第百五十九段 みなむすびといふは

みなむすびといふは、糸を結びかさねたるが、蜷(みな)といふ貝に似たればといふ」と、あるやんごとなき人仰せられき。「にな」といふは、あやまりなり。

口語訳

「みなむすびというのは、糸を結び重ねた結び方だが、蜷(みな)という貝にその形が似ているからそういうのだ」と、ある高貴な人が仰せになった。「にな」というのは間違いである。

語句

■みなむすび 組紐の結び方の一つ。装飾的な結び方。 ■蜷 「かわにな(巻貝)」の古い言い方。「みな」とも言ったが「にな」が一般的になった。

メモ

■考証的章段

朗読・解説:左大臣光永

発売中

■聴いて・わかる。『徒然草』for Windows
https://sirdaizine.stores.jp/items/5726666100d331592d016b2b

『徒然草』の全文を、現代語訳つきで朗読し、楽しく解説しました。一文一文を丁寧に読み解き、歴史的背景も含めてわかりやすく解説していきます。