第百五十九段 みなむすびといふは

■『徒然草』朗読音声の無料ダウンロード
■【古典・歴史】メールマガジンはこちら
■【古典・歴史】YOUTUBEチャンネルはこちら

みなむすびといふは、糸を結びかさねたるが、蜷(みな)といふ貝に似たればといふ」と、あるやんごとなき人仰せられき。「にな」といふは、あやまりなり。

口語訳

「みなむすびというのは、糸を結び重ねた結び方だが、蜷(みな)という貝にその形が似ているからそういうのだ」と、ある高貴な人が仰せになった。「にな」というのは間違いである。

語句

■みなむすび 組紐の結び方の一つ。装飾的な結び方。 ■蜷 「かわにな(巻貝)」の古い言い方。「みな」とも言ったが「にな」が一般的になった。

メモ

■考証的章段

朗読・解説:左大臣光永

■『徒然草』朗読音声の無料ダウンロードはこちら
■【古典・歴史】メールマガジンはこちら
■【古典・歴史】YOUTUBEチャンネルはこちら