第百九十七段 諸寺の僧のみにもあらず、定額の女孺といふ事

諸寺(しょじ)の僧のみにもあらず、定額(じょうがく)の女孺(にょじゅ)といふ事、延喜式に見えたり。すべて、数さだまりたる公人(くにん)の通号(つうごう)にこそ。

口語訳

「定額(じょうがく)」という用語は、寺々の僧についてのみ言われる用語ではない。定額(じょうがく)の女孺(にょじゅ)といふ事が、延喜式に見えている。すべて、定員が決まっている下級役人に共通する呼び方なのだ。

語句

■諸寺の僧のみにもあらず 「定額」という言葉は、諸寺の僧のみについて使われる言葉ではない、の意。「定額僧」は特定の寺に定員を定めて置かれ供料(給料)をもらっていた僧。単に「定額」とも。 ■定額 定まった額。数量。各寺に、一定の人数を決めて、僧を置いた。それを「定額僧」といった。 ■女孺 宮中の雑役に従事する下級の女官。 ■延喜式 五十巻。延喜5年(905年)醍醐天皇の勅命により藤原時平・忠平らが編纂。宮中の儀礼・作法などを記した書。 ■公人 宮中に仕える下級役人。 ■通号 共通した名称。

メモ

●考証的章段。現代的な意味はまったく感じられない。

朗読・解説:左大臣光永

発売中

■聴いて・わかる。『徒然草』for Windows
https://sirdaizine.stores.jp/items/5726666100d331592d016b2b

『徒然草』の全文を、現代語訳つきで朗読し、楽しく解説しました。一文一文を丁寧に読み解き、歴史的背景も含めてわかりやすく解説していきます。