平家物語 百二十四 鼓判官(つづみはうぐわん)

原文

凡(およ)そ京中(きやうぢゆう)には源氏みちみちて、在々所々(ざいざいしよしよ)にいりどりおほし。 賀茂(かも)、八幡(はちまん)の御領(ごりやう)ともいはず、青田(あをた)を刈りてま草(くさ)にす。人の倉をうちあけて物をとり、持ッてとほる物をうばひとり、衣裳(いしやう)をはぎとる。「平家の都におはせし時は、六波羅殿(ろくはらどの)とて、ただおほかたおそろしかりしばかりなり。衣裳をはぐまではなかりし物を。平家に源氏かへおとりしたり」とぞ人申しける。

木曾(きそ)の左馬頭(さまのかみ)のもとへ、法皇(ほふわう)より御使(おつかひ)あり。「狼籍(らうぜき)しづめよ」と仰せ下さる。御使は壱岐守知親(いきのかみともちか)が子に壱岐判官知康(いきのはうぐわんともやす)といふ者なり。天下にすぐれたる鼓(つづみ)の上手(じやうず)でありければ、時(とき) の人鼓判官(つづみはうぐわん)とぞ申しける。木曾対面(たいめん)して、先(ま)ず御返事(おんへんじ)をば申さで、「抑(そもそも)わ殿(との)を鼓判官といふは、よろづの人にうたれたうたか、はられたうたか」とぞ問うたりける。知康(ともやす)返事におよばず、院(ゐん)の御所(ごしよ)に帰り参って、「義仲(よしなか)をこの者で候。只今朝敵(たうてき)になり候(さうら)ひなんず。いそぎ追討(ついたう)せさせ給へ」と申しければ、法皇、さらばしかるべき武士(ぶし)にも仰せ付けられずして、山の座主(ざす)、寺(てら)の長史(ちやうり)に仰せられて、山、三井寺(みゐでら)の悪僧(あくそう)どもを召されけり。公卿殿上人(くぎやうてんじやうびと)の召されける勢(せい)と申すは、向(むか)へ礫(つぶて)、印地(いんぢ)、いふかひなき辻冠者原(つじくわんじやばら)、乞食法師(こつじきぼふし)どもなりけり。

木曾左馬頭(きそさまのかみ)、院の御気色(ごきしよく)あしうなると聞えしかば、はじめは木曾にしたがうたりける五畿内(ごきない)の兵(つはもの)ども、皆そむいて院方(ゐんがた)へ参る。信濃源氏村上(しなののげんじむらかみ)の三郎判官代(さぶらうはんぐわんだい)、是(これ)も木曾をそむいて法皇へ参りけり。今井四郎(いまゐのしらう)申しけるは、「是こそ以(もつ)ての外(ほか)の御大事(おんだいじ)で候へ。さればとて十善帝王(じふぜんていわう)にむかひ参らせて、争(いか)でか御合戦(ごかつせん)候べき。甲(かぶと)をぬぎ弓をはづいて、降人(かうにん)に参らせ給へ」と申せば、木曾大(おほ)きにいかつて、「われ信濃を出でし時、麻績(をみ)、会田(あひだ)のいくさよりはじめて、北国には砥浪山(となみやま)、黒坂(くろさか)、篠原(しのはら)、西国(さいこく)には福隆寺縄手(ふくりゆうじなはて)、篠(ささ)の迫(せまり)、板倉(いたくら)が城(じやう)を責めしかども、 いまだ敵(かたき)にうしろを見せず。たとひたとひ十善帝王にてましますとも、甲をぬぎ弓をはづいて、降人にはえこそ参るまじけれ。たとへば都の守護してあらむ者が、馬一疋(ぴき)づつかうて乗らざるべきか。いくらもある田どもからせてま草(くさ)にせんを、あながちに法皇のとがめ給ふべき様(やう)やある。兵粮米(ひやうらうまい)もなければ、冠者原共(くわじやばらども)がかたほとりについて時々いりどりせんは、何かあながちひが事ならむ。大臣家(だいじんげ)や宮々(みやみや)の御所(ごしよ)へも参らばこそ僻事(ひがこと)ならめ、是は鼓判官が凶害(きよょうがい)とおぼゆるぞ。其鼓(そのつづみ)め打破(うちやぶ)つて捨てよ。今度(こんど)は義仲(よしなか)が最後の軍(いくさ)にてあらむずるぞ。頼朝(よりとも)が帰りきかむ処(ところ)もあり。軍(いくさ)ようせよ、者ども」とてうッたちけり。北国の勢(せい)ども皆(みな)落ち下ッて、纔(わずか)に六七千騎(ぎ)ぞありける。我軍(わがいくさ)の吉例(きちれい)なればとて、七手(ななて)につくる。先(ま)づ樋口次郎兼光(ひぐちのじらうかねみつ)、二千騎(ぎ)で新熊野(いまぐまの)のかたへ搦手(からめて)にさしつかはす。のこり六手(むて)はおのおのがゐたらむずる条里小路(でうりこうぢ)より川原(かはら)へ出でて、七条河原(しつでうかはら)にて一つになれと、あひづをさだめて出で立ちけり。

