第六十五段この比(ごろ)の冠(こうぶり)は、

■『徒然草』朗読音声の無料ダウンロード
■【古典・歴史】メールマガジンはこちら
■【古典・歴史】YOUTUBEチャンネルはこちら

この比(ごろ)の冠(こうぶり)は、昔よりはるかに高くなりたるなり。古代の冠桶(こうむりおけ)を持ちたる人は、はたを継ぎて、今用ゐるなり。

口語訳

最近の冠は、昔よりはるかに高くなったのである。古代の冠桶(冠を入れる箱)を持っている人は、縁を継ぎ足して、今使っているのである。

語句

■冠 衣冠・束帯の時のかぶりもの。 ■冠桶 冠をおさめておく箱。 ■はた 縁。

メモ

■考証的章段。兼好は古いものを好み、新しいことを嫌う。

朗読・解説:左大臣光永

■『徒然草』朗読音声の無料ダウンロードはこちら
■【古典・歴史】メールマガジンはこちら
■【古典・歴史】YOUTUBEチャンネルはこちら