第四十段 因幡国に、何の入道とかやいふ者の娘、

因幡国に、何の入道とかやいふ者の娘、かたちよしと聞きて、人あまた言ひわたりけれども、この娘、ただ栗をのみ食ひて、更に米(よね)のたぐひを食はざりければ、「かかる異様(ことよう)のもの、人に見ゆべきにあらず」とて、親許さざりけり。

口語訳

因幡国に、何とか入道とかいう者の娘が、容貌が美しいと聞いて、多くの男が求婚し続けていたが、この娘は、ただ栗ばかりを食べてまったく米のたぐいを食べないので「このような異様な者を人と結婚させるわけにいかない」といって、親は許さなかった。

語句

■因幡国に 因幡国に在住の。

メモ

■自然でないことを兼好はよしとしない。
■現在もサプリしか食べない人とかいる。

朗読・解説:左大臣光永

発売中

■聴いて・わかる。『徒然草』for Windows
https://sirdaizine.stores.jp/items/5726666100d331592d016b2b

『徒然草』の全文を、現代語訳つきで朗読し、楽しく解説しました。一文一文を丁寧に読み解き、歴史的背景も含めてわかりやすく解説していきます。