現代語訳

およそ、京中に源氏の兵士が満ち満ちて、至る所で人家に侵入し家財などを掠奪する押し入り強盗が多い。加我神社や石清水八幡の領地でもかまわず青田を刈ってま草にする。人の倉を押し開けて物を取り、持って通る物を奪い取り、衣装を剥ぎ取る。「平家が都におられた時は、六波羅殿といって世間一般にただ恐ろしかっただけである。衣装を剥ぐ迄はなかったものを。平家に源氏が変って返って悪くなってしまった」と人は申した。

木曾の左馬頭の所へ法皇よりの使いがあり、「狼藉を鎮めよ」と命令を下される。御使いは壱岐守知親(いきのかみともちか)の子で壱岐判官知康(いきのほうがんともやす)という者である。天下に名の知れた鼓の名手だったので、当時の人が鼓判官(つづみほうがん)と申していた。木曾は対面して、先ず御返事はしないで、「そもそも貴方を鼓判官というのは、多くの人にお打たれになったのか、張られなさったのか」と聞いたのだった。知康は返事もできずに、院の御所に帰って来て、「義仲はおろか者でございます。今にも朝敵(ちょうてき)になるでしょう。急いで追討おさせください」と申したところ、法皇は、それなら然るべき武士に仰せつけられるべきなのにそれもなさらないで、比叡山の座主、園城寺の首長の僧に仰せられて、比叡山、三井寺の荒法師共をお呼びになった。公卿・殿上人が集められた軍勢というのは、向え礫(つぶて)、印地や特に言うほどの価値もない市中を徘徊する浮浪の若者や乞食坊主どもであった。

木曾左馬頭への院の御機嫌が悪くなったという噂がたったので、はじめは木曾に従っていた五幾内の武士どもが、皆背(そむ)いて院方へ参った。信濃源氏村上三郎の三郎判官代がこれも背いて法皇方へ参った。今井四郎が申したのは、「これこそ以ての外の一大事でございます。だからといって十善帝王にお手向かいになってどのようにして合戦なさいますか。甲を脱ぎ弓を外して、降参なさいませ」と申すと、木曾はたいそう怒って、「「自分は信濃を出た時、麻積(おみ)、会田(あいだ)の戦を初めとして、北国では砺波山(となみやま)、黒坂(くろさか)、篠原(しのはら)、西国では福隆寺縄手(ふくりゅうじなわて)、篠の迫り、板倉の城を攻めたがいまだ敵に後を見せた事は無い。たとえ十善帝王であられようとも、甲を脱ぎ弓をはずして、降参はしない。たとえば都の守護をしている者が、馬を一頭づつ飼って乗らないでいるはずはなかろう。いくらでもある田を刈らせて秣(まぐさ)にするのを、強いて法皇がお咎めなさるべきだろうか。兵粮米も無いので、若者共が都のはずれに行って時々物を掠奪するのは、どうしてあながち不都合であろうか。大臣家や宮々様の御所へ参るのならば不都合であろが、これは鼓判官の人を陥れる悪だくみと思うぞ。その鼓めを打ち破って捨てよ。今度は義仲の最後の戦になるであろう。頼朝が伝え聞くという事もある。だから立派な戦をせよ。者ども」といって出発した。北国の軍勢は皆本国へ落ち下って、纔かに六七千騎が残っていた。我軍の吉例になればと、七手にわける。まず樋口次郎兼光が二千騎で新熊野(いまくまの)の方面へ搦手として向わせる。残りの六手はおのおのが控えていた条里や小路から川原へ出て、七条河原で一つになれと合図を決めて出発した。

