第百六十一段 花のさかりは

花のさかりは、冬至より百五十日とも、時正(じしょう)の後、七日(なぬか)ともいへど、立春より七十五日、おほやうたがはず。

口語訳

花のさかりは、冬至から150日とも、春分の後、7日ともいうが、立春から75日と考えると、だいたい間違いはない。

語句

■冬至 二十四節気の一つ。太陽がもっとも南寄りになる日。日照時間が一年でもっとも短くなる。12月22、23日ごろ。旧暦では11月の半ば。 ■時正 昼と夜の長さが同じになる春分と秋分。ここでは春分。 ■立春 二十四節気の一つ。春のはじまりの日とされた。

メモ

■あやしく不確かな記憶。メモ程度

朗読・解説:左大臣光永

発売中

■聴いて・わかる。『徒然草』for Windows
https://sirdaizine.stores.jp/items/5726666100d331592d016b2b

『徒然草』の全文を、現代語訳つきで朗読し、楽しく解説しました。一文一文を丁寧に読み解き、歴史的背景も含めてわかりやすく解説していきます。