第百九十八段 揚名介にかぎらず

揚名介(ようめいのすけ)にかぎらず、揚名目(ようめいのさかん)といふものもあり。政治要略(せいじようりゃく)にあり。

口語訳

揚名という用語は、介(次官)に限らず、揚名目(ようめいのさかん。四等官)というものもある。政治要略にある。

語句

■揚名介 名前だけで、実務も俸給も無い介(国司の次官)。「目(さかん)」は国司の四等官。 ■政治要略 百三十巻。惟宗允亮(これむねのまさすけ)による法制書。『源氏物語』夕顔に出る難読語として知られる。

メモ

■「はあ」としか…

朗読・解説:左大臣光永

発売中

■聴いて・わかる。『徒然草』for Windows
https://sirdaizine.stores.jp/items/5726666100d331592d016b2b

『徒然草』の全文を、現代語訳つきで朗読し、楽しく解説しました。一文一文を丁寧に読み解き、歴史的背景も含めてわかりやすく解説していきます。