原文

軍は十一月十九日の朝(あした)なり。院御所法住寺殿(ゐんのごしよほふぢゆうじどの)にも、軍兵(ぐんぴやう)二万余人参りこもりたるよし聞えけり。御方(みかた)の笠(かさ)じるしには、松の葉をぞ付けたりける。木曾法住寺殿(ほふぢゆうじどの)の西門(さいもん)におし寄せてみれば、鼓判官知康(つづみはうぐわんともやす)軍の行事(ぎやうじ)承って、赤地(あかぢ)の錦(にしき)の直垂(ひたたれ)に、鎧(よろひ)はわざと着ざりけり。甲計(かぶとばかり)ぞ着たりける。甲には四天(してん)を書いておしたりけり。
御所の西の築墻(ついかき)の上にのぼッて立ッたりけるが、片手にはほこをもち、片手には金剛鈴(こんがうれい)をもって、金剛鈴を 打振(うちふ)り打振り、時々は舞ふ折(をり)もありけり。若き公卿殿上人(くぎやうてんじやうびと)、「風情(ふぜい)なし。知康には天狗(てんぐ)ついたり」とぞわらはれける。大音声(だいおんじやう)をあげて、「むかしは宣旨(せんじ)をむかッてよみければ、枯れたる草木(くさき)も花咲き実(み)なり、悪鬼(あくき)、悪神(あくじん)も随(したが)ひけり。末代ならむがらに、いかんが十善帝王(じふぜんていわう)にむかひ参らせて弓をばひくベき。汝等(なんぢら)がはなたん矢は、返ッて身にあたるべし。ぬかむ太刀は身をきるべし」なンどとののしりければ、木曾、「さないはせそ」とて、時をどッとつくる。

さる程に、搦手(からめて)にさしつかはしたる樋口次郎兼光(ひぐちのじらうかねみつ)、新熊野(いまぐまの)の方(かた)より時の声をそあはせたる。鏑(かぶら)のなかに火をいれて、法住寺殿(ほふぢゆうじどの)の御所に射たてたりければ、をりふし風ははげしし、猛火(みやうくわ)天にもえあがッて、ほのほは虚空(こくう)にひまもなし。いくさの行事知康は、人よりさきに落ちにけり。行事がおつるうへは、二万余人の官軍ども、我さきにとぞ落ちゆきける。あまりにあわてさわいで、弓とる者は矢を知らず、矢をとる者は弓を知らず。或(あるい)は長刀(なぎなた)さかさまについて、我足(わがあし)つきつらぬく者もあり、或(あるい)は弓の弭(はず)物にかけて、えはづさで捨ててにぐる者もあり。七条(しつでう)がすゑは摂津国源氏(つのくにげんじ)のかためたりけるが、七条を西へおちて行く。かねて軍(いくさ)以前より、「落人(おちうど)のあらむずるをば、用意してうちころせ」と、御所より披露(ひろう)せられたりければ、在地(ざいぢ)の者共、屋ねいに楯(たて)をつき、おそへの石をとりあつめて、待ち懸けたるところに、摂津国源氏のおちけるを、「あはや落人よ」とて、石を拾ひかけ、さんざんに打ちければ、「これは院がたぞ。あやまち仕(つかまつ)るな」といへども、「さないはせそ。院宣であるに、ただ打ちころせ打ちころせ」とて打つ間、或(あるい)は馬をすてて、はふはふにぐる者もあり、或はうちころさるるもありけり。八条(はつでう)がすゑは山僧(さんぞう)かためたりけるが、恥(はぢ)ある者は討死(うちじに)し、つれなき者はおちぞゆく。

