第十六段 神楽こそ

■『徒然草』朗読音声の無料ダウンロードはこちら
■【古典・歴史】YOUTUBEチャンネルはこちら

神楽こそなまめかしく、おもしろけれ。

おほかた、ものの音(ね)には、笛・篳篥(ひちりき)。常に聞きたきは、琵琶・和琴(わごん)。

口語訳

神楽は優雅で趣深いものだ。

一般に楽器の音でいいのは、笛・篳篥。いつも聴きたいのは琵琶・和琴。

語句

■なまめかし 上品で優雅なさま。 ■笛 大和笛。 ■篳篥 中国伝来の竹笛。 ■和琴 大和琴。桐の胴体の上に六絃を張る。

メモ

■短文の章段。メモ的なものも多い。

朗読・解説:左大臣光永

■『徒然草』朗読音声の無料ダウンロードはこちら
■【古典・歴史】メールマガジンのご案内
■【古典・歴史】YOUTUBEチャンネルはこちら