第九十六段 めなもみといふ草あり

めなもみといふ草あり。くちばみにさされたる人、かの草を揉みて付けぬれば、則ち癒ゆとなん。見知りておくべし。

口語訳

めなもみという草がある。蝮にさされた人が、この草を揉んで付けると、たちまち癒えるという。見知っておくべきだ。

語句

■くちばみ 蝮

朗読・解説:左大臣光永

発売中

■聴いて・わかる。『徒然草』for Windows
https://sirdaizine.stores.jp/items/5726666100d331592d016b2b

『徒然草』の全文を、現代語訳つきで朗読し、楽しく解説しました。一文一文を丁寧に読み解き、歴史的背景も含めてわかりやすく解説していきます。