主水正親業薄青(もんどのかみちかなりうすあを)の狩衣(かりぎぬ)のしたに、萌黄威(もえぎをどし)の腹巻を着て、白葦毛(しらあしげ)なる馬に乗り、河原をのぼりに落ちてゆく。今井四郎兼平(いまいのしらうかねひら)おッかかッて、しや頸(くび)の骨を射て射おとす。清大外記頼業(せいだいげきよりなり) が子なりけり。「明経道(みやうぎやうだう)の博士(はかせ)、甲冑(かつちう)をよろふ事しかるべからず」とぞ人申しける。木曾を背(そむ)いて院方(ゐんがた)へ参ッたる信濃源氏村上三郎判官代(しなののげんじむらかみのさぶらうはんぐわんだい)もうたれけり。是(これ)をはじめて院方には近江中将為清(あふみのちゆうじようためきよ)、越前守信行(ゑちぜんのかみのぶゆき)も射ころされて頸とられぬ。伯耆守光長(ほうきのかみみつなが)、子息判官光経父子(はうぐわんみつつねふし)共にうたれぬ。按察大納言資賢卿(あぜちのだいなごんすけかたのきやう)の孫播磨少将雅賢(はりまのせうしやうまさかた)も鎧に立烏帽子(たてえぼし)で軍(いくさ)の陣へ出でられたりけるが、樋口次郎に生(いけ)どりにせられ給ひぬ。天台座主明雲大僧正(てんだいざすめいうんだいそうじやう)、寺(てら)の長吏円恵法親王(ちやうりゑんけいほつしんわう)も御所に参りこもらせ給ひたりけるが、黒煙(くろけぶり)すでにおしかけければ、御馬(おんま)に召して、いそぎ川原へ出でさせ給ふ。武士どもさむざむに射奉る。明雲大僧正、円恵法親王も御馬より射おとされて御頸(おんくび)とられさせ給ひけり。

現代語訳

戦は十一月十九日の朝である。院の御所法住寺殿にも、軍兵(ぐんぴやう)二万余人が参って籠っているということが伝わってきた。院の味方の笠印(かさじるし)には、松の葉を付けていた。木曾が法住寺殿の西の門に押し寄せてみると、鼓判官知康(ともやす)が戦の指揮を承って、赤地の錦の直垂に、鎧はわざと着ていなかった。甲だけを被っていた。甲には四天王の絵を貼ってあった。御所の西の築垣(ついがき)に登って立っていたが、片手には矛(ほこ)を持ち、片手には金剛鈴(こんごうれい)を持って、金剛鈴を打ち振りながら、時々は舞う時もあった。若い公卿・殿上人は、「見苦しい。知康には天狗が付いた」と笑われた。知康が大音声を上げて、「昔は宣旨を面と向って読んだら、枯れた草木も花が咲き実がなり、悪鬼、悪神も随ったものだ。末代であるからといって、どうして十善帝王にお向い申して弓が引かれようか。お前たちの放った矢は、元に返ってお前たちの身に当たるであろう。抜いた太刀は身を切るであろう。」などと罵(ののし)ったので、木曾は、「そうはさせぬ」と、どっと鬨の声をあげる。

