第三十四段 甲香は

甲香(かいこう)は、ほら貝のやうなるが、ちひさくて、口のほどの細長にして出でたる貝のふたなり。武蔵国金沢といふ浦に有りしを、所の者は、「へなだりと申し侍る」とぞ言ひし。

口語訳

甲香は、ほら貝のようであるが、小さくて口のあたりが細長く突き出している貝のふただ。武蔵国金沢という浦にあったのを、土地の者は「へなだりと申します」と言っていた。

語句

■甲香 かいこう。麝香などと混ぜて調合し練り香の原料とする。長螺(ながにし)・赤螺(あかにし)などの巻貝の蓋を用いる。 ■武蔵国金沢 神奈川県横浜市金沢区金沢。兼好は金沢に住んでいたらしいことが『兼好法師家集』などに見える。 ■へなだり 長螺。細長い巻貝。

メモ

■考証的章段。メモのようなものと考えてスルーしてもいいと思う。

朗読・解説:左大臣光永

発売中

■聴いて・わかる。『徒然草』for Windows
https://sirdaizine.stores.jp/items/5726666100d331592d016b2b

『徒然草』の全文を、現代語訳つきで朗読し、楽しく解説しました。一文一文を丁寧に読み解き、歴史的背景も含めてわかりやすく解説していきます。