第八十九段 奥山に、猫またといふものありて

「奥山に、猫またといふものありて、人を食(くら)ふなる」と、人の言ひけるに、「山ならねども、これらにも、猫の経あがりて、猫またに成りて、人とる事はあなるものを」と言ふ者ありけるを、何阿弥陀仏とかや、連歌しける法師の、行願寺(ぎょうがんじ)の辺(ほとり)にありけるが聞きて、ひとり歩かん身は、心すべきことにこそと思ひける比(ころ)しも、ある所にて夜ふくるまで連歌して、ただひとり帰りけるに、小川(こがわ)のはたにて、音に聞きし猫また、あやまたず足許へふと寄り来て、やがてかきつくままに、頸のほどを食はんとす。胆心(きもこころ)も失せて、防がんとするに、力もなく足も立たず、小川へ転び入りて、「助けよや、猫また、よやよや」と叫べば、家々より松どもともして走り寄りて見れば、このわたりに見知れる僧なり。「かは如何に」とて、川の中より抱(いだ)き起したれば、連歌の賭物取りて、扇・小箱など懐に持ちたりけるも、水に入りぬ。希有(けう)にして助かりたるさまにて、はふはふ家に入りにけり。

飼ひける犬の、暗けれど主を知りて、飛び付きたりけるとぞ。

▼音声が再生されます▼

口語訳

「奥山に、猫またというものがあって、人を食うということだ」と、人の言ったのを、「山でなくても、この辺りでも、猫が年を重ねて猫またになって、人を捕ることはあることですのに」と言う者があったところ、何とか阿弥陀仏とかいったか、連歌をたしなむ法師で、行願寺の近くに住んでいる僧が聞いて、一人歩きする身は、用心すべきことと思っていた折しも、ある所で夜更けまで連歌の会を行って、ただ一人帰っていた所、小川(こがわ)のはたで、噂に聞く猫またが、狙いはずさず足元へすっと寄って来て、いきなり取りつくやいなや、首のあたりを食おうとした。胆魂も消えて、防ごうとするが、力もなく足も立たない。小川へ転げ入って、「助けてくれえ、猫まただ、やあやあ」と叫ぶと、家々から松明を多くともして走り寄って見れば、このあたりに見知った僧であった。

「これはどうしたことか」といって、川の中から抱き起こすてみれば、連歌の会の賞品として獲得した扇・小箱などを懐に持っていたのも、水に入ってしまった。不思議にも助かった様子で、這うようにして家に入った。

飼っていた犬が、暗くても主人を知って、飛びついたものだったそうだ。

語句

■猫また 怪獣の一種。『明月記』に記述がある。 ■経上がりて 年の功を積んで。 ■何阿弥陀仏 何とか阿弥陀仏。「阿弥陀仏」は浄土宗・時衆の僧に用いた号。やがてこの号は簡略化され、何阿弥、何阿となる。世阿弥・観阿弥など。兼好の知人にも頓阿がいる。 ■行願寺 天台宗の寺。京都一条北、油小路東にあった。皮の衣を着たので革聖とよばれた行円が寛弘元年(1004年)創建。後に移転し、現在も京都市中京区にある。西国三十三カ所第19番札所。 ■小川 こがわ。行願寺のほとりを流れていた川。固有名詞。 ■あやまたず 正確に・狙いはずさず。または、はたして。 ■やがてかきつき いきなり取り付く。 ■よやよや やあやあ。必死て喚いてる感じ。 ■懸物 連歌の勝負に賞品として獲得した品。 ■希有 不思議にも。 ■はふはふ 這う這う。這うようにして。「

メモ

●小川・行願寺
●教科書
●水木しげるの妖怪辞典

朗読・解説:左大臣光永

発売中

■聴いて・わかる。『徒然草』for Windows
https://sirdaizine.stores.jp/items/5726666100d331592d016b2b

『徒然草』の全文を、現代語訳つきで朗読し、楽しく解説しました。一文一文を丁寧に読み解き、歴史的背景も含めてわかりやすく解説していきます。