第二百四段 犯人を笞にて打つ時は

■『徒然草』朗読音声の無料ダウンロードはこちら
■【古典・歴史】YOUTUBEチャンネルはこちら

犯人(ぼんにん)を笞(しもと)にて打つ時は、拷器(ごうき)に寄せて結ひつくるなり。拷器の様(よう)も、寄する作法も、今はわきまへ知れる人なしとぞ。

口語訳

罪人を鞭で打つ時は、拷問器具に引き寄せて縛りつけるのである。拷問器具のありさまも、引き寄せる方法も、今はわきまえ知る人はいないという。

語句

■犯人 罪人。 ■笞 しもと。細い木の枝の鞭。 ■拷器 拷問に用いる器具。木に罪人をしばりつけた。

メモ

■考証的章段続く。
■滅びゆく律令制への憧憬。

朗読・解説:左大臣光永

■『徒然草』朗読音声の無料ダウンロードはこちら
■【古典・歴史】メールマガジンのご案内
■【古典・歴史】YOUTUBEチャンネルはこちら