第三十六段 久しくおとづれぬ比、いかばかりうらむらんと

久しくおとづれぬ比、いかばかりうらむらんと、我が怠り思ひ知られて、言葉なき心地するに、女のかたより、仕丁(じちょう)やある、ひとり、など言ひおこせたるこそ、ありがたくうれしけれ。さる心ざましたる人ぞよき」と、人の申し侍りし、さもあるべき事なり。

口語訳

長い間女のもとを訪ねていない頃に、女がどれだけ怨んでいるだろうと、自分の怠慢が思い知られて言葉も無い心地がしている所へ、女の元から「下僕はありますか、いたら一人貸してください」など言いよこすのは、思いがけず嬉しいことだ。そのような心のありようの女こそ素晴らしい」と、人が申していたのは、いかにももっともな事である。

語句

■仕丁 しもべ。下僕。

メモ

■忘れていないと示すため、一定の接触を持たないといけない。人間関係はわずらわしいなあ。

朗読・解説:左大臣光永

発売中

■聴いて・わかる。『徒然草』for Windows
https://sirdaizine.stores.jp/items/5726666100d331592d016b2b

『徒然草』の全文を、現代語訳つきで朗読し、楽しく解説しました。一文一文を丁寧に読み解き、歴史的背景も含めてわかりやすく解説していきます。