第百十九段 鎌倉の海に鰹といふ魚は、

『徒然草』朗読音声の無料ダウンロードはこちら

鎌倉の海に鰹といふ魚は、かの境にはさうなきものにて、この比(ごろ)もてなすものなり。それも、鎌倉の年寄りの申し侍りしは、「この魚、おのれら若かりし世までは、はかばかしき人の前へ出づる事侍らざりき。頭(かしら)は下部(しもべ)も食はず、切りて捨て侍りしものなり」と申しき。

かやうの物も、世の末になれば、上(かみ)ざままでも入りたつわざにこそ侍れ。

口語訳

鎌倉の海にいる鰹という魚は、あの地方では比類ない者として最近珍重されているものです。それも、鎌倉の年寄りが申しましたのは「この魚は、自分たちが若かった時代までは、立派な人の前に出す事はありませんでした。頭は身分の低い者も食はず、切り捨てましたものです」と申しました。

このような物も、末法の世になったので、上流社会まで入り込んでくるのでございます。

語句

■かの境 あの地方。鎌倉周辺。 ■もてなす 珍重する。 ■はかばかしき人 立派な人。身分の高い人。 ■下部 身分の低い者。 ■上ざま 上流社会。

メモ

■鎌倉を生きて出でけむ初鰹

朗読・解説:左大臣光永

『徒然草』朗読音声の無料ダウンロードはこちら