第四段 後の世の事、心にわすれず

■『徒然草』朗読音声の無料ダウンロード
■【古典・歴史】メールマガジンはこちら
■【古典・歴史】YOUTUBEチャンネルはこちら

後の世の事、心にわすれず、仏の道うとからぬ、こころにくし。

口語訳

来世のことを心に忘れず、仏の道を疎遠にしない。そういう人は、奥ゆかしい。

語句

■後の世 来世。 ■こころにくし 奥ゆかし。上品だ。たいしたものだ。

メモ

■仏の道は、徒然草でもっとも重要に見られている。

朗読・解説:左大臣光永

■『徒然草』朗読音声の無料ダウンロードはこちら
■【古典・歴史】メールマガジンはこちら
■【古典・歴史】YOUTUBEチャンネルはこちら