そうしていると搦手に遣わした滝口次郎兼光が、新熊野の方角より正面の味方に合せて鬨の声をあげた。鏑のなかに火を入れて、法住寺殿の御所に射たてたので、折から風は激しく、猛火が空に燃え上がって、炎は空いっぱいに広がる。戦の指揮者知康は、誰よりも先に逃げてしまった。指揮者が逃げた以上、二百余人の官軍どもは我先にと落ちて行った。あまりにも慌てふためいて、弓をとる者は矢がわからず、矢を取る者は弓がわからない。あるいは長刀を逆(さか)さまについて我足を突き貫く者もあり、或は弓の弾(はず)を物に引っ掛け外しもせず捨てて逃げる者もいる。七条のはずれは摂津国源氏が守っていたが、七条を西へ落ちて行く。かねて戦の前から、「落人を見つけたら、待ち構えて打ち殺せ」と御所から触れ回られていたので、地元の人々屋根の上に盾を作り襲えの石を取り集めて、待ち受けていた所に、摂津国源氏が逃げて来たので、石を拾って投げ散々に打ったので「これは院方ぞ。間違いなさるな」と言えども「そうはさせん。院宣なので、ただ打ち殺せ、打ち殺せ」といって打つ間、ある者は馬を棄てて、ほうほうの体で逃げたが、打ち殺される者もいた。八条通りのはずれは叡山の僧が守っていたが、恥を知る者は討死し、恥知らずの者は逃げて行く。

主水正親業(もんどのかみちかなり)は薄青の狩衣の下に、萌黄威(もえぎおどし)の腹巻を着て、白葦毛(しろあしげ)という馬に乗り河原をのぼり逃げて行く。今井四郎兼平が追っかけて、首の骨を射て射落す。清大外記頼業(せいだいげきよりなり)の子であった。「明経道(みょうきょうどう)の博士が甲冑を身に着ける事はよろしくない」と世間の人は申した。木曾に背いて院方に寝返った信濃源氏村上三郎判官代も討たれた。これを初めとして院方では近江中将為清(ためきよ)、越前守信行(のぶゆき)も射殺されて首を取られた。伯耆守(ほうきのかみ)光長、子息判官光経(みつつね)父子も共に討たれた。按察使(あぜちの)大納言資賢卿(すけかたのきょう)の孫播磨少将雅賢(まさかた)も鎧に立烏帽子で戦の陣へ出られたが、樋口次郎に生け捕りにされてしまわれた。天台座主明雲大僧正、寺の長史(ちょうり)円恵法親王(ほっしんのう)も御所に参りお籠りになられたが、黒煙がすでに押しかけていたので御馬にお乗りになって、急いで川原へお出になられる。武士どもが散々に射申し上げる。明雲大僧正、円恵法親王も御馬から射落とされて御首をお取られになった。

原文

豊後(ぶんご)の国司刑部卿三位頼輔卿(こくしぎやうぶきやうざんみよりすけのきやう)も、御所に参りこもられたりけるが、火は既におしかけたり、いそぎ川原へ逃げ出で給ふ。武士の下部(しもべ)どもに衣装(いしやう)皆はぎとられ、まッぱだかでたたれたり。十一月十九日のあしたなれば、河原の風さこそすさまじかりけめ。三位こじうとに越前法眼性意(ゑちぜんのほふげんしやうい)といふ僧あり。其中間法師(そのちゆうげんぼふし)、軍(いくさ)見んとて河原に出でたりけるが、三位のはだかでたたれたるに見あうて、「あなあさまし」とてはしり寄り、此(この)法師は白き小袖(こそで)二つに衣(ころも)着たりけるが、さらば小袖をもぬいで着せ奉れかし、さはなくて衣をひンぬいで投げかけたり。短き衣うつほにほほかぶッて帯もせず。うしろさこそ見苦しかりけめ。白衣(びやくえ)なる法師ともに具しておはしけるが、さらばいそぎもあゆみ給はで、あそこ爰(ここ)に立ちとどまり、「あれはたが家ぞ、是(これ)は何者が宿所ぞ、ここはいづくぞ」と、道すがら問はれければ、見る人みな手をたたいてわらひあへり。

