第百十六段 寺院の号、さらぬ万の物にも、

寺院の号、さらぬ万の物にも、名を付くる事、昔の人は少しも求めず、ただありのままに、やすく付けけるなり。この比(ごろ)は深く案じ、才覚をあらはさんとしたるやうに聞ゆる、いとむつかし。人の名も、目なれぬ文字を付かんとする、益なき事なり。

何事もめづらしき事をもとめ、異説を好むは、浅才の人の必ずある事なりとぞ。

口語訳

寺院の名をはじめとして、その他あらゆる物にも、名を付ける事において、昔の人は少しも趣向をこらさず、ただありのままに、わかりやすく付けたのである。この頃は深く考え、知性をみせびらかそうとしているように思われる、たいそうわずらわしいものだ。

人の名も、見慣れない文字を付けようとする、無益なことだ。

何事も珍しい事を求め、奇抜な説を好むのは、教養の無い人が必ずやる事であるという。

語句

■寺院の号 寺の名。 ■さらぬ 「さあらぬ」の詰まった形。その他の。 ■求めず 趣向をこらさず。 ■むつかし 感じが悪い。わずわらしい。嫌味だ。 ■異説 奇抜な説。

メモ

■DQNネーム
■陰謀史観
■素直を愛し、さかしらを嫌った兼好の価値観。
■俗名を音読みして兼好法師といったのも、この姿勢か。仰々しい法名などは付けなかった。

朗読・解説:左大臣光永

発売中

■聴いて・わかる。『徒然草』for Windows
https://sirdaizine.stores.jp/items/5726666100d331592d016b2b

『徒然草』の全文を、現代語訳つきで朗読し、楽しく解説しました。一文一文を丁寧に読み解き、歴史的背景も含めてわかりやすく解説していきます。