第七十六段 世の覚え華やかなるあたりに

世の覚え華やかなるあたりに、嘆きも喜びもありて、人多く行き訪ふ中に、聖法師(ひじりほうし)のまじりて、言ひ入れたたずみたるこそ、さらずともと見ゆれ。さるべき故ありとも、法師は人にうとくてありなん。

口語訳

世間の誉れ高く華やかな暮らしをしている人のもとに、悲しいことも喜ばしいこともあって、多くの人が訪問している中に、聖法師が混じって、取次を頼んでたたずんでいるのは、そんなことせずともと見える。しかるべき理由があっても、法師は世間の人から遠ざかっていてほしいものだ。

語句

■聖法師 世捨て人。 ■さらず さあらず。

メモ

■坊主に理想持ちすぎ。

朗読・解説:左大臣光永

発売中

■聴いて・わかる。『徒然草』for Windows
https://sirdaizine.stores.jp/items/5726666100d331592d016b2b

『徒然草』の全文を、現代語訳つきで朗読し、楽しく解説しました。一文一文を丁寧に読み解き、歴史的背景も含めてわかりやすく解説していきます。