思ひ分かざらん人は、無下に心憂かるべき事なり。

口語訳

秋の月は、限りなく素晴らしいものである。いつでも月はこのようなものだろうと、他の季節の月と区別がつかない人は、まったく残念な事である。

語句

■無下に ひどく。まったく。

メモ

大方は月をも愛でじ(伊勢物語 八十八段)
秋風にたなびく雲のたえ間より 漏れ出づる月の影のさやけさ(左京大夫顕輔)
■思ひおくことぞこの世に残りける見ざらんあとの秋の夜の月(『兼好法師家集』)

朗読・解説:左大臣光永

発売中

■聴いて・わかる。『徒然草』for Windows
https://sirdaizine.stores.jp/items/5726666100d331592d016b2b

『徒然草』の全文を、現代語訳つきで朗読し、楽しく解説しました。一文一文を丁寧に読み解き、歴史的背景も含めてわかりやすく解説していきます。