法皇は御輿(おんこし)に召して他所(たしよ)へ御幸(ごかう)なる。武士どもさんざんに射奉る。豊後少将宗長(ぶんごのせうしやうむねなが)、木蘭地(むくらんぢ)の直垂(ひたたれ)に折烏帽子(をりえぼし)で供奉(ぐぶ)せられたりけるが、「是は法皇の御幸ぞ、あやまち仕るな」と宣(のたま)へば、兵(つはもの)ども皆馬よりおりてかしこまる。「何者ぞ」と御尋(おんたづ)ねありければ、「信濃国住人矢島(しなののくにのぢゆうにんやしま)の四郎行綱(しらうゆきつな)」となのり申す。軈(やが)て御輿に手かけ参らせ、五条内裏(ごでうだいり)におしこめ奉(たてま)ッて、きびしう守護し奉る。

主上(しゆしやう)は池に船をうかべて召されけり。武士どもしきりに矢を参らせければ、七条侍従信清(しつでうのじじゆうののぶきよ)、紀伊守範光(きのかみのりみつ)、御船(おんふね)に候はれけるが、「是はうちのわたらせ給ふぞ。あやまち仕るな」と宣へば、兵ども皆馬よりおりてかしこまる。閑院殿(かんゐんどの)へ行幸(ぎやうがう)なし奉る。行幸の儀式のあさましさ、申すもなかなかおろかなり。

現代語訳

豊後の国司刑部卿三位頼輔卿(ぎょうぶきょうざんみよりすけのきょう)も御所に参り籠っておられたが、火はすでにおしかけていた、急いで川原へお逃げだしになられる。身分の低い武士共に衣装を皆剥ぎ取られ、真裸(まっぱだか)で立たれていた。十一月十九日の朝なので、河原の風はさぞかしすさまじく冷たかったことだろう。三位の小舅に越前法眼性意(えちぜんのほうげんしょうい)という僧がいた。その中間法師が戦を見ようと河原へ出ていたが、三位の裸で立たれているのに見会って、「ああ、情けない」と走り寄って、この法師は白い小袖二つに衣を着ていたが、それなら小袖を脱いでお着せ申せばいいのに、そうではなく衣を引き抜いで投げかけた。短い衣を頭からすっぽりかぶって帯もしない。後姿はそれこそ見苦しかったことであろう。白衣の法師を共に連れていらっしゃったが、それも急いで歩むこともなく、あそこ此処に立ち止まり「あれは誰の家か、これは何者の宿所か、ここは何処だ」と、道すがら聞かれたので、見ていた人はみな手を叩いて笑いあった。

法皇は御輿にお乗りになって他の場所へ御幸なさる。武士どもが散々に射申し上げる。豊後少将宗長(むねなが)は、木蘭地の直垂に折り烏帽子でお供をなさっていたが、「これは法皇のお通りである。あやまちをいたすな」とおっしゃると、武士どもは皆馬から下りて畏まる。「何者か」とお尋ねがあったので、「信濃国住人矢島の四郎行綱(ゆきつな)と名のり申す。すぐに御輿を担い、五条内裏に押し込め申して、厳重にお守り申し上げる。

主上は池に船を浮べてお乗りになった。武士どもがしきりに矢を射かけ申したので、七条侍従信清(しちじょうのじじゅうのぶきよ)、紀伊守範光(きのかみのりみつ)が天皇の御舟にお伴しておられたが、「これは帝がお乗りであるぞ。あやまちをいたすな」とおっしゃると、兵どもは皆馬から降りて畏(かしこ)まる。武士どもは天皇を閑院殿へお移し申し上げる。その行幸の儀式の興ざめな事は言葉では言い表せない程である。

次の章「平家物語 百二十五 法住寺合戦(ほふぢゆうじかっせん)

朗読・解説:左大臣光永

【古典・歴史】メールマガジンはこちら