第百二十七段 あらためて益なき事

■『徒然草』朗読音声の無料ダウンロード
【古典・歴史】メールマガジンはこちら

あらためて益なき事は、あらためぬをよしとするなり。

口語訳

改めて益の無いことは、改めないことを良しとするのである。

語句

■益 利益、役に立つこと。

メモ

■Windows8
■チラシ

朗読・解説:左大臣光永

■『徒然草』朗読音声の無料ダウンロードはこちら
【古典・歴史】メールマガジンはこちら